2008/10/02

ニューヨークより戻りました

27日に帰ってきました。未だに時差ぼけが抜けずにぼんやりしてます(苦笑)。

途中ジャズを聴きに行ったりした日もあったんですが、結局8本観劇し、いろいろ刺激を受けたニューヨーク滞在でした。

印象に残ったところを書くと。
アンソニー・ラップの「Without You」には、下に書いたとおりとても心動かされました。

「ハリー・ポッター」ダニエル・ラドクリフ君主演の「Equus エクウス」。劇団四季版も見ていますが、まず劇場に入ったときに、舞台装置にあっと思って。オンステージシートがある設定なのですが、それが舞台上のほうに作られ、その席のお客さんは舞台を覗き込むようになってるんですね。それが、普通の客席に座ってる私たちからすると、登場人物の姿を覗き込んでいる自分たちの映し鏡のようにも見えて、なかなか面白い効果でした。
ラドクリフ君は屈折した少年の感情の流れを繊細に、かつダイナミックに伝えてました。精神科医の役は、「ハリー・ポッター」でラドクリフ君をいじめてたリチャード・グリフィスがやってました。「ハリポタ」の憎たらしいおじさんしか知らないので、その別人のような演技の幅広さにも驚かされました。日本では日下武史さんがやっていて、精神科医らしい硬質で知的な演技が印象に残りますが、リチャード・グリフィスは、日本人でたとえるなら串田和美さんか柄本明さんとでもいうような自由でウィットに富んだ演技で、同じ役でもいろんなアプローチがあるんだと感心させられた。
劇中ラドクリフ君が一糸まとわぬ姿になるところがあるのですが、四季のときはここまで見えてなかったと思うのに、ラドクリフ君(と相手役の女の子)はものすごくよく見えて(^^;ゞ、驚きました。
馬の役の人たちのセクシーさは、やっぱり欧米人ならではですよねぇ…。

「Gypsy ジプシー」はなんといっても、パティ・ル・ポンが素晴らしい! 以前ロンドンで「Sunset Boulvard」で彼女を見てますが、今回もまさに圧倒的。娘役のローラ・ベナンティも(以前、「Wedding Singer」で拝見してますが)変貌振りをうまく見せていて、素敵でした。

「Spring Awakening」は前回のNY以来の3度目の観劇。キャストがオリジナルから変わってちょっと弱くなった(というか、オリジナルの二人が良すぎた?)のは否めないけれど、やっぱり大好きな作品には違いないです。若者たちの繊細な心理と、爆発するパワーにいつも胸打たれます。

日本で「ビーシャビーシャ」という題でやった、デ・ラ・グァーダと同じグループが作る「Fuerzabruta」。客席巻き込み型のパフォーマンス。始まる前に「動かないと危険です」と注意があったとおりで(笑)、びしょぬれになったり、紙ふぶきまみれになったりしながら、体感してきました。面白かったけど、「ビーシャビーシャ」を見てる分、衝撃度は低くなってしまったかも。

ブロードウェイの新作「二都物語」。劇評はそんなに芳しくないようですが、個人的にはなかなか好き。愛と献身の物語なので、見てて気持ち的にイヤになるところがないというか。James Barbour(シドニー・カートン)とAaron Lazar(チャールズ・ダーネイ)という2大イケメンが出ているのもポイント高いです(笑)。特にBarbourの歌唱表現力は素晴らしいですね。断頭台の前のシーンはちょっと涙してしまいました。

「Little Mermaid」はディズニーの新作。豪華絢爛に楽しく作られてます。運悪く主役が代役に当たってしまったのでちょっと評価しづらいですが、蟹のセバステャン役のTittus Burgessが本当にエンターテイメント性溢れるチャーミングさで、こういう人材がたくさんいるところがブロードウェイの奥深さですよね。ただ、人魚の動きをローラー付きシューズで表現してたのがちょっと寂しいかなー。ディズニーシーで見たアリエルの動きは「へぇ~」と思わせるものだったので…。ストーリー的には、個人的には元の童話の「人魚姫」にある、切ない哀しさのが好きかも…(コレをいうと元も子もないですが…)。

今年のトニー賞受賞の「In the heights」はスペイン訛りの英語が激しく聞き取りにくくて、かなり話についていけなかったのもあると思うのですが、個人的には、私の心にはぴたっとこなかったです。スミマセン。

日本にいるときは1日2本観劇することもよくあるけど、海外でそれをやるとちゃんと見てられないのがわかったので、贅沢に1日1本体制で。昼間はのんびりニューヨーカー気分?で町歩きして、すっかりパワーチャージして帰ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/06

平成中村座NY公演 reloaded

ニューヨーク旅行のバイブル?としてよく眺めている「NEW YORK LOVES YOU」
そちらの掲示板の書き込みのリンクをたどっていたら、私のことが書いてあるのを発見(^^;。
こちらです。
いや、私は歌舞伎専門記者ではないのですが(^^;、ブルックリンの「ワン・ハンドレッド」に泊まってて、平成中村座の記事を書いたと言ったら私ですよね、多分。
私、こんなこと言ってたのか……とすっかり忘れてました。

このときのニューヨーク行きの前半に泊まっていた宿「スタジオガンボ」のジュンコさんからご連絡いただき、平成中村座にも出ていた中村屋さんのお弟子さんとその後日本でお会いしたのも幸せなことでした(^^)。

一回のニューヨーク行きでもいろんなご縁があるんだな…と改めて思った次第。

2月3月の航空券が安いのを見て、またニューヨークに行きたい病がうずいています(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/10/08

ニューヨークで買ったもの・その1

ブルックリンの宿に泊まっているとき、近くのスーパーでお酒を探してた(^^;ワタシ。「あ、あったあった」と思い「root beer」というものを購入。
宿に戻って冷蔵庫に入れて、お風呂上りにそれを飲もうとした。缶の外側を見ると「180カロリー」と書いてある。
「あれ、ヤケにカロリー高いな、ビールのカロリーってこんなだったっけ……?」
と思いつつ、一口。
「甘ーーーー!」「マズーーーー!!」
今まで私が飲んできた中でいっちばんマズイ飲み物でした(ホント)。

実はルートビールはビールじゃなくて、「アメリカンテイストの清涼飲料」だったんですね。えーと、ドクターペッパーを更に甘くしてすごーくまずくしたような味でした。それをビールだと思って飲んだもんだから衝撃度は2倍でございました。
2口以上はどうしても飲むことができず、ほかに買っていた3缶と一緒に捨てました……。

これがアメリカで一番衝撃の味でしたね。
ルートビールはここから買えるようです。怖いもの知らずの方は試してみて下さい(笑)。

(今調べたら「ルートビールはスヌーピーのお気に入りの飲み物」なんですって(@_@)。ちょっとスヌーピーを見る目が変わってしまいそうだ……)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/09/27

平成中村座ニューヨーク公演

……の舞台中継がNHK教育テレビでありました。既にBSでやったものを録画してあったし、仕事をしていた筈なのに、気がついたら思わず手を止めて見入ってしまいました。
あの暑いニューヨークの中でも、とりわけ渦巻いていた熱気がリアルに思い出されました。改めて貴重な経験をさせてもらったなと思いました。ホント、行けてよかったです。

中継を見ていて思い出したこと。ゲネプロの立ち回りのときに、花道の一番後ろの揚幕のところで中村扇雀さんが勘九郎さんの立ち回りを見守っている姿が目に入ったんですね。「ああ、女形って、女房役ってこうでないといけないよな…」と感じ入ったことを思い出しました。

そうそう、この芝居のラストに出てくるニューヨーク市警役で、スタジオライフ休団中の青山治さんが出ていたそうです。実際みたときは全然気がつきませんでしたが(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/23

NY旅行記アップしました(^^)

ny9.jpg

電脳見聞録に「ニューヨーク旅行記(2004.7)」をアップしました。
私のページに新しいコンテンツを入れるのは何年ぶりでしょうか……(^^;ゞ?
実は今までhtmlを書くのにタグを自分で打ってたんですよ(笑)。でも、初めてホームページビルダーを使ってみたら……いやー、ページを作るのが楽ですねえ。もっと早くこうすればよかったのかしら。

ところで、このBLOGも写真がアップできるようなので、ニューヨークで撮った写真を入れてみました。うまくアップできるかな??(ちなみにこの写真は、タイムズスクエア付近で、ジキル&ハイドクラブの宣伝CARが写ってます)

で、なんで今急いでニューヨーク旅行記を入れたかというとですね、実は今週末にソウルに行くんですわ(笑)(今年2回目)。まさか今年2回も行くと思いませんでしたが、韓流ブームに乗って行ってくることに。
泊まる部屋にはパソコンがあるらしいので、そこからもアップできたらと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (6)