« 2017年4月 | トップページ

2017/06/03

ミュージカル『パレード』~This is not over yet(まだ終わりじゃない)

人生に意味ある瞬間があるとすれば、それは自分の中に確かに存在する見えないものを発見すること。『パレード』を見たことは、少なくとも私の人生にとっては大きな意味がある瞬間だった。

冤罪。と聞けば「冤罪、よくない。ひどい話だ」と思う。それは当たり前のこと。では、なぜ冤罪が生まれるのか…? 正直、今までそこまで突き詰めて考えたことはなかった。

だが、ミュージカルとして目の前の大勢の人たちが意図して、あるいは意図しないで冤罪に加担している様子をありありと見て、では、もし私がこの場にいたとしたらどうなるんだろうかという気持ちが湧き起こるのだ。

たとえば、石川禅さん演じる弁護士ヒュー・ドーシーが1幕の最後にレオ・フランクの犯した罪を切々と訴えるとき、その説得力ある言葉を思わず信じそうになる。
あるいは、ヒュー・ドーシーと新納慎也さん演じるトム・ワトソンが客席に下りて激しい歌声で市民を扇動し、民衆もその言葉に乗ってしまう様子。ジェイソン・ロバート・ブラウンの音楽と歌声と動きが重なると、客席に座っている私も心をかきたてられる。「この熱狂に乗ってしまったら、私も彼らの言葉に乗って“レオは有罪だ!”と思ってしまうかもしれない」ということが自分の実感に落ちるのだ。

森新太郎さんの演出は、「民衆」という塊でなく一人一人を生きた人間として描き出す。だからこそ、「人は人に影響を与え合う」というシンプルな事実が浮かび上がる。一人の人間の発端からドミノ倒しのように真実がなぎ倒されていく様子を、ここまで説得力を持って描けるのは、ストレートプレイでなくミュージカルだから。音楽の圧倒的な力でストレートプレイでは描き切れないものを描き、頭で理解するのではなく、実感として受け止められる。

実感。今から100年以上前のアメリカという遠いお話、ではなくて、今の私たちにもありうるテーマとして力強く迫ってくる。

1913年、アメリカ南部で実際にあった少女殺人事件で、その犯人として冤罪をかけられたレオ・フランクを描いた
『パレード』は1998年のブロードウェイ初演、ロンドンのドンマーウェアハウスでの上演が2007年。日本での『タイタニック』『グランドホテル』演出のトム・サザーランドがロンドン・サウスワークウエアハウスで演出したのが2011年。2015年、ブロードウェイでジェレミー・ジョーダンやラミン・カリムルーが出た1日限りのコンサートバージョンもあった。初演から約20年。やっと日本での上演である。シリアスなテーマをストレートプレイを上回る緊密感で表現し、音楽の力とダイナミックなステージングでリアルな実感を持たせるミュージカル。
日本のミュージカルもここまで来たか、という思いは強い。

*********

「人は人に影響を与え合う」。それはもちろん悪いことだけでない。
冤罪をかけられたレオ・フランクと妻のルシールの関係にも、やはり「人は人に影響を与え合う」という命題が見えてくる。
北部から来たユダヤ人のレオと南部人の妻ルシール。初めはすべてを理解し合った夫婦ではなかった。しかし、冤罪をかけられ、究極の状況に陥る中で、二人はお互いに協力し合い、絆を紡いでいく。
特に堀内敬子さんが演じる妻ルシールが、初めはただ受け身でしかいられない控えめな女性が、夫レオを助けるためにだんだん力強く、たくましく変わっていく姿は圧巻だ。

そして、レオ。石丸幹二さんのレオが冤罪に追い込まれる男性の心理をつぶさに、一つ一つを歌声に乗せて描き出す。決して「聖人」ではない、生きた人間の息吹がそこにはあった。特にTHIS IS NOT OVER YETのダイナミックさは忘れがたい。

この状況で二人が絆を結ぶ様子は感動的で、物語後半、希望を胸に抱いた二人が歌うAll the wasted timeは情感がこもる。

キャストの皆さんも森さんの演出に答え、キャラクターを色濃く描出した。
岡本健一さんのナイーブな持ち味が知事の人柄を描き出した。
石川禅さんのドーシーは、レオをただ陥れるようとしているのでなく、根本の部分で本当にそう信じているものがあるのではないかと思わせる説得力があって(それが、ユダヤ人に対する排斥意識ということか)、それが非常に恐ろしかった。
新納慎也さん演じるトム・ワトソンは人種差別主義者。存在感が際立ち、民衆を扇動させる様子がヒトラーを彷彿させる演技で印象深い。
ブルージーな歌声が重く響くジム・コンリー役の坂本健児さん。ラストの変節が心に残る武田真治さんの新聞記者、ブリット。
冒頭の南北戦争の兵士の歌声から、作品の持つドラマ性を伝えた小野田龍之介さんは殺されたメアリーのボーイフレンド役を兼ねる。終幕、ボーイフレンドと兵士を兼ねているところの意味が浮かび上がってきたのも、配役の妙(ブロードウェイ版ではこの2役を同じ人がやっていなくて、ロンドン・ドンマーウェアハウス版からそうなっているとのこと)。

***************
最後に。
http://www.playbill.com/article/think-you-know-parade-think-again音楽のジェイソン・ロバート・ブラウンと作者のアルフレッド・ウーリーのニューヨークのテネメントミュージアム(移民の歴史を伝える博物館)でやった講演での記事。
最後の方に、ウーリーが、レオの最後の場面の現場のすぐ近くにある高校生たちのプロダクションの『パレード』を見に行った話が載っている。そのとき、殺されたメアリー・フェイガンのgrand niece(甥か姪の娘)にあたる人が見に来ていて(名前もメアリー・フェイガン・キーン)、観劇後「この作品での私のおばの描かれ方のいくつかはよかったと思う。でも私は、おばを殺したのはレオ・フランクだと知っている」と言ったとのことだ。(その後ジェイソンは、今も私はレオの無実を信じているし、信じているからこそこの作品が作れたのだと語っている)

人は過去から学ぶことで、未来につなげることができる。『パレード』から得たものは、今の日本に住む私たちにとっても大きい。
THIS IS NOT OVER YET.この物語は終わってはいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ