« 2017年6月 | トップページ

2017/09/28

あやめ十八番 『三英花 煙夕空』

観劇したというよりも「目撃」したとでもいうような。
大正時代に建てられた平櫛田中邸での公演。平櫛は彫刻家で、22年かけて六代目尾上菊五郎をモデルとした鏡獅子像を作った人。(中村勘三郎さんが平櫛の彫刻から六代目の鏡獅子に迫る…というドキュメンタリー番組を以前見たのが印象的→コチラ

そんな物作りへの情熱と執念がこもる平櫛のアトリエで上演されるのは、物語る「物」たちの話。
温度的な暑さだけではない、濃密な空気がこもるアトリエで、わずか20数名の観客が場を囲み、繰り広げられる物語に息を飲む。

大正時代。目の見えない骨董商、尼子鬼平の師である織部が殺された。織部の死の謎を解くべく、鬼平は日本刀、壺、幽霊絵の日本画に話を聞く。
ストーリーは芥川龍之介の『藪の中』のような要素(事件を解き明かそうとするが、三者の説明が食い違う)をはらみつつ、謎解きの後、急転直下で物語は進んでいく。

時代物でちょっとぞっとするような感覚があるあやめ十八番の作品……というと、『伊勢系 水巴』、そして堀越さんがコロさんに書いた『肥後系 麗月』(私は未見)だろうか。こちらは共に一人芝居。
物が擬人化する作品では、「病院」と同棲生活する男の話の『伊勢系 薄化粧』があった。
これらの作品の流れを汲みつつ、演劇的には大きく発展したのが今回の『三英花 煙夕空』だろう。

当日パンフレットには「モノに魂が宿ったら、面白い」と作・演出の堀越涼さんの言葉があった。
もちろん実際には、モノは語らないし幽霊もいないけれど(←身も蓋もない表現で申し訳ない)、でも、観客は「モノに魂が宿ったら……?」というフィクション(いわば、大風呂敷)に身を委ね、「物語」の世界に没頭する。そんな演劇的なダイナミズムにあふれているのは、平櫛のアトリエや日暮里駅から谷中墓地を通る会場への道筋という周到な借景、堀越さんの物語の世界に否応なしに観客を導いていく力強い脚本、影絵などを用い、空間を生かした緩急ある演出によるものだ。

そして、役者を生かすということ。

鬼平の島田大翼さんの輪郭のはっきりした演技は、どんな時代設定にも負けない気骨がある。島田さんはオペラシアターこんにゃく座の役者であり、ストレートプレイの経験は殆どないと聞いて驚いた。そういう人材を見つけ出し、適材適所で使えるのもあやめ十八番、堀越さんの手腕だろう。
万年壺の村上誠基さんの達者さはいわずもがな。人間でない「物」を演じるのってどうなんだろう…?と思うけど、含羞のあるキャラクターを見せた。
大脇差にっかり平左兼正の小口ふみかさんはあやめ十八番の出演を重ねる毎にどんどん魅力的な役者になっていくし、出演者四人と思いきや、音楽監督の吉田能さんは見たこともない楽器を生演奏をするだけでなく、役者としても出演。刑事西田昌造の老練な感じが意外で面白い。吉田さんはさらに照明も操作して八面六臂の活躍だ。

幽霊絵のお駒と回想シーンでの織部の娘のはる役を、あやめ十八番座員の金子侑加さん。堀越さんは金子さんの魅力をうまく生かす脚本を書くなあ、と改めて思う。今回も嫋嫋しい風情ながら、一転して女性の違う一面を見せるところに凄みがあり、お駒とはるがいわば裏表のようになっているのも効果的だ。

現実と空想のあわいで始まった物語はストンと終わり、観客は暑い夏の終わりの現実に戻り、また家路に着く。普通の道を歩いていたはずなのに、いつの間にかお墓の中を通っている不思議さまでが芝居の続きのようにも思える。珍しい経験をした。
(9月26日初日公演を観劇)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ