« 新派の新しい財産となるべき作品~『糸桜』 | トップページ | 新宿公社『ノンフィクション』観劇しました »

2016/01/31

心に深くメッセージが沈殿する舞台~ミュージカル『手紙』を見る

東野圭吾さん原作の『手紙』をミュージカル化。犯罪者家族への差別を描きながら、それを遠くの物語でなく、「では、自分たちはどうなのか……?」と観客である私たちに突きつける。テーマは重く、具体的な解決策はない。けれど、考えることから始まるかもしれない……そんな「明かり」が見える舞台。
(以下、ラストシーンについても触れていますので、未見の方はご留意ください)

「自分たちの物語にすること」の仕掛けは演出の藤田俊太郎さんから非常に多彩になされている。それは、新国立劇場小劇場の舞台設置を「舞台=奥側、客席=入口に近い手前側」という通常のものと逆にして、「舞台=入口に近い側、客席=奥側」の配置にしたこと。通常は観客は通らない舞台を通って客席に着く形にすることで、この『手紙』という物語が「私たちの物語」であることを提示する。

そして、この作品が何故ミュージカルであるのか。それは、この重苦しいテーマの中にも「希望の光=歌」として描かれているから。兄の剛志が殺人を犯したことで、弟の直貴はミュージシャンになる夢も絶たれ、やっと就職した先も左遷、さらには子供まで差別の対象となる。それでも微かに感じさせる、差別も何もない世界(=ジョン・レノンの「イマジン」が作品のキーワードともなる)への希望が音楽として降り注ぐ。だからこそ、音楽を奏でるバンドが、ステージの上部=2階部分に位置しているのだ。

高いところから降り注ぐ音楽の元で、見える壁(刑務所の塀)に囲まれた剛志と、見えない壁に囲まれた直貴。これをステージ上のいくつかの箱型のコンテナのような装置で具現化して見せる。

三浦涼介さんは、直貴の苦しみを繊細に表現。三浦さんのパーソナリティーは存じ上げないけれど、身内に深い孤独をたたえているような感覚があって、内面の孤独と、それと共に「求めても求められないものを求める」みたいな切なさが舞台に立ち上っていた気がする。直貴の心の揺れが手に取るように伝わってきて、胸を掴まれたし、ずっと彼の孤独に心が共振した。語弊がある書き方かもしれないけれど、他のキャストのミュージカル的な歌い方と三浦さんの歌い方が異なるのも、直貴の孤独感を浮き彫りにしていたようにも思う。

様々な運命が直貴を襲う中で、塀の中でずっと変わらずにいる剛志の歌声が通奏低音のように響き渡る。無骨で純粋な、しかしそれゆえに人を傷つける存在となってしまった彼。純粋だけれど無垢ではない、という複雑さを吉原光夫さんの剛志は有り体に見せてくれた。

終幕、直貴は剛志のいる刑務所にバンド慰問で現れる。最後、もう一度歌わせて……という曲が「イマジン」。しかし、彼は歌うことができず、去っていく……。「イマジン」を最後に歌えない、というところがキーで(原作でも直貴はイマジンを歌えないまま終わる)、もしかしたら普通のミュージカルなら、「イマジン」を歌っておしまい、という劇化の仕方もあるかもしれない(←ミュージカル的にはその方が普通に盛り上がりそうだ)。でも、あえてそうせず、歌わないことが「イマジン」で歌われるような世界の実現がいかに難しいか、直貴の歩んできた道のりがいかに辛かったかを感じさせる。

そして、最後、直貴はバンドがいるステージ上部にいるのだが、直貴の右手後方の扉(つまりは、劇場の外へと通じるロビーへの扉)が開き、そこから出ていく。これは、藤田さんが師事する蜷川幸雄さんの終幕に搬入口を開ける手法のオマージュのようでもあるが、直貴が私たち観客が帰る雑踏に消えていったようにも見えて、改めて「ああ、これは私たちの物語なのだ」と痛感させられた。

「罪のない者がいれば、石を持てこの人を打て」とキリストは言ったけれど、罪人だけでなく罪人の家族までを打ってしまうのが人間なのか。もちろん殺人は決して許されないことだけれど、ではそれを裁くべきは誰なのか。ラストシーンがクリスマスだけにそんなことも思う。深く心に沈殿するメッセージが届いたし、この作品の描き方の中で最後にどこか希望の微かな光を感じさせる、ミュージカルというものが持つ力も感じた。

|

« 新派の新しい財産となるべき作品~『糸桜』 | トップページ | 新宿公社『ノンフィクション』観劇しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/63146895

この記事へのトラックバック一覧です: 心に深くメッセージが沈殿する舞台~ミュージカル『手紙』を見る:

« 新派の新しい財産となるべき作品~『糸桜』 | トップページ | 新宿公社『ノンフィクション』観劇しました »