2007/05/27

B-BOY KOREA IN ソウル


ヘドウィグを見るため必死で仕事を終え、韓国ソウルに来ています。

昨日はB-BOY KOREAを見てきました。ミュージカル仕立てのダンスパフォーマンスです。正直芝居部分はあまり大したことないですが(出演者は基本的にダンサーさんなのだと思う)、ブレイクダンスはとても見応えがあり楽しく見てきました。韓国古典楽器ブレイクダンスとのコラボも面白かったですね。

ノンバーバルパフォーマンスは、ナンタ以来なんでしょうか。そういえば、日本って外国人の方が言葉の問題なく楽しめる常設の公演ってないですよね。ちょっと考えさせられました…。

これは携帯からですがうまくアップできるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/12

直島へ!

以前、「大竹伸朗展 全景」のときにも書いたのですが、香川県の直島というところで、「NAOSHIMA STANDARD2」という展覧会をやっています。
もともと、「ベネッセアートサイト直島」として、ベネッセハウス、地中美術館ほか、現代アートが多数展示されている、「現代アートの島」なのです。

私が中学時代からもっとも影響を受けた人の1人、ディヴィッド・シルヴィアンが、この展覧会に参加しています。…といっても、ミュージシャンなので、直島で録音したものをもとにした70分の音楽作品です。これを、i podに入れたものを貸してくれて、聞きながら直島を回る…というものだそうです。

直島スタンダード2展は15日まで、ちょうど14日に大阪で仕事がありますので、前乗りして明日から直島まで行ってくることにしました(^_^)。

そのために一生懸命仕事をして、なんとか終わらせました~。明日6:30出発なのに、まだ荷物は詰めてないぞ~(笑)。(横浜6:30に出て、現地に着くのは12:30くらいです。6時間くらいかかってしまいます…)

ちなみに、ネットで検索していて発見した某ブログのご意見(スタンダード展でデヴィッドの曲を借りた人)。

「私には呪いの音楽にしか聞こえなかった」

……うわー、今までここまでデヴィッドの曲のことを的確に表現した人は初めて見たかも(爆笑)。まだ聞いてないけど、そう言いたい気持ちはわかります。決してエンタテイメントな、楽しくなるような曲にはなってないと思うので。でも、その内省性が良いところなんですよ…。

では行って参ります(^_^)/~~。

さて、呪いの音楽に聴こえるかどうか? 明日、(PCは持っていかないので、多分携帯から)アップできたらしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/17

ニューヨークに行ってきます(^_^)/~~

明日から30日までお休みをいただいてニューヨークに行ってきます。
必死で仕事してやっと先ほど仕事を終えて、今は荷造り中です。
宿泊先にもパソコンがあるので、こちらのブログにもときどきアップできたらしますね。

今のところ既にチケットを取ってるのが「WICKED」。ブロードウェイ16年ぶりの
「コーラスライン」プレビューや、オフの「アルターボーイズ」は見てこようかなと。
それ以外は飛行機の中でこれからいろいろ検討してみます。

旅行前で仕事がバタバタしちゃって、とても面白かった「プライベート・ライヴス」のこととか
書けてないです……(涙)。

30日に帰国予定。それでは行ってきまーす(^_^)/~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/16

ソウル~デザインホテルを巡る旅・その1「Wホテル編」

Whotel1_1
なんか女性誌の特集のタイトルみたいになっちゃいましたが(^^;、先週末友人とソウル旅行に行って参りました。今回はホテルでゆっくり滞在を……ということで、最新ホテル二つに2泊ずつという贅沢な旅をしてきました。
まず初めに泊まったのはWホテル。
アメリカの元祖デザインホテルが初めてソウルに出来たのが昨年とのこと。場所はソウル市街からはちょっと離れた高台にありますが、アーバンリゾートそのもののゆったりした滞在をすることができました(^^)。
お部屋は最上階の角部屋。ソウルを代表する漢江(ハンガン)と町並みが眼下に見えて、そのパノラミックビューには思わず息を呑みます。
赤と白で統一された部屋は非日常なのに落ち付ける感じ。

Whotel8_1


最新のホテルはお風呂がガラス張りのところが多いです(お風呂入るときはブラインドが下ろせるので大丈夫です(笑))が、ここもそう。これはお風呂側から部屋を撮ったものです。

Whotel2_1
Whotel7_1


お部屋の小物たちもカワイイ。





Whotel4
Whotel5

1階のロビー付近がバーになってます。カッコいいのに寛げる空間でした。私たちは椅子席に座ってましたが、寝そべってる人多数(笑)。






Whotel3_1


パブリックスペースもなかなか面白くて、このオブジェはホテルの廊下の突き当たり(=私たちの部屋の前)にあったもの。

Whotel6_2


この変ちくりんな写真は…エレベータの中なのです(笑)。エレベータ上部にネオン管がぶらさがってまう。


今まで泊まった中でも格段にインパクトが強い、しかしとても過ごしやすいホテルでした。
ということでわりと丁寧にご紹介してみました(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/03

怒涛の関西行

…から帰って参りました。
前半は神戸メリケンパークオリエンタルホテル泊(なんと、楽天トラベルでシングル1泊6500円の破格値が出てた)

玲香と一緒に姫路城に行き、以前コメントしてもらった歴史博物館で十二単を着せてもらいました! こういう着せ方をするんだ~、こんなに重いんだ(これ着たら身動きできないっすよ)ということに驚きつつ、貴重な体験をしてきました。
ご存知『天守物語』の舞台である姫路城はとても美しく、中に入ったときの暗さも印象的。(夜だったら本当に真っ暗だと思うから、確かに火を消された図書之助は、火を取りに戻らないと歩けないなあ~、なんて考えてました) 天守閣では「ここから釣りをしたのか」なんて思いつつ(笑)、一番上の神社で「明日は富姫様に会うのね(*^^*)」と思いながら拝んでまいりました。
城の下にある「お菊の井戸」も見てきましたよ。

で、翌日は兵庫県立芸術文化センターこけら落とし公演『KANADEHON忠臣蔵』加納幸和さん演出です。
詳細は稿を改めて書きたいと思いますが、加納さんらしい才気溢れる、スピーディな忠臣蔵でした。全段通しで2時間30分! 大きな物語のうねりの中に人々が生き生きと描かれてましたね。
ぜひ再演を重ねてほしい舞台です。

後半は大阪に移動して、夜5:30~翌朝5:00までノンストップトークの集い(?)に参加してきました。

とまあ、とても充実した関西行でした。
明日は朝から取材。頑張りまっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/15

川島芳子のお墓参り

松本城と同じチケットで博物館も入れたので入館して展示を見ていたのですが、そこに松本の名所を示した地図がありまして。なんとはなしに眺めていたら、目に入ったのが「川島芳子の墓」の文字(@_@)。

博物館の人に場所を聞いてもすぐには分からない状態は(問い合わせてもらって、後で教えてもらったんですが)、「今はそんなに注目されてないのねえ…」というのを物語ってました。

第二次大戦中に「男装の麗人」と呼ばれ日本のスパイとして活動していた彼女は、高校時代は松本に住んでいたんだそうです。それも知らなかったし、何より最後は中国で処刑されたのでその後のことを考えることもなくて、失礼ながら「日本にお墓があるんだ…」ということにちょっと驚きました。

さて、博物館の人に場所を教えてもらって、松本城から歩いてそちらに向かいました(でも気がついたら30分くらい歩いてた…)。
お寺の横に併設されてる墓地の中にお墓があり、一応案内の札が二つくらいあったんですがちょっと探すのに手間取りました。
お墓を前にしてちょっと感慨深く、立ち尽くしました。突然思い立っていったので、着いてから「お花でも買ってくればよかった…」と気がついたんですが、周りにはお店とかコンビニとかはないところだったので、手に入れられず……。ちょうど新しいお水を持っていたので、それをかけさせていただいて、手を合わせてきました。

自分の中では映画『ラスト・エンペラー』、花組の『三国妖狐伝』など舞台、映画化されたものの印象(…あっ、宝塚の日向薫さんのサヨナラ公演もそうだっけ)が先立っている方なのですが、目の前の土の中にいるということがとても不思議で……、急にその実在が目の前に迫ってきたような気がしました。

自分にとっては何かに導かれてるような、不思議な体験でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/06

ロンドンより帰りました!

ロンドンより無事帰って参りました。1週間いたけどやっぱり最後のほうは駆け足な感じになってしまいましたね。もうちょっといたかったです。
観劇したのは「ガイズ&ドールズ」「メアリー・ポピンズ」「ビリー・エリオット(邦題リトル・ダンサー)」の3本。ビリー・エリオットは本当に文句なしに素晴らしかった!
ガイズを見て、正直「日本も負けてない」と思いましたが、翌日に「ビリー・エリオット」を見て「日本人にはこう言う作品は作れない」と思いました(まあ、国民性の違いなんですけどね。外人に歌舞伎はできないし)。

帰った翌日から取材に走り回って時差ぼけしてる暇がありません(^^;。でも英気を養ってきたので頑張ってます。ロンドン話は追々書いていきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/29

ロンドンのジャパンセンターより

日本語インターネットが30分2ポンドでつなげるので、見ております。

久々のロンドンでいろいろ走り回っています。
昨日は「メアリー・ポピンズ」、今日はユアン・マクレガー「ガイズ&ドールズ」を見ました。
ユアンはカッコいいけど、大地真央さんのスカイ・マスターソンはすごかったと改めて思いました。
クラップシュターはかっこよかったけど、一番受けてたのはナイスリー・ジョンソンの「すわれ、船が揺れる」の歌だった! びっくり。

明日は「リトルダンサー」のミュージカル版を見まーす。
大英博物館にも行けたら行く。

と言う感じで、満喫しています。また帰ったら書きますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/23

明日からロンドン

忙しい日々をなんとか切り抜けて、明日からロンドンに行って参ります。
チケットが手配してあるのは
ユアン・マクレガー出演「ガイズ&ドールズ」。
映画「リトル・ダンサー」のミュージカル版「BILLY ELLIOT THE MUSICAL」。
ちょっと遠出しようかと思って、バースBATH行きの切符も手配してあります。(1週間前までに手配すると格安だったもので、手配済み)

いつもは端末を持っていっていたのですが、今回は借りるドコモの携帯でメール(携帯メールと、携帯に転送して読むプロバイダメール)が読めるため、携帯だけでいこう、ということにしてます。
時間があったら近くのインターネットカフェからアクセスしてみますね。
うまく日本語ダウンロードできるかなー?(^^;。

それでは行って参りまーす(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/24

ラスベガスより帰りました

昨日、ラスベガスより帰国しました~。
いわゆる観光地に行くのって珍しいんですが、なかなか楽しく過ごしてきました。
今回ザウルス持参だったのですが、blogは文字化けして全然読み書きできませんでしたので、報告できなくてごめんなさいm(_)m。

雑記帳にも書きましたが、シルクドソレイユ3作を見てきました。やっぱり一番好きで感動したのは「オー」かな。こちらに追々感想をアップしていきますね。

えーと、もう一つトピックスは……最終日の前の晩、ビデオポーカー(今回の旅行に備え、ビデオポーカーのやり方を覚えていったのです(笑))をやってたら「ロイヤルストレートフラッシュ」を出しました!! 5セント10枚掛けでやってたので、50セント→800倍の400$になった(@_@)。
(もっと高い金額かけてたら大もうけだったんですけどねえ(笑))でもロイヤルストレートフラッシュなんて出るんだ、と思ってホントビックリ。隣でやってたアメリカ人の女性も「あなた、ロイヤル出したの?!」ととても驚いていた。
もしかして博才があるのかもしれません(^^;ゞ。

HAPPY GO LUCKYもよろしく(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)