« 新たな感動~『ビリー・エリオット ミュージカルライブ』 | トップページ | 継続する演劇集団としての試金石~あやめ十八番『肥後系 雪燈篭』 »

2014/12/28

自分をbareにするということ~ミュージカル『bare』

オフ・ブロードウェイ・ミュージカル『bare』を観劇する。【26日夜)
原田優一さんの初演出作。原田さんも何度か取材させていただいているが、役についてとても深く理解されている方だし、何よりいつも自分自身にきちんと向かい合った、真に迫った演技を見せてくださる方なので、初演出となるとどうなのか……?という興味を持って劇場へ。

カトリックの全寮制の学校で、同性愛と信仰の狭間で心を揺らす生徒を主軸に、どうしたら「bare」(心をさらけ出す、自分の心に正直に生きる)になれるかとまどう生徒たちの物語。

まず、音楽がカッコイイ。ロックの疾走感があり、演奏していたバンドもしっかりロックのグルーブ感があった。
チラシには「衝撃」とあったけど、同性愛!とかドラッグ!とか「衝撃」色を打ち出さずに、テーマに迫るようにシンプルにきちんと整理して見せたところが原田さんのセンスかなと思う。

ただ、一つ気になったのは、(これを見る前に『ビリー・エリオット ミュージカルライブ』で、本当に炭鉱労働者にしか見えない人たちが、リアリティがありながらしっかりミュージカルになっているのを見てきたせいかもしれないけれど)1幕目が若干(メイン5人以外の学生たちが……)リアルさに欠けていたかな……ということ。役だけでなく、ご自身もbareになってもっと自分の内面に向かい合っているものを見せていただけたら、よりよかったかなと思う。
2幕目になって、メイン5人のストーリーに話が絞り込まれてくると、私自身も集中して見ることができた。

でも、この作品を見つけ出して日本で上演しようと思った心意気の高さは強く感じるし、元の楽曲のパワーに自分たちのエネルギーをぶつけて、さらに高めていければどんどん成長していく作品であることは感じた。なので、さらにブラッシュアップを重ねて再演し続けていっていただければと思う。

キャストでは、岡田亮輔さんが心情の揺れ動きをナイーブに演じて、印象に残る。シスター役の小野妃香里さんがパワフルな歌声を聴かせながら、黒人でありながらカトリックのシスターである自分自身との相克をしっかりと打ち出していた。

※余談ですが、衆道の歴史がある日本と、宗教上の禁忌として考えられる欧米とでは同性愛に対する考え方が違うので、そのあたりは(いい悪いということでなくて)日本人が今回のような作品を理解するのは結構難しい部分もあるなというのも感じた。そのあたりは、一つの作品で簡単に噛み砕いて表現することもできないし、なかなか大変かな、と。
(私自身はカトリック学校歴12年で、カトリック信者ではないけど基本的なものの考えにカトリック意識がどうしても刻み込まれてるんだなあ、というのも今回の作品を見て改めて感じた)

観客側としては、このあたりを理解できるようになるためには、『ボイス・オブ・ヘドウィグ』を見るのも一つの助けとなると思う。これは『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェルがNYにあるセクシャルマイノリティのための高校のチャリティCDを製作する過程を追ったドキュメンタリー。NYのLGBTQの青少年のため学校「ハーヴェイ・ミルク・ハイスクール」の日常が描かれているのだけれど、宗教上の問題でどうしてもLGBTQの子供を理解できない親御さんとの断絶なども登場して、私自身も衝撃を受けた。ああ、このドキュメンタリーもはやりbareになることがテーマだ、そういえば。

|

« 新たな感動~『ビリー・エリオット ミュージカルライブ』 | トップページ | 継続する演劇集団としての試金石~あやめ十八番『肥後系 雪燈篭』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/60877562

この記事へのトラックバック一覧です: 自分をbareにするということ~ミュージカル『bare』:

« 新たな感動~『ビリー・エリオット ミュージカルライブ』 | トップページ | 継続する演劇集団としての試金石~あやめ十八番『肥後系 雪燈篭』 »