2006/10/27

冬のソナタ・ザ・ミュージカル(結末・内容に触れてます)

今、韓国の演劇事情はなかなか興味深いものがあります。
今回のNY行きで『ALTAR BOYZ』を見たのですが、後で調べたら韓国では既に公演されていたのですね。日本よりも韓国の方が欧米作品を取り上げるサイクルが全然早い気がします。
私自身、観劇して非常に良い印象を頂いた、韓国版「ジキル&ハイド」日本公演「ヘドウィグ」(韓国・ソウル・大学路ライブ劇場)
韓国の小劇団がソウルで上演した『ガラスの仮面 舞台版』なども見ていて、これも非常に面白かった(特にepisode1のほう)。
今回は『冬のソナタ』をユン・ソクホ監督が演出してミュージカルにする…ということで気になっていて、千秋楽ギリギリでしたが見て来ました。

20061026130958

韓国ドラマもすごいファンというわけではないですがいくつか見てます(今は『チャングム』見てる(^^))。でもその中では自分としては『冬ソナ』は別格かなと。多分ユン・ソクホ監督が作ってる世界観が好きなんだろうなと思います。

作品としてはあまりカッコよろしくないところもあります。明るいミュージカルシーンを盛り込んだところは振付などがちょっと古臭い感じ。ミニョンさんが明るく歌い踊るところはクールな人という役の設定と外れてる気もします。あと、映像系の方が演出するとなりがちな「全場面暗転転換」というのもちょっといただけません。(映像で見せてくれる絵面の美しさは、舞台版では残念ながらあまりなかった)

ただ、そういったものを超えて、人の愛する思いの切なさを美しく伝えようとするユン・ソクホ監督の姿勢に心打たれました。
『冬ソナ』は名場面がいっぱいあるので、名場面と名台詞をつなげて『冬ソナ』の曲だけで作ることもできたはず。そうしないで、『冬ソナ』に新しい生命を与えようとしたことも高評価です。

ドラマ版のキーワードは「初恋」なら、ミュージカル版のキーワードは「記憶」ですね。(韓国語でも「記憶」は「キオク」というんですねぇ)

(以下結末に触れてます)
ドラマ版では目が見えなくなったチュンサンとユジンが再会するところで終わりますが、今回の舞台はチュンサンは死んでいく。でも彼は死んだ後もその愛を生きている者に残すことができると分かって、従容として死に向かうのです。こういう死生観が『冬ソナ』の根底にあったんだな、というのは新たな発見でした。ドラマ版で伏線として描かれていたポラリスとかも、実はその残した愛が(その人が死んだ後も)生きている人にポラリスのように道しるべになるということを描きたかったのかなと。そこで、最後に(ドラマ版の曲)『マイ・メモリー』につなげていくのは見事だなあと思いました。(泣いちゃいました)

私が見たときはチュンサン(記憶を喪っているときはミニョン)役はイ・サンヒョンさんで、素晴らしい歌唱力でした。ドラマ版では2話分くらいのミニョンの心情の変化を1曲の歌の中に込めて聞かせていたのが、すごかったです。

死の精霊を演じてたヤン・ジュンモさんは(役柄から連想されるように)ファントムをやったら似合いそうな感じでした。

写真は劇場に展示してあったドラマ版14話「2度目の交通事故」の衣装。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/09

美しき日々第7回&第8回

見続けてますとも、ええ(笑)。イ・ビョンホンとリュ・シウォン、チェ・ジウとイ・ジョンヒョン(名前が分からず検索してしまった…(^^;ゞ、セナ役の人。紅白に出るんですね)の人間関係が明確になってきて、がぜん面白くなってきた気が…。
イ・ビョンホンは高圧的なところと、それと裏腹の弱みとか切なさを見せる緩急がとても上手いですね。

来週の予告。室長(ビョンホン)の台詞、「後先考えずに終りまで行ってみたいんだ」……ひぇ~~。
どこまで行くんですか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/27

ペ・ヨンジュンの公式サイトに

……今回の新潟地震に関する彼のコメントが載ってます。
こちらです。
こういう声明って日本のタレントさんではあまり見掛けませんよね。正直ちょっと感心。

地震のために何かと思ってらっしゃる方へ。セブンイレブン及びイトーヨーカドー各店では義捐金募金箱が設置してあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/22

「美しき日々第3回」と「誰にでも秘密がある」

「美しき日々」第3回も見てます。えー、今回はあんまり話は進んでない感じ(^^;。イ・ビョンホンとチェ・ジウの妹二人の争いぶりがすごくて、「……なーんかすごいなあ」と子供のような感想ですみません。次回の予告によると話が進展しそうなので、次に期待と言ったところ?

イ・ビョンホンといえば、11月27日公開に先駆けて「誰にでも秘密がある」のマスコミ試写会に行って来ました。まだ公開前なので細かいことは書けませんが……、日本版は韓国版と違うエンディングだそうなんですが、どういうふうに変わってるんでしょうね?? ある意味、イ・ビョンホンのチャーミングさカッコ良さを堪能するための映画かなあ、と思いました。
アダルト系の表現はもうちょっとマイルドなほうが私は好きですけどね(^^;ゞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/13

美しき日々・第2回(やっと見た)

仕事を無理やり一段落させてやっと見ました~(笑)。

無闇に人(女性)が殴りあったりするのはちょっと苦手なんですけど、このへんは国民性の違いかな? (まあ、その後に大体しっとりしたシーンが来て、落差を出す演出のためのようではあるんですが)

予告編で見た「僕の好意を断ることはできないよ」に加え「女性にそんな顔をさせてそのまま帰すのは心苦しいけれど」などイ・ビョンホン(役名・ミンチョル)が名台詞連発。泣いてるチェ・ジウの涙をガラス越しにぬぐうところとか、すごい演出考えますよねぇ……なんて感心したりして。有無を言わさぬカッコ良さがすごいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/10/08

韓国で買ってきたもの・その1

それはCOOGIの化粧品!
下の旅行記でも書きましたが、フルセット買って13000円くらい(化粧水+美容液+クリーム+パウダリーファンデーション)でした。これがなかなか良い働きをしてくれています(^^)。特に化粧水は吸収度としっとり感が高くて、これ1本でもいいかも? と思うくらい。どこかのガイドで「韓国は乾燥が激しいので、保湿効果が優れた化粧品が多く、日本人にはオススメ」と書いてありましたがそのとおりですね。
実は3月のソウル旅行のときに買ったまま放っておいたCOOGIのリキッドファンデーションを、最近使い始めたのですが、これも仕上がりがなかなかきれいで良い感じ。時間がだいぶたった後もつけたてのときの状態が保てている気がします(これも、乾燥地帯向けだからでしょーかね?)。
次回行くとしたら、化粧ノリが格段によくなるというCOOGIで評判のピーリングコスメを買ってきたいですね。(手に取ったんだけど悩んだ末買わずに帰ったんです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/04

「美しき日々」第一回

『冬のソナタ』の後番組として、韓ドラの『美しき日々』が始まりましたね~。第一回を録画して見てみました。

これは第2回の予告編ですが、CD会社の御曹司であるイ・ビョンホンが、CDショップの店員チェ・ジウに何か物(プレゼント?)を渡しながら言う言葉。
「僕の好意を断ることはできない」
…ひぇ~~。
すごすぎる。この台詞。すごい二枚目演技だあ。
あんまりテレビを見る根性がなくてドラマは殆ど見てないんですが、でもこの台詞で続けて見ることを決意しました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/27

ヘヴンリーベッドの誘惑~ウェスティン朝鮮

今回のソウル旅行で初めて泊まった「ウェスティン朝鮮」。今までのソウルで泊まったホテルの中で一番のお気に入りとなりました(^^)。(ちなみに今まで泊まったのがプレジデント、グランドインターコンチネンタル、ソウルプラザ、そしてウェスティン)

どこに泊まるかは旅行前に友人と吟味(笑)してみたんですが、こちらのblogをかなり参考にさせて頂きました。
初めてのエグゼクティブフロア滞在にしたんですが、いや~、これ正解でしたね。ウェスティン朝鮮は全客室の半分くらいがエグゼクティブだそうでお部屋自体は普通のお部屋(non エグクティブ)と変わらないのだそうです。

でも! 違うのはヘヴンリーベッド!
寝過ごし事件のことは旅行記に書きましたが、ホントに寝心地素晴らしいです。
とりあえずこのベッドに寝るためにまたソウルに行ってもいい(…ホントか??)
と思うくらいの気持ち良さでした。
お部屋も今流行りのデザインホテルの要素が取り入れてあって、シンプルシックにまとまってました(一つ難点を言うと、それほど広くはないです)。

それ以外にも付加価値がたくさんありますね。まずラウンジが使えるのが大きいです。ソウル旅行だとどうしてもお買い物をする→お部屋に荷物を置きに行く→そのついでにラウンジでお茶が飲める(ティータイムにはケーキも食べれちゃう)のがとてもよかったです。
そしてサウナ、プールも無料で使えること。通常の客室だと22000ウォンくらいする料金が無料になります。日本の日帰り温泉施設くらいの規模で大きい浴槽とサウナがあるので、温泉気分にも浸れるのですよ。(余談ですがグランドインターコンチネンタルもサウナの施設は素晴らしかったですね。何度も入っちゃった)意外とスパマニア(?)な私としてはポイント高いです。

ロケーションも明洞に近いのでどこに行くにもアクセスが良かった。前回グランドインターコンチで結構面倒だったため、楽だな~ということは実感した。

ちなみに予約はウェスティンのサイトからしましたが、下に書いたとおり(ダブル予約→ツインに変更してもらうため)コンピュータなしの部屋にチェンジして10000ウォン引きにしてもらったため、結果的に普通の客室よりも安いレートでエグゼクティブフロアに泊まれてしまいました。ウェスティンの場合は旅行会社とかホテルレップを通すよりも、直接ホテルのサイトから予約したほうがお得なようですね。

今回のソウル旅行の快適さの決め手はかなり「ウェスティン」にあったと思うので、ご紹介してみました(^^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/09/22

ソウル旅行記第五日目(9/1)

午前中の便に乗るため、6時に起床。荷物の最終パッキングをすませたあと、朝食へ。エグゼクティブラウンジで出てる朝食ってコンチネンタルのことが多いそうですが、ここはホットミールも出てます。パンも何種類もあって、おいてあるマフィンが無闇においしい。買って帰りたかったくらい。(でも出発時間には忘れてた)

私が乗る飛行機は11:05。友人が11:30ということで、余裕を見てタクシーで7:30に出発。1時間で空港に着く。
チェックインカウンターが長蛇の列。チェックインするまでに40分くらい掛かってしまう。

インチョンは近代的できれいな空港。採光がいっぱい。香港の空港に似た感じです。
seoul5_0.jpg

チェックイン後、インチョン空港の目的地『グロリア・ジーンズ』へ。そう! 『冬のソナタ』第14話で傷心のミニョンさんがアメリカに行こうとして、空港でお茶を飲んでいたところです。(ちょっと写真ぼけてますが…)
seoul5_1.jpg

店内はこんな感じ。
seoul5_2.jpg
空港を眺めながら
「あそこで女の子に靴履かせてたのかしらねー」
なんて話をしつつ、お茶。
時間があまりなかったので10分ほどで入国手続きに移動。
(ミニョンとユジンが抱き合っていたCカウンターのほうまでは時間切れで行けず)
そこにも、すごーーーーいたくさんの人が並んでました。結局、入国手続きをするのに1時間くらい掛かってしまいました。

私の飛行機搭乗時間までは10分くらいしかない中、最後のお土産買いをすませ、友人とお別れ。再び機上の人となりました。

そして、日本まで飛行機で2時間。日本に着いてから3時間掛かって(最寄り駅まで直通で帰れる電車がちょうど出た後で1時間待ちだった…)家までたどりつきました。

気がついたら長ーい旅行記になってしまいました(笑)。読んで下さった方にカムサハムニダ!(感謝!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソウル旅行記第四日目(8/31)

seoul4_0.jpg
ヘヴンリーベッドから爽やかに目覚める……うーん、いい寝心地でした……目覚ましを見る……エッ、寝坊??

いつも自力で起きてるので、多分ここ数年は寝坊してないと思うんですが、この日に限って寝坊しました。
よくウェスティンのヘヴンリーベッドの宣伝で「寝心地が良すぎますので、目覚ましを掛けないと寝過ごしますのでご注意」なんて書いてあって「まさかねー(笑)」と思ってたんですけど。ま、

ホントにヘヴンリーベッドはヘヴンリーだったってことで。

17階のラウンジで朝食(寝坊しても朝食は食べるのだ)、ビジネスセンターでインターネットをした後(10分5500円ウォンということで、必死で短時間でチェックする)、まずは明洞へ。
(これは明洞近くの道。看板の配色が可愛い)
seoul4_1.jpg

FACE SHOPで昨日使って調子が良かったマスカラ2本購入。

TODACOSAという、セフォラふうのコスメショップはアイテム別に化粧品が並んでいて、なかなか見やすい。一度試してみたかった韓国では高級コスメ(?)COOGIで、化粧水、美容液、クリーム、ファンデーションと一揃い買って13万ウォン(13000円くらい)。安い! 韓国の化粧品屋は買い物をするとたーくさんおまけをくれます。今回も試供品何種類かとポーチ、コットンそれに生理用品(^^;までオマケでくれました。でも、環境保護のために商品を入れる紙袋は別料金なのです。「紙袋いる?」といわれて「はい」と言ったら、10円くらいプラスしてお会計されてました。(でも、オマケでくれてるものの金額のほうが紙袋代よりずーっと高いと思うけどね(笑))

COOGIの海洋深層水で作った化粧品シリーズ、特に化粧水は日本人向けと評判高かったのですが、今ライン使いしていてもなかなか調子よろしいです。またリピートして使ってみたいなー(韓国行かないと買えないけど…)。

友人がタレントショップでアン・ジェウクの写真などを買ったあと、荷物を置きに一旦ホテルに戻る。
これはホテルの敷地内にある「圓丘壇(ウォングダン)」という史跡。
seoul4_2_1.jpg

近くから見るとこういう感じです。
seoul4_2.jpg

またもラウンジでお茶したあと、江南へ向かう。まずは狎鴎亭(アックジョンドン)へ。今、ソウルではハイソでおしゃれといわれているエリアです。

途中シンナラレコードという大きいCD屋を発見。NYで買おうかと思って忘れちゃってたメアリー・J・ブライジのCDを購入。これは18000ウォンでした。CDは全般に安いみたいです。

オリーブカフェというCAFEで休憩。ケーキはショーケースから選んで下さいというらしきことを韓国語で言われたので、ショーケースまで見に行く。ケーキの名前がハングルで書いてあるので読めない…と思ってたら、お会計待ちの男の人が「それは、ニューヨークチーズケーキですねー」と日本語で教えてくれた(^^)。
でも、ケーキはちょっとも一つだったかも……(^^;。(ソウルは美味しいケーキ屋さんは割りと少ないそうです)

本に載っていたアックジョンの雑貨屋へ入る。と、『キャンディキャンディ』のメロディが…? お店の人の着メロでした。韓国で『キャンディ』はすごく人気があるという話でしたが、ホントだったのねー。
結構長い距離を歩いていたので、途中タクシーに乗り、ロデオ通りに移動。ガイドブックでは「おしゃれな通り」という話ですが、「えー、そうかい???」という感じでした(笑)。

続いて清潭洞(チョンダムドン)へ。
ギャラリー百貨店(半分が改装中で、高級なほうのエリアしか開いていず、高級すぎて退散(^^;)から、チョンダムドンを歩く。ここはグッチ、プラダなど高級ショップが並ぶ通り。

と、そこに女の子の集団と建物に落書き。
友人「出待ちじゃない?」
ということで、思わず近寄ってみる。とちょうど、誰かが出てきたところ! 私は本人でなく、スタッフの人の姿しか見えず。
友人が出待ちしていた人に「今の誰?」と聞く。
「トンバン・シンギー。VERY FAMOUS」
と言っていた。
そこからタクシーに乗って。
「今の誰だったんだろうねー。韓国語なんで今の子が何て言ってたかよく分からなかった…」
「トンバン・シンギー」とか言ってたよ」
「シンギ、シンギ……。そういえば、今の建物の落書きに漢字で『東方神起』って書いてあったよ」
「あーーー! 『東方神起』だ!!」

そう、東方神起の出待ちのところに出くわしたらしいです(ビックリ)。でも、私は姿が見られなかったんだけどね。

COEXモールに行く。大きい本屋があったので、入ってみる。
ananなど日本の雑誌の韓国語版もいくつか出ていた。
今韓国では、「おまけつきの雑誌」というのがはやっているそうで、それも「ファンデーション現品」とか、「化粧水」「ポーチ」など、「そんなんつけてて普通の雑誌の値段でいいの?」というものが売っている。
おまけを雑誌にくっつけておくとボロボロになっちゃうから、おまけは別のラックにまとめて展示してあった(お会計するときに渡してくれるらしい)。
現代百貨店に行こうとしてが、8時過ぎてしまい閉店してしまった。

そこからタクシーでグランドハイアットへ。
ソウルを一望できるという南山の高台にある。「グランドハイアット」というブランド名からか、欧米人が多い。
最後のお食事は優雅に…ということで、PARIS GRILLへ。
グランドハイアット自慢の夜景が臨め……る…はずが、木が繁っていてちょっとしか見えない。でも、それもまたソウルふう?
シャンパンハーフボトルを開けて、のんびりお食事してきました。

そこから、買い物の締めくくりはやっぱり東大門へ!
タクシーで着いてから、移動するためにウロウロしていると(ソウルは殆ど横断歩道というものがないため、道を横断するには地下道を通らなきゃいけないのです。でも、地下道なので、思ったとおりの場所になかなか出られず、旅行者はうろうろしてしまう)、気がついたら、昨日

「あなたはまた来ます」

と言われたお店の前にいた。預言は本当でした(笑)。

またもDOOSAN TOWERに突入。秋らしい雰囲気の黒のトップス、26000ウォンで購入。結構お気に入り(*^^*)。

既に深夜0:30。地下鉄が終わった後の時間は、東大門付近はタクシーが争奪戦になるという話でしたが、すぐにつかまえられた。行き先を説明したが運転手がなかなか理解してくれないよう。と思ったら、近くのタクシー待ちの人?が「どこですか?」と日本語で聞いてくれて、運転手に説明してくれた。(韓国の人はこういう感じで親切な人が多いですね)

帰ってから荷物のパッキング。昨日の光煕市場の皮革ショップでおまけにもらった韓国海苔がとてもかさばります(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)