« 2016年6月 | トップページ | 2016年12月 »

2016/10/25

ミュージカル『ドリアン・グレイ』(韓国)~キム・ジュンスが深いドラマを創り出す

ソウル・城南アートセンターでオリジナルミュージカル『ドリアン・グレイ』を観劇した(22日マチネ・ソワレ)。
注目はキム・ジュンスさんのドリアン、パク・ウンテさんのヘンリー、チェ・ジェウンさんのバジルという布陣。そして演出家イ・ジナさんの手腕。
イ・ジナさんは以前『ヘドウィグ』を見たとき、キム・ジェウクさん主演時と別の方の主演時でまったくアプローチと演出を変えてきて、なおかつ本質に迫っていくスタイルを取っていて、感嘆させられた。(← 2011年観劇時のブログ「韓国版『ヘドウィグ』」参照)
今回は、キム・ジュンスさんというキャストを得て、ジュンスさんの個性と特技を用いてドリアン・グレイという人物像を浮き彫りにする。(ショーアップ目的で本人の個性を生かす、ということでなくて、役者の個性を通して役柄により深くアプローチしようとしてらっしゃるのだと思う)

なぜタイトルが原作どおりの『ドリアン・グレイの肖像』でなくて『ドリアン・グレイ』という人物名になっているかというと、肖像の変化という怪異譚でなく、ドリアン・グレイという人物像を描き、そこに「良心との葛藤」という普遍的なメッセージを込めたいからはないか、と想像する。

そして、オリジナル・ミュージカルということ。私は日本では宝塚の紫吹淳さん主演版、スタジオライフのオールメール(男優のみ)版、山本耕史さん主演の出演者が6人のみのバージョンとを見ているが、観念的な内容の原作はミュージカル化するにはハードルが高い演目だと思う。今回の韓国版は工夫を凝らし、豊かな音楽と想像をかきたてる映像を交えた美術で、クラシックな雰囲気の中に現代的な要素を盛り込んで、現代に通じる作品として仕上げた。

特に印象に残るのは、ドリアンと最初に出会ったヘンリーが唯美主義を歌うナンバー。このメロディを続けてドリアンが歌うことで、唯美主義の考えがドリアンの心に浸透していっているということが表現され、観客も理屈でなく実感として受け止められる。ミュージカルならではの表現で、この作品をミュージカルにした意味があった。このメロディはドリアンの死の直前のソロの中でも一部歌われて、ドリアンの20年の軌跡も感じさせるのだ。

***
ドリアンは、友人の画家バジルが描いた肖像画を見て自分の美しさに気付く。唯美主義を実践するヘンリーの感化を受け「自分の代わりにこの絵が年を取ればいいのに……」と願ったドリアンの言葉が現実のものに。ドリアンの美しさはそのままに、肖像画がドリアンの悪事の代償を引き受けて醜くなっていく……。
作者のオスカー・ワイルドは「ヘンリーは世間の人から見た私、バジルは私が自分自身だと思う私、ドリアンは自分がなりたい私」と書いているが、この舞台でもこの3人を中心としてストーリーが進んでいく。

キム・ジュンスさんのドリアン・グレイ。
これまでのミュージカルにおけるジュンスさんは、たとえば『エリザベート』のトート役での登場シーンでエリザベートの肖像画をずっと見つめて、客席には後ろ姿を向けていたり、『デスノート』1幕ラストで高所の手すりに飛び乗ってしゃがみ込み、不安定な世界をL役として象徴して見せたり、と独自の感性とアプローチで役柄を体現してきた。今回のドリアン・グレイ役では演技者としてさらに深みを見せた。
純粋な青年がヘンリーによって唯美主義を吹き込まれ、悪事を重ねながらも自身の美しさは20年も保ち続ける……という役だがそのときどきに表情を変えて、人物像を明確に浮かび上がらせる。
特に、純真な姿からスタートした1幕と悪の世界に身を浸す2幕の違いが対照的だ。この二面性の浮かび上がらせ方は、作者オスカー・ワイルドが一つの事柄に常に二面性を与えていたこととも重なり合う。

上に書いたイ・ジナ演出が「役者の個性を通して役柄により深くアプローチする」という点では、ジュンスの得意とするダンスをミュージカルにも取り入れた。最初の登場シーンでショパンの曲に載せたダンスではドリアンのピュアな内面を表し、1幕のラスト「Against Nature」では自然の摂理に逆らったでも唯美主義を体現したいと願う激しい思いをダンスにぶつける。2幕冒頭の肖像画の影とドリアン自身との葛藤をダンスに表現するシーンは、物語上でもとても効果的だった。

ジュンスさんは今回のドリアン・グレイを演じるにあたって「さまざまな翻訳の原作を読みながら、1か月かけて俳優や演出家、作家たちと台本の内容を一生懸命勉強」したとのことだ。(先日、翻訳家の松岡和子さんに取材させていただいたとき「蜷川幸雄さんが翻訳戯曲を演出するときは、自分が使う台本だけでなく、あらゆる翻訳を手に入れて読んだ」というエピソードを語ってくれたのだが、それに通じるものがあると思う)深く物語をとらえようという努力が、ドリアンを演じる上での表現の多彩さや深みにつながったのだろう。特に2幕のラストシーンでの長いソロナンバーに、ドリアンに宿る様々な心理があふれ出た。ドリアンの人生がそこに凝縮し、大きなドラマを生んだ。

パク・ウンテさんのヘンリーは、彼の唯美主義の思想を歌で表現するという役どころであり、確かな存在感を放った。20年の経過を演技で見せたもらえたら、よりよかったかと。日本では『スリル・ミー』の「私」役で知られるチェ・ジェウンさんはバジル。バジルの人柄がにじむ演技で好演。ドリアンのジュンスさんと、三人のトライアングルで見せる舞台だった。

作品中で気になるところをあげるとすれば、ドリアンが恋するシヴィルの設定。原作の場末の女優でなく大劇場の女優にしたのは、見栄えの問題を考えてかもしれないけれど、「醜の中に美を見つける」という原作に描かれた対比が生きてこない。恋をしたシヴィルが演技下手になる…というシーンが戯画的に描かれているのも、個人的にはあまり好みではない。チェコで撮ってきたという映像は概ね美しいが、本人が歌っているところでご本人の映像が大写しになるのは、せっかく生身で演じている方が見辛くなってしまうので、一考を要するところ。

話がそれるが、日本では大劇場で上演される、日本人スタッフによるオリジナルミュージカルは非常に数少ない。(今年だと『DNA SHARAKU』くらいか? 『王家の紋章』はオリジナルミュージカルの新作だが、作曲はリーヴァイさんだったし)それだけオリジナルミュージカルを作るのが大変だということだし、これだけの上演規模とレベルの高い音楽、美術、演出とで新作『ドリアン・グレイ』を生み出したパワーには感服する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年12月 »