2011/04/09

劇場って温かいなと思う

計画停電も一応終了宣言が出されましたね。
我が家は停電区域に指定されていたため、停電予定に行動が縛られていて意外に難儀だったのですが、とりあえずほっとしています。
(計画停電は被災地の東北に電力を送るためでなく、東京電力管内の電力不足を補うために行われます。お分かりと思いますが念のため)

今夏は大幅電力不足ということですが、計画停電でなく節電で乗り切りたいとのこと。演劇界もいろいろと大変と思いますが、ほかの業界と同じく節電に協力しつつ、それを上回る演技のパワーで皆さんの心を明るくし続けていただきたいなあと思います。

見る予定の舞台が中止になったり、交通事情でどうしても伺えなかったりして、しばらく劇場に足を運べなかったのですが、地震後に初めて見た舞台はこまつ座さんの「日本人のへそ」。

「久しぶりの観劇、そして、こういう状況でどういうふうに舞台が見えるのかしら…」と自分的には思ったのですが、劇場は常と変らず温かく私を包んでくれました。


井上ひさしさんの追悼ファイナルとなる公演で、ぐいぐい引き寄せられるようなパワーに圧倒される3時間。

笹本玲奈さんがイキイキと場を引っ張っていって魅力的。石丸幹二さんも意外な姿を見せてくれました。周りを固める皆さんも実力派そろい。植本潤さんも何役やったか数えられないくらい、早変わりが多い中、それぞれの役をきちんと際立たせる技が素晴らしい。最後のどんでん返しに次ぐどんでん返しは、最後の最後まで「ええっ、そうだったの!?」と何度も騙され続ける私でした(笑)。

工夫のある装置。そして生演奏の小曽根真さんが作曲もされているのですが、これが、井上さんと一緒に作品を作ったとしか思えない、見事に作品と一体化した音楽でした。

芝居って、舞台ってパワーがあるな……と改めて思います。久々に3時間、頭を空にしました。


その次に拝見したのが東京スウィカ『光の庭』。
こちらは現代のお話で、関東近県のちょっとノスタルジックな佇まいがある田舎町の日常を描いた舞台。登場人物も、セットや道具も非常に丁寧に作ってある舞台で、今まで(311以前)なら、リアリティのあるお話だなと思って見たと思うのですが。今は逆に悲しい状況を見るのが常になってしまっているせいか、「ああ、こんな日常もあったな……」と不思議に遠く感じる自分がいて。作品がどうということより、そういう自分の受け止め方にちょっと戸惑いがあったのも事実です。

でも、やがては舞台に次第に引き込まれていき、人と人とつながりの温かさに思いを馳せられるようになりました。
東京スウィカさんは、前回見たときも思ったのですが、子役さんの使い方がお上手ですね。緒方和也さんは東京から来たテレビ局の人という設定で、田舎町の人たちと間にある違和感を巧みに表現されていたと思います。


公演中止も相次いだ、この1カ月。中止された方も、開幕を決めた方もそれぞれに真摯に考えた結果の結論と思います。「演劇」の意味、そして見ることの意味をはからずも考えさせられました。今まで以上に、一つ一つを大事に受け止めていきたいと思います。

| | トラックバック (0)

2011/03/17

今できること

大変な事態が続いています…。
東北関東大震災で被害に遭われた方に、心からお見舞い申し上げます。

私は地震当時はちょうど横浜の自宅で原稿書き最中でした。震度5強で、2階の自室からたくさんのものが降ってきましたが、大きな被害はなかったです。(深夜まで停電となり、携帯ワンセグと携帯ネットで情報を得ました。携帯の大切さを改めて知りました)

今は計画停電の地域となっていますが、被災地の方の御苦労に比べたら微々たるものと思うので、計画停電終了予定の4月末まで頑張ってやっていきたいと思います。

ネット上でいろいろな言葉を拝見しました。

特に私の心をとらえた、後藤ひろひと大王のブログ。

「この地震への怒りを捨てて下さい」

大王の作品に通じる、命に対する思いが底にある文章。そして、自分が今何をすべきか、何をしたらいいのか考える力をもらいました。

まず、義捐金です。
それぞれの方が信頼が置けると思うところに寄付したらよいと思いますが、私は日本赤十字社から行いました。
銀行振込、郵便振替のほかに、コンビニ払い、クレジットカード払いもできます(私はカードで)。手続きは3,4分で済みました。
日本赤十字社からの受領証をもらっておくと、来年の確定申告に使えます。

日本赤十字社のホームページ

そして、節電。
もうすぐ計画停電の時間ですが、極力電気を使わないように…(パソコンを使わないと仕事ができないのが辛いところですが)。


前のブログで萩尾望都先生のインタビューを紹介させていただきました。今改めて、萩尾先生の「11人いる!」を振り返ってみると、

(以下、作品内容に触れてます)

最後に苦渋の選択をした11人に、王さまが言う言葉「また次がある」。
今まではつらい言葉だと思っていましたが、この言葉にどれほどの未来への思いが込められていたか、改めて思い知らされます。
「また次がある」
今が大変であっても、必ず次があるんですよね。

仙台に住む友人からは「長い修行がんばります」と来ました。
今が必ず「未来へ」と通じることを信じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/25

処暑の候

暦の上では処暑を過ぎましたが、まだまだ暑いですね。
先日、お知り合いのところで、花火大会に伺いました。
Nec_0247

花火大会をちゃんと見るなんて、何年ぶりだろう? 迫力のある花火で、皆さんと盛り上がりました。

さてさて、最近こちらにご報告していなかったので、ちょっとお知らせなど。

ローチケ.comにてグランディーバ・バレエ団芸術監督ブライアン・ノリスさんインタビュー→こちらからご覧いただけます。

現在発売中のBEST STAGE VOL.24
「エリザベート」朝海ひかるさん・瀬奈じゅんさん・山口祐一郎さん・石丸幹二さん インタビュー
CD「Chopin et Sand ー男と女-」春野寿美礼さん インタビュー
スタジオライフ 藤原啓児さん・笠原浩夫さん・石飛幸治さん・山崎康一さん・倉本徹さん・松本慎也さん座談会

現在発売中のレプリークBis VOL.19
「モーツァルト!」井上芳雄さん・山崎育三郎さん インタビュー
「ロミオとジュリエット」演出 小池修一郎さん インタビュー
舞台美術家 堀尾幸男さん インタビュー
「演出家・小池修一郎の10000字」 インタビュー

を担当しております。

小池修一郎先生の10000字では、以前のBEST STAGEのロングインタビューに続きまして、今度も超ロングインタビューを担当させていただきました。
作品に対して小池先生が持っていらっしゃる情熱がハイスピードなお言葉からバシバシ伝わってきて、圧倒されそうになる数時間、皆様にもこの感動が伝えられていたらいいなと思います。

よかったら書店などで手にとってご覧下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/08

大分、間が空いてしまいました

気づいたら、ブログ更新1か月ぶり!

このところは、ミュージカル『エリザベート』『モーツァルト!』とクンツェ・リーヴァイ作品関連の取材が多くて、刺激を受ける日々です。最近のBGMは友人に貸してもらった、韓国版『モーツァルト!』のCD。ジュンスの歌が入ってないのは残念だけど、聞きごたえがあってとても良いですね。

来週、(以前、韓国ソウルまで見に行った)ミュージカル『ロミオとジュリエット』宝塚版を見に行くのを心の励みに、しばらく原稿書きに専念します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/09

新井薬師御開帳

6日に取材で新井薬師前まで行ったら、新井薬師が12年に一度の御本尊の御開帳とのこと!

ちょうど1年前、長野善光寺の御開帳に行って、やや御開帳マニア(?)になった私としては、ぜひ拝観したい、と思い、終了後に新井薬師へ。お堂に上がり、12年に一度お姿が拝見できる二仏一体の秘仏にお参りしてきました。

ご本尊は写真撮影禁止だったので、ご本尊につながっている回向柱の写真を。新井薬師は厄除けで有名のようですが、回向柱に触ることはご本尊に触れるのと同じことで、とてもご利益があるとか。思いっきりスリスリとしてきました。
201005061331000


……その晩、いつものようにパソコンを使っていたら、突然パソコンが再起動し、真っ暗な画面に。

パソコンが昇天しました(悲)。


翌日パソコンショップに持って行ったらマザーボードの破損で修復不可能とのこと(涙)。結局新しいパソコンを買いました。

外付けのハードディスクに絶対消えたら困るデータは残してあったのでまだしもですが、ソフト系は全部入れ替えないといけないので、いろいろ大変。OSもXPからWINDOWS7に変わったので、まだ悪戦苦闘中です。

昼間、回向柱に触って厄除けしたばかりだというのに……ううう。
いや、本当はもっと大きな災難が来るはずだったところ、厄除けしたから、パソコンが厄を肩代わりしてくれたのでしょうか?(←そう思うしかない)

さて、気を取り直して。
6日の取材はスタジオライフのジュニア7で結成しているユニット雪月花の6人。昨年に出したCD「雪月花」など第一弾に続く、第二弾マキシシングル「雪月花 meets BLUE BLOOD CLUB」のお話を中心に伺いました。

お話の内容は雑誌で見ていただくとして、印象に残ったこと。前回第一弾発表前にも6人に取材させていただいていますが、良い意味で皆さんちょっと前回とは変わったなという感じを受けました。第一弾でCD、写真集やDVDを出し、お客様の前で楽曲を披露して、その間に経験したことによって皆、何かを掴み成長されているのだなと。それが言葉の端々から伝わってきました。
もちろん、仲の良さとか気の置けない感じは変わりなく。
普通の友達で仲が良いのとも違う、信頼しつつ一緒に競い合っていける感覚が劇団の同期の人たちならではなんでしょうね。私は日ごろ一人で仕事してるので、余計そう感じるのかもしれません。楽しく取材させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/04

ゴールデンウィーク&さよなら歌舞伎座

皆様、ゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか?
私は取材に観劇があるのはいつもどおりですが、比較的時間に余裕があるのでぼちぼち原稿書きしながらまったり過ごしております。

GW前の28日にはさよなら歌舞伎座千穐楽に行ってまいりました。
3部はチケットが取れなかったので、1部だけ観劇。

Kabukiza1

カメラ持参で写真を撮ってる方もたくさん。私も。
Kabukiza2

役者の皆さん、思いが込められた好演、熱演でしたね。
1部のラストは連獅子。勘三郎さん、勘太郎さん、七之助さんの気迫がすごかった!
拍手も地鳴りのように鳴り響いてました。

20年近く前?、演舞場歌舞伎公演の千秋楽に勘三郎さん(当時は勘九郎さん)の鏡獅子を見たのですが、そのときは、毛振りを百回以上回していたんです。横で胡蝶で踊ってた勘太郎さんと七之助さんは、あまりに長いので(笑)(振り付けがなくなっちゃったのか)二人でちょっと困った顔をして踊ってたのがなんとも印象的でした。今回はお二人で子獅子でしっかりとお父様と並んで踊ってらっしゃることに、とても感動しました。こうして長く成長する姿を拝見できるのが歌舞伎の楽しみの一つですね。

長く通っていた歌舞伎座がなくなるのは寂しいことですが、3年後には今の歌舞伎座の材料で使えるものは使って設計されるということです。この舞台に立った役者さんたちの魂もそのまま受け継いだ歌舞伎座として蘇ることを期待します。

余談ですが、幕間に偶然真矢みきさんにすれ違って一瞬ご挨拶を。そういえば、旧・東京宝塚劇場の最後の公演は真矢みきさん主演の「ザッツ・レビュー」でした。そんなことも思い出し、劇場というものに思いをはせました。

さてさて
今日はゴールデンウィーク気分を満喫するため(?)美術展へ。国立西洋美術館のフランク・ブラングィン展と(できたら、BUNKAMURAでやってるレンピッカ展も行きたいけど、はしごできるかな~)に行き、その後はミュージカル「黒執事」に行って来ます。

皆様も楽しいゴールデンウィークを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/25

身辺慌しく…

この2週間ほど携わってきた仕事がやっと終わり、一息…といいたいところですが、慌しい日々が続いてます。

実は、とてもやりたいと思う仕事のご依頼をいただいたのですが、それが父親の入院手術の日に重なってしまい、お断りせざるを得ませんでした。5年来関わってきた者としてはとてもやりたかったな…と思い、気持ちが淀んでます。でも、父の方が大事なので仕方ないですね。

気持ちを切り替えて! 今できることに最善を尽くそう。それだけですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/01

HAPPY 30th

土曜日は「MIKI MAYA 30th ANNIVERSARY PARTY」で司会を務めてまいりました。
みきさんのファンクラブ VENUSのイベントで、FC会報のライターをずっと担当しているご縁で、ここ数年はイベントの司会をさせていただいています。

(そういえば、このあたりの話はブログに書くのは初めてかも)

私の学生時代、普通の演劇・宝塚ファンであったころからずっと拝見している、みきさん。30年のうち、27年くらいは拝見してるかな(笑)? ということで、懐かしい話、今後の話、あれこれ伺ってまいりました。司会しながらも、みきさんの軽妙なトークに爆笑することも度々。今も前を向いて頭を高く上げて歩いてらっしゃる姿に感動し刺激を受けてまいりました。

宝塚時代から全身全霊をかけてお客様を楽しませようとする、エンターテイメント精神に溢れていたのが、とても魅力的な方でした。今は表現の方法は当時と変わっていると思うけれど、そのエンターテイメント精神は今も変わらないのだな、と隣で司会させていただいて、改めて感じています。

ファンの方一人ひとりと目線を合わせているみきさん、そして、最後の退場のときにはピアノの演奏に合わせて自然と息が合った手拍子を送って下さるような、温かいファンの皆さん。こういう心の交流があるところが、素敵だなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/30

お知らせなど

1月もあっという間に月末! 
現在発売中のBEST STAGEでは

『飛龍伝』黒木メイサさん、馬場徹さん
「楽屋へようこそ」朝海ひかるさん
「スターのハマりもの」坂元健児さん

を担当しております。
黒木メイサさんは凛として潔く、まっすぐな瞳が印象的な方でしたね。
楽屋にお邪魔させていただいた朝海さん。前にチラッとブログで触れた可愛い楽屋着の写真も、掲載の運びとなりました。

バタバタしてて、ブログにアップできてなかった素敵な舞台もたくさん。
「冬とライオン」は、ヘンリー6世と妻、家族(と愛人)の物語。想像もつかないような激しいぶつかり合いの果てにも、家族や夫婦としての愛情の存在を感じさせられました。麻実れいさんが本当にすばらしい。舞台に登場した瞬間から劇場の空気が変わる存在感で、圧倒されます。

加藤健一事務所「シャドーランズ」は「ナルニア国物語」の作者(加藤健一さん)が主人公の、大人のラブストーリーで、不器用さが切なく可愛く、ラストは涙。春風ひとみさんが描く女性像は生き生きしてますね。

舞台じゃないけど、マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」のDVDも発売日に家に到着。
最先端の技術を駆使して見せていますが、文法的にはオーソドックスなブロードウェイのショーを踏襲しているのが、長くエンターテイメントの世界に生きるマイケルらしいなと。
リハーサル中にも何度となくLOVEを口にし、常に周りを思いやりある態度を取っているのですね。
完璧を追求するのも、エンターテイメントを通して人々に愛を伝えたいからだなと。彼の生き方がつまったドキュメンタリーだと思います。

さてさて近況としては。
BEST STAGE前号では春野寿美礼さん、今号で朝海ひかるさんと続き、先日は別の媒体で、安蘭けいさんの取材に行ってまいりました。宝塚77期元男役トップスターの方々を網羅してしまっているという大変な事態になっております。

安蘭さんは20周年記念コンサート「箱舟」のビジュアル撮影の合間にお邪魔させていただき、演出の荻田浩一先生との対談を。前回安蘭さんとお会いしたときは柔らかい風情を感じたのですが、今回は宝塚時代からの「盟友」荻田先生との再会の場。「先生と会ったら巻き戻っちゃったじゃない~!(笑)」という声が聞こえたくらい、男前モード(?)な安蘭さんになってました(それもまた素敵)。もちろん二人の会話は弾みに弾んで(一緒にいたカメラマンさんが驚いていたくらい)、とても楽しい対談になりました。こちらも雑誌発売のころ、改めてご案内しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/24

白い花

Nec_0197
お花が届いた。学生時代から長くご縁がある人からの白いお花……、私の母の命日なのでした。もう7年もたっているので、覚えていて下さったこと、お花を贈って下さったやさしさに感動する。
実はその方のお父様と私の母とが同じ時期に病を得ていて、一時期「親がガン仲間」だったのだ(←あまりこの仲間には入りたくない(苦笑))。私の母と一年違いでその方のお父様も他界された(それも、その方の誕生日に)。私はその方のお父様も存じ上げているが、懐の深い優しい方でした。

お花は美しく、大輪の薔薇が咲き誇っている。「母が生きてたら、こんなお花をもらったってきっと皆に自慢してたよね(笑)」なんて話をする。

萩尾望都先生の「トーマの心臓」に出てくる言葉で、「人は二度死ぬという まず自己の死 そしてのち友から忘れ去られることの死」というのがある。
肉体は滅びる。けれど、生きている者が思いを受け継ぎ生きることによって、命は永遠のものになる、かもしれない。
花を見ながら、そんなことを思う。一月、寒い季節に。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧