2014/12/27

新たな感動~『ビリー・エリオット ミュージカルライブ』

『ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー』やっと見てきました。ロンドンとニューヨークで観劇した作品で、今回の10周年記念公演のライブ版はぜひ見たかったのです。
ロンドンで見たときは3回は泣いたなあ、とか、そのころ『BILLY ELLIOT』はチケットが取れなくて、3階のはるか上の方の席で見たけど、それでもすごく感激したなあとか(映像で客席が映って、ああ、あのあたり、と思ったり)いろいろ思い出しつつも、今回の映像版では新たな感動が沸いて、ロンドンで見たときの倍くらい泣きました(笑)。

2005年の観劇当時に某所で書いたものを発見できたので転載すると↓

*********************************
『リトル・ダンサー(BILLY ELLIOT THE MUSICAL)』
 ロンドンで今一番HOTなミュージカルがこれ。映画『リトル・ダンサー』を元とした舞台で、音楽はエルトン・ジョンが担当している。84年サッチャー首相の時代、イギリス北東部の町で起こった炭鉱廃止反対のストを背景に、鉱夫の息子のビリーがバレエダンサーを目指す姿を描く。「踊っているとき、僕は自由だ」というビリーの台詞があるが、「人々の自由を求める思いを踊りに託す」というテーマ性が実に明快だ。何よりビリーを演じる少年(筆者が見たのは新キャストのレオン・クック)が素晴らしい! バレエのみならずタップ、歌など生命力みなぎる舞台に釘付けになる。鉱夫の生活感ある日常が歌と踊りで違和感なく表現できるのは、イギリス人ならではだろう。生きるパワーが貰えるような舞台だ。

*********************************
というものでした。

基本的な感想は(同じ作品なので)今もこれと同じなのですが、私の英語力では聞き取れてなかった部分も訳文を通して新たに理解が深まったところもありました。
たとえば、ビリーのお父さんがビリーがバレエをすることに反対したのはただ「女々しい」ことをするなというだけでなく、労働者階級の彼が中流階級のバレエ教師に対する反発心もあったのだ、とか。ビリーの兄に「お父さんはお母さんが亡くなって3年腑抜けだった」という台詞があって、ああ、そんな気持ちも描かれていたのに、とか。

こうしてお父さんの気持ちや立場がより理解できると、サッチャー政権下の閉塞した状況にあっても息子が自由に羽ばたくことを願ってバレエを応援するようになった心情の流れがより理解できて、感動が深まりました。


初演から10年たった今でも、本当に斬新で力強い舞台だなと思います。およそ(いわゆる華やかな)ミュージカルらしくない炭鉱夫たちのとてもリアルな姿を描いているのに、エンターテイメントとして成立している。上にも書いたとおり「人々の自由を求める思いを踊りに託す」というテーマが明確なんですよね。
(だからこそ、カーテンコールで炭鉱夫の皆さんもチュチュをつけて楽しそうに踊っているところが感動的なんだと思う。たとえ炭鉱が閉鎖になり暗い現実が待っていても、心は自由なままなんだとわかる、というか)


今回特に心打たれたのが、ビリー役のエリオット・ハンナ君。わずか11歳でありながら、客席のすべての人(さらにはスクリーンの向こう側にいる大勢の人)をエリオット君の気のパワーで満たしていた。その姿に演劇の根本の力を見た思いです。この日はスペシャルバージョンで初代ビリー役で現在はマシュー・ボーンの『白鳥の湖』の王子役をやっているリアム・ムーアが出てきて、ビリーの成長後のビリーとしてデュエットダンスを踊るところは本当に感動的でした。

しかし、同時に思うのは、エリオット君と同時期にビリー役をやっていて映像版には採用されなかった残りの3人のこと。きっと自分も10周年記念キャストとしてビリー役をやりたかったろうし、映像にも残され立っただろうなと思うと……、うーん、切ない、けどこれから頑張れ! と余計なことまで考えてしまったり(笑)。でも、歴代のビリー役の人が一堂に会して見事なダンスを繰り広げるのを見ると(私が見たレオン・クックも当然出てきた! 大人になってた!(笑))きっと子役時代に主役をやっていてもいろいろな人生が待ち受けているんだろうなと思うけれど、でもこうして皆で踊って輝いていることがとてもかけがえがないなあと思ったりしました。

今調べてたら、おばあちゃん役のアン・エメリーさんは初演の時からのキャストなんですね。ああいう、ご年配の脇役でしっかりキャラクターを出した演技をしながら、ちゃんとミュージカルの役として存在していられる方がいるところが、欧米のミュージカル界の層の厚さで、そこはなかなか日本のミュージカル界では太刀打ちできない部分なんですよね。(ミュージカルをやっている歴史の長さの違い、といえばそれまでなんですが)

当初、東京では今日27日までの上映とのことでしたが、来年1月9日からの再上映も決まったとのこと。なんとかもう一度は見に行きたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/25

ジーザス・クライスト・スーパースター

NHKBSで放送になったものを録画していたのでチェックを…と思って見始めたが、ついつい見入って全部見てしまいました。

初めてこの作品を見たのは高校生のとき。宝塚以外の一般の舞台で、初めて自分をお金を出して買った舞台だったと思います。キリスト教の学校に行っていたので題材が親しかったというのもありますが、遠い偉人の物語だったものが、初めてリアルな肉体を得てイキイキと躍動し、苦悩している姿に大変衝撃を受けました。

それ以来何度となく見ている作品で、映画版も見ているのですが、改めて見ると…すごい作品ですよね。

ミュージカルのオーバチュアーとロケ隊が現地に着いて撮影を始めるというのがクロスして、自然と物語の世界に入っていくオープングは特にすごい。

今、改めて見直すと、ジーザスの激しく研ぎ澄まされた生き様はもちろん、周りの登場人物一人ひとりの苦しみが棟に迫ります。ジーザスを愛するがゆえに裏切らねばならなかったユダ、ジーザスに「お前は三度私のことを知らないという」と言われた予言のとおりに「ジーザスなんか知らない」と3度言ってしまうペテロ、ジーザスのことを本当は処刑したくないのに周囲に押されて磔刑を命じてしまうピラト……。人間という存在のはかない弱さが実感を持って感じられて、見てるだけで胸が痛くなるのです。

余談ですが、この間善光寺のご開帳に行ってきて、門前町の賑わい、というか商業的な雰囲気に、「ジーザス~」で神殿に祈りに来たジーザスが商売人たちを追い払う「ここは私の祈りの庭だ~、出ていけ~!」という歌が頭に浮かんできて仕方がなかったのですが(苦笑)。人が集まるところには商売が生まれるのは当たり前だし、もちろん善光寺名物おやきは美味しいし(笑)、それを楽しみにすることもいいんだけど……、人間は2000年前からちっとも変わってないということかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/06

斉藤さん

私の弟の家から歩いて2,3分のところでよくロケをしているというので、我が家近辺では超話題の(笑)日本テレビ『斉藤さん』。(姪は2回もロケに遭遇して、観月ありささんを観たらしい)

そんな興味もあって、ドラマを見始めたのですが、ふとエンドロールを見たら、脚本がMONOの土田英生さんなのですね。

そういわれてみれば、日常生活にあるふとした居心地の悪さとか、善悪に割り切れないゆらめきとか、集団と個の関係とか、土田さんらしいところがいっぱいのドラマです。

(先週は違う人の脚本だったので、毎回土田さんというわけではないようですが、メイン執筆が土田さんらしい←日テレのホームページによると)

ドラマには幼稚園の気弱な園長さん役で古田新太さんも出ていて、「古田さんも近くに来てるのか??」と色めき立ったのですが、幼稚園は違うところで撮影してるみたいです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/25

ヴォイス・オブ・ヘドウィグ

ゲイ・レズビアンのための公立高校「ハーヴェイ・ミルク・ハイスクール」へのチャリティのため、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のトリビュートアルバムを作ろう、ということで、有名ミュージシャンによる録音の過程とハイスクールの学生達を描いたドキュメンタリー映画です。
東京はライズXにて公開中(11月2日までのよう)。「ショートバス」とどっちかと悩み、とりあえずこっちを見てみました。「ショートバス」劇場公開中に見られるかなあ…。

今回NYに行って舞台を見ていてちょっと気になったのが、「キューティー・ブロンド」も「春のめざめ」もゲイの人の描き方が「笑い」という形だったことで。もちろん「RENT」は当たり前のこととしてシリアスに描いているのですけど。

でも、アメリカでこれほどゲイに対する差別意識が根強くあるとは、この映画を見て初めて知りました。
学校でゲイの子に対するいじめがあって、それを教師に訴えても「ゲイだから悪い」と言われるとは……! ううむ、信じられん。
私個人としてはゲイでもストレートでも、それはミュージカルが好きか歌舞伎が好きか、という程度の違いでしかないよね、と思っているので、これほどひどく、親からさえ理解されず差別意識を持たれてしまうということは相当に衝撃的でした。

4人の学生がドキュメンタリーでは取り上げられているのですが、彼らがカミングアウトした後の親の対応が様々で…。「何があろうと自分の娘であることには変わりない」と親が受け止めてくれる東洋人に対して、宗教的な戒律に反するから、と結局親との関係を断ち切らざるを得なくなる人や、ゲイの高校に入ってさえ、卒業式では親からズボンを履くことを強制され、髪を無理やり切られて卒業後に自殺未遂を起こしてしまう男の子や……。
(いや、もちろん、その親は親なりにその子のことを親身に心配しているが故に、そうしてしまうのでしょうけれど)

胸が痛くなった。ホント。
本当に一人一人が、ヘドウィグなのだなと。最後の卒業式の場面でシンディ・ローパーが歌う「Midnight Radio」と重なるところはもう涙が止まらない。人は皆孤独だけれど、でも、なんとか自分の足で立っていかないといけないし、「ヘドウィグ」のメッセージがこの子たちにも(そして私にも)響くといいなあ、と切に思いました。

ちなみに上に書いた東洋人の子。はじめは顔のアップばっかりで普通の子だなあ(何か顔が小さいから、背が低い子?)と思ったら、全身映ると10頭身くらいの信じられない体型をしてて。モデルにスカウトされて、帰ってから調べたら今もアナスイのショーモデルなどで活躍しているらしいのですが。その子がモデルになった後、「レズビアンとかモデルとか、自分をカテゴリーで見ないで。私を見てほしい」ということをつぶやいていて、その切ない表情が印象的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

4月に見たもの、いろいろまとめ書き

4月は『ザ・隅田川』はじめ、バラエティに富んだ面白い作品が目白押し! まとめ書きになってしまいましたが、いくつか記録に残しておきますね。

シアター・コクーン『四谷怪談』
南番で拝見。2時間じっくり芝居を見せて、最後は怪談物らしい盛り上がり(?)で、四谷怪談なのにスッキリした気持ちで帰れるような舞台。
もう終わっちゃってるのでいわゆるネタばれをしてもよいかと思いますが、客席の床からお岩さんが飛び出してくるところの横の列だったので、アップでお岩さんを見てしまいました(笑)。私たちよりもっと近い席の人は本気で驚いていた。
お岩さんて、敵討ちのために仕方なく伊右衛門と一緒にいる……と解説書とかに書いてあることが多いのだけれど、勘三郎さんのお岩さんは伊右衛門を愛してるよねえ。

しかし、最初にコクーンで見たときは平場席でも大丈夫だったんだけど、今回は平場席はしんどかった。トシか(^^;ゞ。

SISカンパニー『父帰る』『屋上の狂人』
もちろん全然チケットなどなかったのですが、ありがたいお誘いを受け同行。大変緊密で素晴らしい舞台でした。
30分で濃縮した形でドラマを生み出す力を感じました。私としては、『父帰る』のほうが好きだったかな。草なぎ剛さんは、父親がいなくなって家長として頑張ってきた自負やつらさ、突然帰ってきた父親に対する怒り、と奥底にある愛情をその自在な演技力で余すところなく見せていました。
終演後に同行させていただいた方についてちょっと楽屋にご挨拶にうかがわせていただいたのですが、共演している役者さん(草なぎさんよりずっと年長の方なのですが)も、「彼(草なぎ君)は本当にすばらしい役者ですよ。常にニュートラルでいて、演出家の言うことを聞いて瞬時に変えられるんです」ととても褒めてらっしゃった。
演出の河原雅彦さんが意外なほどまっとうにストレートにこの作品に取り組んでらっしゃるご様子が、とても好もしかったですね。

『愛の讃歌』
エディット・ピアフの生涯を美輪明宏さんが演じる舞台。
もう、なんというか、「美輪明宏という唯一無二の生き物」を目の当たりにした、というそんな感じの舞台です。
(『黒蜥蜴』とか他の作品よりもそういう印象が強いですね。美輪さんの脚本だからかな?)
1幕目はピアフが世に出る前の話で、劇中シャンソンを多く歌うのですが、シャンソンはある意味一人芝居だな、と。その演劇性、芝居っ気が美輪さんが歌うとよく伝わってきました。
特に2幕最後の、恋人マルセル・セルダンが死んだ後に歌う「愛の讃歌」の激しさは、本当にすごかったと思う。

(余談ですが、私の隣に見てた女の子が「へえー、この人って実在の人物なんだ」「あ、そうなんだ~」と言ってるのを聞いてすんごくビックリしました。うーん、エディット・ピアフって知らない人がいるのか……)

映画『RENT』
舞台で見たことがなかったので、今回で初見。配役を知らずに映画館に向かったのですが、私がブロードウェイで見てきた『アイーダ』のアダム・パスカルや『WICKED』のイディーナ・メンゼルが出てきてまずびっくりした。彼らがブロードウェイ『RENT』のオリジナル・キャストだったんですね。
ブロードウェイでのオリジナル・キャストをほぼそろえる、ということで、作品が最初に作られた熱気を伝えようという制作陣の主旨だったようです。

アメリカで公開されたときは「仕事探して、家賃(RENT)払え」という非常にもっともな(そういっちゃ身もふたもない)批評も出たそうですが、良い意味で、この作品が本来持っている「青臭さ」がよく出てる映画だなと思いました。「SEASON OF LOVE」とか今もなんとなく口ずさみたくなるような名曲が多いですね。
今年8月にNYに行こうかと思ってるんですが、そのときは「RENT」見てみようかな、と思います。

イディーナ・メンゼルはもともとすごくパワーがある女優さんだったんだなとそのoriginを見た思いです。

これ、15年前のイーストヴィレッジを舞台にその模様を再現してるんですが、15年前と今のイーストヴィレッジって雰囲気がまったく違うんだなあ、と思いました。今はあんなに小汚くなく、普通に食事とか買い物とかできる町になってるんですけどね。ロンドンって15年前と雰囲気は今と殆ど変わってない気がするけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/18

ボーイ・ジョージ出演『TABOO』

私にとっては宿願の……ともいうべきミュージカル「TABOO」の映像版を見てきました。
一昨年NYに行った際に見ようと思っていたのが見られなかったのです。それもきっと長く上演されないだろうと踏んで、早めの出発の予定を立てたのに、到着3日前にクローズしてしまったという(笑)。劇場前を通ったらまだ写真看板が残ってたのも余計に悔しくて、写真も撮らなかったっす。

さて、内容は80年代のブリティッシュ・ロックシーン。カルチャー・クラブのボーイ・ジョージの台頭と麻薬による凋落を描くという触れ込みだったんですが……、うーん、物足りないなというのが正直なところ。ボーイ・ジョージメインの話という予想でいったんですが、そうでもなく、それをとりまく人々、そして、リー・バウリーの当時のブリティッシュカルチャーを引っ張っていた奇人と、多くを描いてる作品なんですね。
しかもそのリー・バウリーを現在のボーイ・ジョージ本人が演じてるので、話の中心が二つに分裂してる感じがしちゃうのです。

ボーイ・ジョージ役の人は本当に当時のボーイ・ジョージそのままの美しさでビックリしちゃうんですが、当時のボーイ・ジョージには時代を切り裂いていけるだけのカリスマ性とすごさがあった。それを芝居の中で描かないのはもったいないんじゃないかと。(歌で恋人を「she」と歌うのを拒絶した、というエピソードはあったんですが、それだけじゃ弱い)
あの頃のボーイ・ジョージはすごかったんだよ、と思うと、なんかそれを今の人に伝えられないのはもったいない気がしちゃうんですね。
ボーイ・ジョージ役のユアン・モートンも雰囲気は出していただけに、なんとも惜しい感じがする作品でした。

最後にとんでもなく素直な(日本人的)感想。80年代のボーイ・ジョージにそっくりに扮装してるモートンのところに、リー・バウリー役のボーイ・ジョージ(本人)が現れるのを見て、「ううっ、“往年のスターの物まねをしてるところに、往年のスターご本人が現れて、並んで歌っちゃう”物まね番組のようだ……」

どうもすみません。ボーイ・ジョージさま。(しかし、最近もまた麻薬で捕まってしまったので、なんとも悲しい……)

ああっ! もう一つ。パンフに80年代初頭のロンドンミュージックシーンの話が載ってたんですが、一つ訂正したいことが。 「JAPANはニューロマンティックじゃないぞ~!!」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/11/29

「TABOO」が!

昨年の2月にNYに行ったときにタッチの差で見られなかった「TABOO」。ボーイ・ジョージをモデルにしたミュージカルで、ボーイ・ジョージ本人も出演してたミュージカル(ボーイ・ジョージ役は別の人がやってるんで、なんかややこしい設定)で、劇場前を通りかかって残っていた写真看板を物悲しく見た(笑)のを覚えてますが……。

なんとなんと! そのライブ映像が12月24日よりシネマライズで公開されるそうです。詳細はコチラ
こんなことがあるんですねぇ。結構ビックリしましたが、見に行きたいなと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/05

ゴールデンウィーク中(^^)

爽やかなゴールデンウィークですね。
ちょっと間が空いてしまいましたが……、実はゴールデンウィーク中に体調を崩して寝込んでました。こんなに寝込んだのは結構久しぶりで、なんか爽やかなお天気に似つかわしくない(^^;ドロドロな感じのGW前半でございました。

寝込む前にはいろいろ見てたんですけどねぇ…。

※大地真央さん『トスカ』
いや~、見ごたえがありました。今までの大地さんから脱皮したような感じさえします。トスカがスカルピアを殺した後のどこか酷薄さが漂う表情とか、(実は処刑されて死んでるけど、トスカは気がついていない)恋人に向かってこっそり話しかけるシーンとか、「女の中の女」トスカがそこには息づいてました。


※『黒蜥蜴』
ル・テアトル銀座で見たんですが、こんなに満席のル・テアトルを見たのは初めてです。劇場の壁には赤い花?で形作った黒蜥蜴のオブジェ。そして、劇場内の木の廊下には赤絨毯が敷いてありました。これって公演に合わせて敷いたんですよね? パルコ劇場の廊下を真っ赤にしたのも美輪さんのご意見からだそうですが、非日常空間を劇場からも演出されてるところがとても美輪さんらしいなと思います。
2幕の終りの歌舞伎のわたり台詞調のところが、さらに大げさに時代がかってますし、一幕のラストの変身シーンは相変わらず鮮やかです。美輪さんの美学がいっぱいに詰まった黒蜥蜴でした。カーテンコールがとても美しい。

※映画『阿修羅城の瞳』
うーん、2000年、2003年の演舞場版の印象が強すぎたのか、映画の世界にうまく入っていけないワタシでした……。大倉孝二さんと皆川猿時さんが出てるのを知らなかったので、ちょっと得した気分に(^^)。劇中劇の金丸座の場面はステキでしたね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/04/03

美しき日々最終回&骨髄バンクについて

テレビの内容のことでマジに書くのもどうかとも思うんですけれども…あえて書くことにします。
韓国ドラマ『美しき日々』昨日が最終回でした。実は半年間見続けていた私です。
ラストはチェ・ジウ扮するヨンスが慢性白血病になり、日本の骨髄バンクから適合者が見つかって骨髄移植を受けて寛解する…というものでした。
私は母親が白血病に近い病気でしたので結構リアルな感覚で見ていました。最後、治るというか寛解(医学的には「治った」という表現は使わないのです、悪性腫瘍の場合は)という結末だと先に知っていたからテレビ見てられたんですが。

医学的に見たら結構描写は変でしたけれどね(^^;ゞ。まあ、ドラマですからそんなもんかなと。

こういうものを見て考えるきっかけにする人もいると思うので。
本当に骨髄バンクに登録していただくことで、命が救われる人がたくさんいます。もしかしてこれがきっかけでそういうことを思う方がいたら、どうぞよろしくお願いします。
でもあんまり軽い気持ちで登録されても困るということもありまして。検査の費用は患者さんが負担しますし、何日か日数も掛かって仕事も休まなければいけなくなります。麻酔もしますから身体的な負担もかかります。実際に提供となると、「よく考えると、今仕事が忙しくて(とか、よく考えるとなんだかいやになってとか)できません」とか断られる方もいらっしゃるようです。
登録して断る人にとっては気軽なことでも、提供をお願いする側にとっては本当にそれで命がかかっていることなんです。
だからできたら提供者側のいろんなリスクもあることを真剣に考えていただいた上で、一人でも多くの方に登録していただけたら……と。元患者家族としては心から願ってやみません。

詳細はこちらまで。骨髄移植推進在団のアドレスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/24

続「オペラ座の怪人」…スロット

昨日書き忘れたことが。
ラスベガスに行ったときに「オペラ座の怪人スロット」がありました(@_@)。
トーゼンやってみました。
「シカゴ」のスロットなんかもあって、映画ネタのものをスロットにするのが流行っているようです。

内容はテレビゲーム式になっているスロットで、ファントムの仮面とかバラとかろーそくとかカルロッタらしき人とかの絵柄が5列回って、どれかがいくつか並ぶと当たりでお金が増える…というものです。もちろん、1回転ごとにファントムの曲が「じゃーんじゃかじゃか」(くらいまで)流れます。

途中である特定の絵柄がいくつかそろうと画面が切り替わり、スペシャル画面?が見られます。
私が見たのはオペラ座の地下湖画面。そこでろうそくが4つくらい出てて、どれかを画面をタッチして選びます。はずれだとそこで終り。当たると更に地下湖の中に進み、お金がたくさん出てくる……というものです。

本当はスペシャル画面ももっといっぱいあるんですが、私の財力が続きませんで(^^;それしか見られなかった。
ファントムの曲がいろいろ流れるし、なかなか面白かったですよ。

映画を見た今では、もう一度やってみたいけど…ラスベガスまで行かないとできないよねぇ(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)