« ミュージカル『ドリアン・グレイ』(韓国)~キム・ジュンスが深いドラマを創り出す | トップページ | 劇団水中ランナー『つぎはぎ』 »

2016/12/23

あやめ十八番『霓裳羽衣』

壮大な舞台だった。インドの神々と人間が織り成す「不幸には底がない」という話。
東京芸術劇場初進出作品として、劇場のスケールを軽く超えた壮大なスケールの話を打ち出した。
思えばあやめ十八番前作の『雑種 花月夜』は離婚した旦那さんに会うかどうかという話と劇中の虫ミュージカルで、めっちゃミクロな世界からめっちゃマクロな世界へと大転換しているので(笑)、その振れ幅の大きさには驚かざるを得ない。

インド神話から取った神々の名前、あと、「劫=一辺40里の岩を、326年に一度天女が舞い降りて羽衣(霓裳羽衣)でなで、岩がすり減って完全になくなるまでの時間を指す」という長い年月を表すたとえ話を借りて、ストーリーは作・演出であやめ十八番主宰の堀越涼さんがオリジナルで作ったものだということ。

そして、「贋作女形」芝居。
堀越さんの花組芝居での女形経験という演劇的ルーツに遡る試みでもある。
堀越さんに本公演のパンフレットの取材で伺った話では、「岩の下敷きになった女の子の話がやりたい」と思いついた→この話のスケールに合うのはインド神話くらいしかないと思いついた→さらに、大奥の話を合体させた、という順番で発想されていったということ。

まあ、最近はオールメールでやる舞台も結構ある。そして、私個人としては(元が宝塚ファンからスタートしているので)「男役十年」みたいな積み重ねてきた「芸」を見ることを尊重する、という立場もあり、贋作女形劇というのはどうだろうか……というのは見る前は若干の不安もあった。が、実際見てみてなかなか面白いものだったと思う。それは「設定を大奥にしよう」としたのが功を奏したのかな。インドの神様の話なのに全体的に歌舞伎味の強い台本であっても設定が大奥だから違和感なく、統一感が取れている。おそらくは演技として基調に堀越さんの作る女形像があり、そこからそれぞれの人の個性とアプローチで女形を作るということでバラエティに富みつつ、散漫にならないものが出来上がっていた気がする。

ギリシャ悲劇に通じるような神々の壮大な話を演じられるのは男性の力強い肉体を持ってこそだし、逆に男性がやるからこその、ちょっとした(ふふっと笑っちゃうような)おかしみもあったのもポイントになった。
千穐楽のご挨拶で堀越さんが「贋作女形劇、またやりたい」というようなことをおっしゃっていたけれど、他の劇団やユニットではできないものだと思うので、ぜひまた違う形で見てみたいなと思う。

話としては本当に不幸な話で、しかも最後の最後まで徹頭徹尾不幸な話で、そこまで行くとカタルシスがあるなあという感じ。なんだけれども、今回2回見て2回ともふっと目が潤んだのは、ソーマの死の直前に亡くなったお母さんが迎えに来る場面。不幸で塗りこめられている話の中で、純粋な愛情を娘に注ぐ母の姿が印象的で(母親役梅澤裕介さん好演)、そこに家族の愛情を貴ぶ堀越さんの視点があったように思う。

演出的な見せ方として、役者さんが動かすパネルで、岩と大奥の襖を裏表で表現するところに、ダイナミックさがあった。もう一つ、ステージ上の段に生演奏の楽隊(今回は全員役者さんと音楽の吉田能さんが演奏)がいて、彼らも神々であり、他の神々の争いを高みの見物しつつ、上界から音楽が降り注ぐいう構図が効果的だった。(サラスバティーの田中真之さんの「インドの神様」感が半端ない)今回もオリジナル音楽と生演奏、それに生効果音で作品をより立体的にした。特に、カーテンコールでも演奏される曲がインドの悠久さを感じさせる。

すべての発端となるダーキニーの笹木晧太さんは色気があって、笹木さんとしても今までにない感じを見せた。御台所パールバティー小林大介さんと姉妹役の原口紘一さん、小坂竜士さんが男性がやる女形ならではの迫力。小林さんの髭の女形も「あー、そうだよね」となぜか納得がいった(笑)。アラクシュミー(インド神話の不幸を司る女神の名前だが、邪視という設定は堀越さんが考えたものかな?)の尾﨑宇内さんの悲劇性が色濃くて、物語が深まった。ラクシュミー堀越さんは登場した瞬間から、違う世界の神という存在感が極まる。

復讐の鬼となるサントーマ・シー美斉津恵友さんは「鬼」になった変化をくっきり見せたのと、客席を通り過ぎる動きが水を滑るようでさすがだな、と。ウシャス北沢洋さんの「海千山千」なしたたかさ、老婆の熊野善啓さんの深さ。水澤賢人さんの少女アシュミタの純粋さ。ソーマの二瓶拓也さんが普通の少女が運命の糸に絡めとられて行く様が切ない。ヴィナーイカーの和知龍範さんが美しく、ラストに衝撃感。塩口量平さんのお褥滑りの側室ミーナクシーが面白く、シュクラの聡明さも。女狐ジョヌ(佐藤修作さん)の最初の台詞が「今夜」が「コーーーンヤ」になって、『義経千本桜』の狐忠信の狐言葉みたいになっていたのが面白い趣向。

力のこもった舞台だった。2時間5分の上演時間中、1時間50分くらいまで「この話はどういう先に行き着くんだろう」と思って見ていて(笑)、強い物語力に引きずられていった。あやめ十八番という団体としては、また新たなタームに到達したなという印象。

|

« ミュージカル『ドリアン・グレイ』(韓国)~キム・ジュンスが深いドラマを創り出す | トップページ | 劇団水中ランナー『つぎはぎ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/64664193

この記事へのトラックバック一覧です: あやめ十八番『霓裳羽衣』:

« ミュージカル『ドリアン・グレイ』(韓国)~キム・ジュンスが深いドラマを創り出す | トップページ | 劇団水中ランナー『つぎはぎ』 »