« あやめ十八番『ゲイシャパラソル』 | トップページ | ミュージカル『ドリアン・グレイ』(韓国)~キム・ジュンスが深いドラマを創り出す »

2016/06/04

あやめ十八番『江戸系 諏訪御寮』

漆黒に黒を塗り重ねたような、闇。
そんな深い闇を感じさせたのがあやめ十八番初の再演作品となる『江戸系 諏訪御寮』。
脚本は初演当時のままとのことだが、美術は初演の床面に大きい陰陽マーク(勾玉形の)と二角を白い障子が囲むものから、今回は同時上演の『ゲイシャパラソル』と共通の、正方形の黒い舞台に(客席二面)。LEDで鮮やかな色合いを印象付けた『ゲイシャ~』とは対照的に、この「漆黒」が、「鬼が死んだ赤ん坊をよみがえらせる」命を借りる物語でもあるこの作品を、さらに際立たせる。

初演は2014年で、そのときの感想はコチラ(「ある意味、EVERYTHING IS RENT~あやめ十八番『江戸系 諏訪御寮』を見ました」)。十六島にある鬼の伝説と「拝み屋」の諏訪家と篠塚家の物語、拝み屋の過去の怪異譚が絡み合うストーリーはもちろん同じだけれど、総合的な見せ方が洗練されて、音楽との緩急などから、複雑な筋立てをよりわかりやすく見せられるようになった印象(私が、堀越さんの作風を見慣れたせいかもしれないけど)。
また、お線香の匂いがするお札とか、火鉢の使い方とか、現実に根差したリアルな描き方、というか、リアルの演劇へのすくい上げ方もうまいなあ、と思う。

いろんな要素がある物語の中で、初演の感想にも書いたとおり、堀越さんの死生観、喪ったものたちとどう向かい合うのか、というのが個人的には印象に残る。
喪われたものは、いつか、かえってくるのだろうか。
2時間の物語にたゆたう内に、そんな思いが浮かんでは消えていく。

さて。演者では、御寮さん役の金子侑加さんが日本人形のような外見と「神性」さえ感じさせる演技で、鮮烈な印象を残した。土佐まりなさんの「少女」と美斉津恵友さん諏訪家次男春平との恋が瑞々しい。

劇中、扉をコツコツと叩く音にぞくっと背筋が寒くなるものを感じる。「怖い話をやろうというわけじゃない」と最初の口上で堀越さんが言っているけれど、心の中に素朴な恐怖心(畏怖心?)がかき立てられて、そんな心の隙間に物語のあれこれがしみわたっていくような舞台でもあった。

新たな代表作となるであろう新作『ゲイシャパラソル』と初期の代表作『江戸系 諏訪御寮』で、演劇的成果は高かったと思う二作品同時上演だった。

公演は5日まで、サンモールスタジオにて。チケット完売で、キャンセルが出たときのみ当日券が出るとのこと。


|

« あやめ十八番『ゲイシャパラソル』 | トップページ | ミュージカル『ドリアン・グレイ』(韓国)~キム・ジュンスが深いドラマを創り出す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/63729861

この記事へのトラックバック一覧です: あやめ十八番『江戸系 諏訪御寮』:

« あやめ十八番『ゲイシャパラソル』 | トップページ | ミュージカル『ドリアン・グレイ』(韓国)~キム・ジュンスが深いドラマを創り出す »