« 現実にある壮大な悲劇の果てに見えるもの~『炎 アンサンディ』 | トップページ | 新たな100年の扉を開けた~宝塚OGバージョン『CHICAGO』(ゲネプロ) »

2014/10/18

あやめ十八番ワークショップオーディションに伺いました

昨日、堀越涼さんが主宰するあやめ十八番のワークショップオーディションにお邪魔しました。16~19日×各日2回=全8回あるうちの17日の夜の回です。

あやめ十八番のワークショップオーディションを見学するのはこれで……4回目(結構行ってるなあ)。1回目はコチラ、2回目はコチラ、3回目はコチラ、で今回。来年4月の公演『長井古種日月』の出演者オーディションを兼ねてのワークショップとのこと。

全体的な流れは前3回と同様で、最初に堀越さんがあやめ十八番の説明と「このワークショップはゲームなどは一切行わず、台本を渡して短い場面を作り、堀越さんがそれに演出をつけるものだ」という説明をします。(あ、今回は求める演技=リアル、という話はしてなかった気が……→あやめ十八番が目指すリアルとは何か、という話は1回目のコチラに書きました)

ワークショップ拝見するのが4回目なのでちょっと飽きたりするかなあ(自分が)とちらっと思ったのですが、もちろんそんなことはなく。もちろん生身の人間がやってることですからね、そのときどきによって違うことが起こるので、3時間半非常に面白く拝見しました。

私たちの回では堀越さんの書き下ろしの台本を3人1組で演じました。内容は(堀越さんのご実家の生業である)団子屋さんの日常から後半会話におかしみが出てくる…という感じのもの。ある意味コメディ。


今回のワークショップものべ90人近くの参加者がいるそうで、その参加者全員に一人一人向かい合って、予定調和でない「リアル」な芝居ができるように演出をつけていく堀越さん。ある意味、感情がどう動くか、でなくて、どうするとリアルに見えるかという「技術」的なことを教えている部分もあると思うのですが、それを身につけていくうちに実際心が動いてる(動いてるのか、動いてるように見えてるのかは、客席側からは判断できないけど……)ようになる瞬間があって。
たとえば、しばしば堀越さんが参加者のうちの一人に代わって演技をするのですが、そうすると受け答えが急に真実味を帯びたものになったりするんですよね。

芝居というのはコミュニケーションなんだなあ、という基本に改めて立ち返ります。それは、参加者同士の芝居だけでなく、演出家とどうコミュニケーションを取るかでもあって。演出の言うことにたちどころに反応できない(うまくコミュニケーションできない)方を見ると、なんだか見てる見学者側の人間(私)の胸も非常に痛んだりします。

ここでさらに考えるのは、このワークショップに見学者がいるということ。演技をしている人同士、対演出家、だけでなく、観客側の立場の人とのコミュニケーションも、実はあるのが、このワークショップかなと思いました。もちろん、観客がいないと芝居は成立しないものなんですが、ワークショップの段階でその形にする。

例えば…、私の座ってた席がたまたま中央寄りの演出席に近い位置だったんですが、堀越さんが参加者に代わって演技をするとき、その取って代わられている人がどこに立つのか。ある方は私の前に立ったし、ある方はさりげなくよけて皆の目線に入らないところでちんまり座ってたりする。多分参加者の方の無意識の行動なんだろうけど、そういうところにも(堀越さんが大事にしてる)「慮り」が出るんだなあ、と思うのです。

そういう意味では、堀越さんがその場で演出をつけてる3人、その3人の稽古を見てるワークショップ参加者、それに見学者、と360度神経が回ってて、それぞれに言葉を届けようとしてるのはすごいことだよなあ、とも思いました。

また、もし、こういうことを書いてもいいのであれば……、堀越さんとその場で演出上うまい形でコミュニケーションが取れずよい芝居ができなかったな~とご自分で思っていらっしゃる方がいるとしたら、その痛みを共有した見学者(というか、観客)もいたことも心に留めてほしい。その場にいる人が全員一緒になって呼吸することが芝居なんだよ……と思うし、そんな芝居の根源的なことまで考えてしまう貴重なひと晩ではありました。

|

« 現実にある壮大な悲劇の果てに見えるもの~『炎 アンサンディ』 | トップページ | 新たな100年の扉を開けた~宝塚OGバージョン『CHICAGO』(ゲネプロ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/60502841

この記事へのトラックバック一覧です: あやめ十八番ワークショップオーディションに伺いました:

« 現実にある壮大な悲劇の果てに見えるもの~『炎 アンサンディ』 | トップページ | 新たな100年の扉を開けた~宝塚OGバージョン『CHICAGO』(ゲネプロ) »