2009/03/03

韓国でもやっていることはあまり変わらない(笑)

「ロミオとジュリエット」を見終わった後に[RENT」の会場に移動するために地下鉄に飛び乗り、見知らぬ外国の住宅街をひた走るワタシ……韓国に行っていても、日本でもやってることがあまり変わらない自分自身にちょっとウケました(笑)。

韓国版RENTはおそらく20代前半の方が多かったのかな。集団としてのパワーを感じました。Angel役の方がとてもキュートで素敵でした。言葉は違っても、やっぱりジョナサン・ラーソンが作ったものは変わらず人の心を打つな……というのも改めて感じます。

到着日に見たのは「ドン・ジュアン」。「宮」のプリンス役で人気を博したチュ・ジフンが主演の日を見てきました。
この会場もとても遠かった~。劇場の裏は山(爆)。日本の感覚で言うとさいたま芸術劇場という感じの場所でしょうか。でも、お客様は平日の8時開演なのにいっぱいでした(チュ・ジフン人気?)
これはカナダ初演のフランス語ミュージカル。何度か上演されている作品のようですが、やや演出が平板かな。本場フラメンコチームが出るというのがウリだったようですが、それが韓国人キャストとうまく融合できてなかったかも。言葉が分からなくて到着直後&ソウルについてからも移動が長かったこともあり、ちょっと見てる間の緊張が途切れてしまいました。チュ・ジフンさんはかっこよかったですが、ご本人が持ってらっしゃるキャラがあまりドンファン寄りじゃない方だと思うので(「宮」などを見るかぎり)、キャラ的には、トリプルキャストのうちの一人、キム・ダヒョンさんのほうが合ってそうだったかなと予測します。

ところで、「ドン・ジュアン」も「ロミオとジュリエット」も、見てて驚いたのが、本編が終わってカーテンコールになったら客席の人が大勢立ち上がって、最前列の前まで駆け出していったこと。詰め掛けた人が写真撮りまくっててホントに驚きました。日本以外のいろんな国で舞台見てますが、こういう光景は初めて見ました。(以前、韓国で「ヘドウィグ」も見てるのですが、そのときは前に駆け出すようなスペースがない劇場だったのでこういうことはなかった)。ロミオ様やベンヴォーリオ様は余裕で握手とかしていて、ちょっと羨ましいとも思いましたが(笑)。

私は見られなかったのですが、「ノートルダム・ド・パリ」の韓国人キャスト版も上演されてました。日本はウィーンミュージカルが多いですが、韓国は「ロミジュリ」「ドンジュアン」(これはカナダのフランス語ミュージカルだけど)などフランスミュージカルが多いのですね。同じ東洋人とはいえ、情熱的なパワーがある韓国人はラテンなフランスミュージカルが近しく感じるのでしょうか?
オフブロードウェイミュージカル「ZANA DON'T!」「THRILL ME」も上演中で、日本よりも新作上演のペースは韓国のほうが早いのですよね。「ALTAR BOYZ」も日本よりずっと先にやってたし…。このあたりも、韓国演劇に注目されるところです。
日本再演が決まった「サビタ」も見たかったのですが、日程上はみ出してしまって見られず残念…。

というわけで、4日滞在4本観劇のソウル旅行。合間にハンユルジュンというコスメメーカーがやってるエステに行ったり(←ここ、すごく良かった!)、現地の人がいくチムジルバンで温まったり、ウォン安のおかげでとても安くなってたi Pod nano 8ギガを買ったり、勢いでプラダのバッグを買ったり(笑)、大好きな三清洞でお茶したり、エルメスカフェに行ったり……とまあ、旅行らしいこともやって、短いながらも満喫したソウルでした。(一緒に行った友人とは飛行機が違って、友人はIKKOさんに会って写真を撮ってもらったそうで、それがちょっと羨ましいですね(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/02

韓国・Hedwig コンサートから帰って

Hed1

ナマで見られたことが貴重な経験だったなあ、と日本に帰ってきて3日たった今、改めてしみじみと感じています。

前半は、
韓国でヘドウィグを演じた役者さんのうち、チョ・スンウさんを除く全員、8人のヘドウィグとイツハク役の女優さんお二人が出る、というものでした。

ヘドウィグの曲1曲と自分の持ち歌なり好きな曲なりを1曲、という構成は、うーん、私がそれぞれの出演者をよく知らない分ちょっと単調な感じはあったかも。(「いつジョンが出るんだ~??」とハラハラしてた27日よりも29日のほうが自分自身が落ち着いて見られたかも。しかし、ヘドウィグと『愛しのエリー』は世界観が違いすぎると思うぞ……←『愛しのエリー』を歌った方がいた)

しかし、日本に当てはめて考えると、ミュージカルの俳優さんが出て、コンサートをやってすべての俳優さんに対してこれだけお客さんがキャーキャーと盛り上がることって考えられないですよね。ちょっと不思議な感じ。韓国の方は基本的にノリが良い国民性ではあると思いますが。

個人的にはヘドウィグの拵えで出てきたソン・ヨンジンさんがなかなかに美しく、通して見てみたいなあと思わせられました。オ・マンソクさんが感動の涙でちょっと言葉が詰まったりして、感激屋さんなのね(*^^*)と微笑ましく思ったりして。彼の「The Origin of Love」もとてもよかったな。


そして、ジョン。

ホントにジョン・キャメロン・ミッチェルのヘドウィグは可愛くてキュートで力強かったです……←いっぱい形容詞をつけても表現しきれない……。『ヘドウィグ』を愛してくれたお客さんに対して精一杯の愛情を、毒舌を交えつつ(笑)、返していました。
あえて、ドタドタしたような動きを交えてるところもとても可愛くて好きだった。ただ、キレイに女装してるだけではないというか。
お客さんの気持ちの吸引力がすごく、また、本当に歌声は圧倒的でした。ホントに力強い。

私は個人的には『ヘドウィグ』は自分の片割れを探す旅から、自立し、一人で立っていく力を身につけて歩んでいこうとする物語、と思っているのですが(正解かどうかは分かりませんが)、ジョンのヘドウィグには、なんであれ、力強い生命力とパワーがあって、それがキラキラと眩しいほどでした。

あと、スティーブン・トラスクのことを何度も丁寧に紹介したりしていて、とても大事にしている気持ちも伝わってきました。


歌った曲をちゃんと紹介してなかったので、改めて書くと。
「Angry inch」「The Origin of Love」
スティーブン・トラスクの「In Your Arms Tonight」のあと、
韓国の衣装アンドかつらで韓国語の歌を2曲(韓国の人は皆知ってるような歌だったみたいです)
再びスティーブンが「The Long Grift」
衣装を元の衣装に戻して「Wicked Little Town」

そしてアンコールで「Midnight Radio」
(初日は「Midnight~」を最後にしないでもう1曲歌うことにした」というようなことを言ってました)「Wig in a Box」

29日はその後にアリーナを走りまくり、ダイブしまくりの「コラージュ」(…っていう曲名でいいんでしたっけ? トマトつぶしてるあたりの曲)

27日からの変更点は。
韓国語の歌を歌うときに、イ・ヨンミさんとオ・マンソクさんと一緒に歌ってましたが、27日は(上手側に座ってた私たちからは死角になる位置の)上手端で歌ってて姿が見えませんでした。でも、29日は3人で並んで歌ってて、このあたりはジョンの配慮を感じました。

しかし、3人で並んでるときに「Oh! …マンソク」と言うジョン……結構オヤジギャグ(笑)?

また、27日は、スティーブン・トラスクが出た後は、ジョンの言葉に韓国語の通訳が入ってたのですが、29日は通訳なしでした。でも、見たところお客さんとも英語でちゃんとコミュニケーションできてたし、何より通訳が入るとどうしてもタイムラグが生じてうまく一体感が取れなくなってしまうので、これは通訳ナシにして正解だったと思います。

細かい手直しをすることでより反応がダイレクトになるものだし、プロ意識というか、より良いものを追求する意識の高さを感じましたね。

下のコメントにも書きましたが、4日には新作映画「ショートバス」の試写会、5日には渋谷(銀座と書き間違えてました、訂正)・アップルストアでのトークショーでジョンは来日するそうです。そちらには…行かないと思いますが(^^;ゞ。

個人的にはとても大きいものを受け取って帰れた気がする、韓国の『ヘドウィグ・コンサート』でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/30

韓国のヘドウィグコンサート最終日!

1日目に続いて、2回目の最終日も見てきました!

今ホテルで友人のパソコンからなので、手短に(今途中まで書きかけて間違えて消してしまった(涙))。

ジョン・キャメロン・ミッチェルのヘドウィグはホントにキュートで可愛かった!
細かい構成も変えてきて、より良いものを見せようとする姿勢が嬉しかったです。

そして、ある意味、韓国の人がこれだけヘドウィグを愛したからこその、お返し(?)としてのコンサートなわけで、異邦人の私はちょっぴり寂しく羨ましい感じも受けました。

詳細は日本に帰ってから、また!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/28

韓国のヘドウィグ・コンサートwithジョン・キャメロン・ミッチェル見てきました!

ジョン・キャメロン・ミッチェルのヘドウィグ・コンサート、見てきました! 今も興奮を抑えられません。

ジョンが出るということ以外、よくわかってなかったのですが、韓国版のヘドウィグ出演者のコンサートにジョンが出るという趣向だったようです。初めそれがわからずちょっと気持ちが混乱してしまったのですが…。一曲目の人以外は、素顔でヘドウィグからの曲とヘド以外の曲一曲を順に歌うっていきます。

中では、以前見たオ・マンソクさんが出てらして嬉しかった。オリジンオブラブを歌って、ちょっと感涙。キム・ダヒョンさんが客席の懐に飛び込んでいくキュートさがありました。イツハク役のイ・ヨンミさんはパワフルでしたね〜。

で、皆さん素顔だったので、「ジョンも素顔だったらどうしよう…、ヘドじゃなくてただの歌ゲストだったら…」と不安に思い出したところに、ジョン登場! …ヘドでした(T_T)。髪型もメイクも、ハードなパフォーマンスも。

客席の熱狂もすごいが、いきなり「アングリーインチ」でキレまくるジョンはもっとすごい。

現代の奇人だなあ、この人は…。キュートで尊大で皮肉屋で切ないヘドウィグだった。芝居部分がなくても、ヘドウィグにしか見えないのです…。

生でジョンがオリジンオブラブを歌ってるのが聞けた。そして、作曲のスティーブントラスクが歌ってる間にお着替えして出てきたジョンは、韓国の衣装とかつら(チャングムの誓いに出てくるような、髪型の金髪版(笑)←よく考えたものだ)で登場。韓国の歌を歌って喝采を浴びてました。

アンコールで皆と登場するとき、オ・マンソクがジョンをお姫様だっこ(爆笑)。「いっぱいいるわね…8ヘドウィグ…アンド8アングリーインチズ」と言ってました。

アンコール一曲目は、題名忘れましたが、舞台では一番最後の曲。「LIFT UP YOUR HANDS」という歌詞があるのですが、ふと振り返ったら、何千人の人が手を上げて揺らしてたのが見えて、涙。アメリカの、ホントに小さい劇場ともいえないところから始まったヘドウィグが、海を超え言葉が変わり、こんなに愛されてるのだなあ…と。動きが激しすぎてジョンの衣装が切れる(笑)、上半身全開に。

そして、大ラスは、これまた題名が出てこないが、メイクをしてウィグをかぶって…という内容の曲。この曲は客席に歌わせる趣向があるのですが、皆歌詞出なくても歌えるんだもんなあ…。

8人の役者さんも泣いてらっしゃるのが見えましたが、ここでジョンと共演できたことはこれからの役者人生の大きな糧になるのだろうなと思います。また、今日拝見したところ、ヘドウィグの芝居が見てみたいなと思う人が何人かいらっしゃいました。

とにかく、生ジョン・キャメロン・ミッチェルのヘドウィグはすごかった。魂を持って行かれました。

29日にもう一度見てきますが、この機会を得られたことをとても嬉しく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/16

ソウル~デザインホテルを巡る旅・その1「Wホテル編」

Whotel1_1
なんか女性誌の特集のタイトルみたいになっちゃいましたが(^^;、先週末友人とソウル旅行に行って参りました。今回はホテルでゆっくり滞在を……ということで、最新ホテル二つに2泊ずつという贅沢な旅をしてきました。
まず初めに泊まったのはWホテル。
アメリカの元祖デザインホテルが初めてソウルに出来たのが昨年とのこと。場所はソウル市街からはちょっと離れた高台にありますが、アーバンリゾートそのもののゆったりした滞在をすることができました(^^)。
お部屋は最上階の角部屋。ソウルを代表する漢江(ハンガン)と町並みが眼下に見えて、そのパノラミックビューには思わず息を呑みます。
赤と白で統一された部屋は非日常なのに落ち付ける感じ。

Whotel8_1


最新のホテルはお風呂がガラス張りのところが多いです(お風呂入るときはブラインドが下ろせるので大丈夫です(笑))が、ここもそう。これはお風呂側から部屋を撮ったものです。

Whotel2_1
Whotel7_1


お部屋の小物たちもカワイイ。





Whotel4
Whotel5

1階のロビー付近がバーになってます。カッコいいのに寛げる空間でした。私たちは椅子席に座ってましたが、寝そべってる人多数(笑)。






Whotel3_1


パブリックスペースもなかなか面白くて、このオブジェはホテルの廊下の突き当たり(=私たちの部屋の前)にあったもの。

Whotel6_2


この変ちくりんな写真は…エレベータの中なのです(笑)。エレベータ上部にネオン管がぶらさがってまう。


今まで泊まった中でも格段にインパクトが強い、しかしとても過ごしやすいホテルでした。
ということでわりと丁寧にご紹介してみました(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/24

韓国版『ヘドウィグ』来日公演ですって(@_@)

昨年5月にソウル・大学路ライブ劇場で見た韓国版「ヘドウィグ」。その興奮の模様は↓
こちらでも書きましたが、なんとっ! 今年の7~8月に来日公演があるらしいです。

情報源は韓国のサイト
(翻訳サイトを通して翻訳したものはこちら。読みにくいですが)

年賀状にこの「ヘド」の話を書いたんですが、後で友達からもらったメールで「私も韓国で『ヘド』見ました」というのが来てビックリしたんですが、この記事によると日本からも結構行ってたんですねぇ。

『ジキル&ハイド』もそうですが、こういう形で文化交流してるのって素晴らしいと思うし、「演劇の世界に言葉の壁も国境もない」ですよ。本当に。

オ・マンソクさんのヘドウィグは素晴らしかったから、もう一度マンソクさんで見たいなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/21

「ヘドウィグ」(韓国・ソウル・大学路ライブ劇場)

劇場は地下2階にあって、客席数は約300。間口はスズナリよりちょっと大きいくらいで、本当にヘドウィグがライブをやってそうな雰囲気のするところでした。

(※ラストの芝居について触れてますので、気になる方はご注意下さい)

……正直、そんなに期待は大きくはなかったのです。まず今回キャストが4人もいるということ。結構演じる人を選ぶ役だから、本当に適役の人がやってるのかなあとか。大ヒット映画「マラソン」主役のチョ・スンウが出るという話題のみが先行しているようにも見受けられましたし。それに、年代的にもヘドウィグをやるには若すぎる人がキャスティングされてる気もしたので。三上博史さんが雑誌のインタビューで「少女が女になる瞬間っていう表現があるけど、(ヘドウィグは)女がオバサンになる瞬間って感じ(笑)」というようなことを言っていて、それ当たりだなあと思ってたので、余計「若すぎ」と思ってたのかもしれません。

しかし、舞台が始まり、ギチギチの客席の中央通路からヘドが登場したときに、そんな思いは吹っ飛んだような気がします。私が見たのはオ・マンソクさん。(その日のヘドは誰だか分からずに、左隣の席の女の子に聞いて教えてもらった)すっごいメイクだけどとても美しく、細ーくて、そして歌声にとても説得力があり、上手い!

言ってる台詞はかけらも分からないけど、どんどん芝居に引き込まれていく自分が分かった。
(たとえば、お母さんとのことを回想して喋ってるところの可愛らしい表情とか、ドラッグクイーン的にお客さんをグイグイ引っ張っていくところとか、とっても切なく苦しい表情をするところとか……、様々な表情があって、目が離せない)

私は何故だか最前列に座ってたのですが、周りをふと見ると、右隣の席の女の子は胸の前に手を組んで一心に見てる。(←こんなポーズをして芝居を見てる人は初めて見たかも…)歌の場面では口ずさんでた(もちろん声は聞こえないけど)ので、よっぽどこの作品が好きで通い詰めてるんだろうなー、というのがよく伝わってきました。
(結構歌の場面では口ずさんでる人が多かったので、リピーターが多いんでしょうね)

さて、ラスト。自分の引き裂かれた片割れとも思っていたトミーを執拗に追いかけていたヘドウィグ。最後は狂ったように泣き叫び、かつらも脱ぎ捨てて…最後に舞台に倒れこむ。(このとき、ブラの中に入っていたトマトをつぶすんですが、私の足にトマトが飛んできた……)
(三上版ではここで一旦引っ込んで、トミーとして再登場してたと思います)

しかし、ソウル版ではかつらを取ったヘドウィグはそのまま引っ込まずに舞台後方に移動し、自然にトミーになり歌います。「…あれ、今、トミーになってる……?」とだんだんと気がついていく感じ。
歌い終わった後にまた自然にヘドウィグに戻り、イツハクが差し出したかつらを受け取ることを拒否し、イツハクの手を取ってくるっと回してダンスする。ヘドウィグの気持ちを察したイツハクは客席中央から退場。

歌が続く中、イツハクは再び客席中央通路からきれいな赤のドレス姿になって登場、ヘドは客席中央通路を通って去っていく……という終わり方でした。

切ないほどに(ストーカーのように?)トミーのことを追い求めていたヘドウィグ。「なんでこんな男を、自分の片割れと思うの?」というのがちょっと疑問だったんですけど、ソウル版を見て自分の中では初めて納得がいった気がする。
何かを求める切なさはなくならないけれど、でも、その求めているものは自分(ヘドウィグ)の中にあったになったんじゃないかって。

客席中央通路を使うというのも、ある意味劇場が大きな女性の体であって生まれ、死に、また再生するということなのかなと(うがってますかね?)。もしくは、見ているお客さん全員の心の中からヘドウィグが生まれ、またヘドウィグが帰っていった……ということなのかなという気もしました。
とても切ないけれど、深い感動が起こりました。

===================================

アングリーインチバンドのセカンドギターの人が稲垣吾郎似で、リードギター(でヘドウィグのお気に入りの人)は、堂本光一君似で超イケメンでした(笑)。ルックスで選んだのか(^^;? でも演奏も確かでしたよ。
アンコールはメドレーで4曲ほどやって、客席総立ち。その後にもやまぬ拍手に答えてもう1回アンコール。(こっちの方は「エンコル」と言うのですね)「YOU NEED PUNK ROCK?」とヘドが叫んで、「アングリーインチ」を一曲歌い、客席ダイブもあって、皆こぶしを挙げて叫んでた。
(私の左隣の人は始まる前はすごーくしらっとしてたんですが、アンコールになったら控えめな声で叫んでた(笑)。ああ、心を動かされたんだなと思って、ちょっと嬉しかった)

芝居って、特に良い芝居って、本当に世界共通の言語だな、ということを改めて感じた晩でした。

(6月にもロンドン版の公演があるらしく、ちょっと心が揺れております(笑))

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/05/19

ソウル旅行より帰りました(^^)

ソウル旅行より帰って参りました。
新しい場所や新しい出会いもあり、大変楽しい滞在でした。
特に素晴らしかったのが、下に書いた、ソウル版「ヘドウィグ」。詳細は別途書きますが、オ・マンソクさんのヘドウィグはとても素晴らしく、ホントにヘドがライブをやってそうな会場で臨場感溢れる舞台でした。泣きました……。
ラストは三上版の舞台とは違うものでしたが、私は韓国版のラストのほうが好きですね~。

おいおいご報告を書いていきますね。
とりあえず寝不足なので、早めに寝ます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/12

韓国のヘドウィグは4人オスカル?

13日からちとソウルに行ってくるのですが、滞在中に何か見たいなー…と思って調べていたら、なんと!「ヘドウィグ&アングリーインチ」をやっているではありませんか!!
映画も三上博史さん版も見てるので、これは絶対みたいと思って、チケットもなんとかゲットしました。(欧米だとチケットマスターとかで頼めるんですが、韓国のネット予約サイトは韓国語なので断念。「大象旅行社」というソウルでチケット手配もしてる旅行会社で頼みました)

今韓国で大ヒットしているという「マラソン」という映画で主演しているチョ・スンウ君もヘドをやってますが、彼の出演は11日までなので私が行くときは終わっちゃってるんですよね。

さて、ヘド役をやってる人が4人いますが、その写真がコレ
こちらのサイトからは、メディアプレイヤーマークをクリックすると、韓国版ヘドウィグが歌ってるところと、上の4人が並んでるインタビューなどが見られます。

この4人ヘドが並んでる姿を見て思ったこと「……4人オスカル??」(自爆)

スミマセン。分かる人しか分からないねたですが、宝塚で平成版で「ベルサイユのばら」をやったときにオスカルが4人で日替わりで演じるという趣向がありまして、初日とかにはオスカルが4人舞台に並んだりしてたんですよ。
なんかそれを彷彿とさせる(…のかよっっっ)4人ヘドでした。

韓国版のヘドは300人くらいのキャパのところだそうで、日本で見た小屋よりもイメージは合ってる気がして、それも楽しみですね。

ちなみにさっき2ちゃんで(^^;発見したのですが、野田秀樹さんの「農業少女」の翻訳ソウル公演もあったそうですが、それは5月8日で終わっちゃってるようです。やってたら見たかったのになー。残念。
(「その河をこえて、五月」の韓国側の演出家の方が演出してたそうです>農業少女。「その河をこえて…」も日本に帰ってきたら見まーす)
日本に続いてのマシュー・ボーン「白鳥の湖」も韓国公演中。韓国もなかなか演劇がお盛んなところとお見受けしますね(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/23

やっぱりキム次長!

9月4日付で
>「ガラスの仮面episode2」&ソウル演劇事情(少々)
>「冬のソナタ」でキム次長役をやってた人にそっくりな人が芝居のポスターに載ってたんです(^^;ゞ。これが本当に
>キム次長なのか、何の芝居だったのか、とっても気になってます。

というのを書いたのですが、判明しました!
今日NHKで「もっと知りたい冬のソナタ」という番組をやっていたのですが、それでキム次長・クォン・ヘヒョさんがゲストで出ていまして、大学路で公演された『アート』出演の模様をやってました。
(私の記憶の中では『アート』のポスターとキム次長と切り離されていたんですけどね(^^;ゞ。でも、キム次長の写真が載ってるのがアルファベットで『ART』と書いてない版だったのかも…)
あのポスターの人はやはりキム次長だったのですね。分かって嬉しい。

『ART』に出演されていた、ということを聞くだけでも、クォン・ヘヒョさんの役者としての立ち位置がどんなものであるか分かりますよね。(それこそ日本で言う平田満さんのような、芝居巧者って感じ)やっぱり芝居って万国共通の指標でもあるなあ。

じゃあ、『コーラスライン』でザックをやってた、イ・ビョンホンはどうよ?!(笑)と自己突っ込み。 うーん、こっちは分からないや。(私の頭の中の演出家役・ザックは浜畑賢吉……)とりあえず、歌と踊りはなかったんだな、というのは分かりますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)