« シアタークリエ『ドッグファイト』 | トップページ | 新しい切り口で見たwits『マクベスThe Tragedy of Mr.&Mrs.Macbeth』 »

2015/12/29

あやめ十八番ワークショップオーディションを見学しました

昨日はあやめ十八番ワークショップ(WS)オーディションの見学に伺いました。
花組芝居の役者、堀越涼さんが主宰、作・演出する演劇ユニットあやめ十八番の次回公演出演者選出オーディションを兼ねたWSです。
WSに見学者がいるのは結構珍しいことと思うのですが、見る側の人間である私もいろいろ考えることができた貴重な時間でした。

ちなみに私があやめのWSにお邪魔するのは……今度で5回目らしい(笑)。(←結構来てた)
1回目がコチラ、2回目がコチラ、3回目がコチラ、4回目がコチラ。なので1年ぶりくらいの参加でした。ワークショップの流れとかは前回などのブログを参照のこと。

はじめの20分くらい、堀越さんが劇団の目的、目指すものをだーっと語ります(不思議な体の動きしてるなー、と思ったのですが、そうするとリラックスして喋れるよ、の実例らしい)。その「圧」が強い。で、自己紹介、各組に分かれて堀越さんのオリジナル台本の一部を演じて演出をつける、最後に全組の発表。この回では来年5月に再演される『江戸系諏訪御寮』の中の夫婦の会話を演じました。


堀越さんが考えるリアルな芝居にたどり着くまでの過程を見せてもらいました。
ちょうど何日か前に『ドッグファイト』を見て、自分は芝居の何を見てリアリティを感じるのか、ということを考えていたので(←このことは、一つ前のブログの最後の方に書きました)、自分的にはタイムリーに見学させてもらった気がします。

「演技をしていないところを見せる。そのためにはテクニックが必要」
ということで、ナマなリアルさでなくて「見世物としてのリアル」を見せるためにはどうしたらいいか。

相手役との台詞の受け渡し方や台詞が聞こえるかどうか、などの具体的なことから、「なんかぐっと来ない」とかいうのまで、いろんなアドバイスをしながら引き出していこうとします。元々役者さんでいらっしゃるから、非常に実践的なアドバイスが出せるんですね。
あと、印象に残ったのは「この会話中に何も起こらないように見えて、その中で感情がボンボン爆発するものが見たい」ということかな。

芝居がなんでリアルでないといけないかというと、それは見る人にとって舞台で演じられていることが絵空事でなく、その場を共有する、共感する、追体験するようでないといけないということで。そういう共感性を大事に作ってらっしゃるんだなと思います。

そしてコミュニケーションするということ。「こうしたら?」という演出に対して、いかに柔軟になれるか。役者は変化し続けるのが仕事……と堀越さんはおっしゃってましたが、演じている役者さん同士のコミュニケーション、のみならず、演出家対役者のコミュニケーション、さらには演者対観客のコミュニケーションを取ることを大事にしてらっしゃるんだなと思います。(演者対観客のコミュニケーション、という視点で、WSの見学者を入れてるんだな、とも)
そういう意味では、役者さん、のみながらず見学者も含め全方向とコミュニケーションを取るスタイルでやってらっしゃるWSなので、、堀越さん、身を削ってるなあ、渾身だなあ……と思います。私は一見学者にすぎないけれども、参加者の方たちが何か心にさざ波を残して帰っていってほしいなあ、と願う。


役者さんもそうだけれども、観客の立場としても「このスタイルはダメ」とかじゃなく、これもアリと受け止めて柔軟に面白がることができる心が必要だし、そうすることが舞台と客席との一体化を生むんだな、と改めて思いました。

WSは本日で終了。次回公演は5月27日~6月5日、『江戸系 諏訪御寮(再演)』『ゲイシャパラソル(新作)』の二本立て。

|

« シアタークリエ『ドッグファイト』 | トップページ | 新しい切り口で見たwits『マクベスThe Tragedy of Mr.&Mrs.Macbeth』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/62961889

この記事へのトラックバック一覧です: あやめ十八番ワークショップオーディションを見学しました:

« シアタークリエ『ドッグファイト』 | トップページ | 新しい切り口で見たwits『マクベスThe Tragedy of Mr.&Mrs.Macbeth』 »