« 女性目線と男性目線、コミュニケーションとディスコミュニケーションとかいうことを考える~『うさぎとシーラカンス。』 | トップページ | 遅ればせながら『サンタ・エビータ』 »

2015/03/18

『十二夜』のフェステとマルヴォーリオ

3月17日『十二夜』(日生劇場)を観劇。フェステの存在をキーとして演出しているように感じられた。
(以下公演内容に触れてます)

フェステの台詞で「手袋をひっくり返すように、くるりと変わる」みたいなのがあったが、確かに考えてみると、くるりと回すといろいろなものが裏返るのが『十二夜』の特徴だ。たとえば、ヴァイオラを愛していたオーシーノはシザーリオが実は女性のヴァイオラと知った途端に、急にヴァイオラを愛するようになる。あるいは、ヴァイオラと(ヴァイオラが男性の振りをしたときの)シザーリオ、ヴァイオラの双子のセバスチャンとか。
演出上でも、盆を使って回る舞台美術や、終幕のセバスチャンとヴァイオラが再会するシーンで二人がくるくるっと回って入れ替わることもそうで、「唯一の真実と見えていたものが、くるりと回ると新たな真実が見えてくる」様子を、ジョン・ケアードは具現化して見せているようだ。

そして、フェステが「くるりと変わる世界」を道化という立場から見つめる。それは、ヴァイオラの台詞で「阿呆では道化は務まらない。頭がいいから阿呆の振りができるのね」とフェステを表現するが、阿呆と利口の両方を内包する道化だからこそ、フェステの視点が際立つのだと思う。
冒頭のやや足を引きずった登場シーンも非常に印象的(なんだけど、何を意味してるのだろう? それまで別の場所に行っていたという旅路が辛かったということかな??)。フェステの終幕の歌に深い余韻が残る(何か『夏の夜の夢』の「我ら役者は影法師……」というパックのラストシーンも連想させられる)。

閉じ込められたマルヴォーリオにトーパス先生にばけて話しかけるシーンでの体の使い方(ああ、ここもくるっと回ってる!)など、優れた身体性を生かした演技も見事。成河さんの演技がきっと、演出のジョン・ケアードを刺激したのだろうな……ということも感じられたのだった。

そして、マルヴォーリオの橋本さとしさん。稽古前にさとしさんに取材させていただいたが、騙されて黄色い靴下留めをつけたおかしさもさることながら(さとしさんの最高のニヤニヤ笑い(笑)!)、戯画化した描き方でなく、彼自身の切なさまでを描く。『十二夜』はシェイクスピアでは最後の喜劇だそうで、喜劇から悲劇への橋渡しとなる作品なのだそうだ。最後にアントーニオ、サー・アンドルー(石川禅さんが幅広い演技力を見せて好演)、そしてマルヴォーリオという「失った人たち」の悲しみで締め括るのも、そんな「喜劇から悲劇への橋渡し」を感じさせて興味深い。

今回の『十二夜』、非常に陰影深い作品だった。

|

« 女性目線と男性目線、コミュニケーションとディスコミュニケーションとかいうことを考える~『うさぎとシーラカンス。』 | トップページ | 遅ればせながら『サンタ・エビータ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/61300164

この記事へのトラックバック一覧です: 『十二夜』のフェステとマルヴォーリオ:

« 女性目線と男性目線、コミュニケーションとディスコミュニケーションとかいうことを考える~『うさぎとシーラカンス。』 | トップページ | 遅ればせながら『サンタ・エビータ』 »