« 人間的な吸血鬼の哀しい恋を描く~キム・ジュンスさん主演の『ドラキュラ』 | トップページ | 『マクベス』~子どもに見せたい舞台シリーズvol.8 »

2014/07/27

あやめ十八番『肥後系 新水色獅子』観劇しました

神社が宙に浮いている。
というのは、最初劇場に入ったときに目についたことで。舞台中央に神社のセットがあるのだが、柱が下まで刺さってないのだ。これが意味あるのかないのか、セットデザイン上の見た目の問題なのかはわからない。けれど、舞台が始まって、過去に神社で自殺した女子校教師がどうして自殺したのかを現在の時点から追っていくというメインストーリーが続く。最後に真実が明かされる話かな……と見えて、終幕に来て一気に何が真実で嘘かの境界線がわからないようなところで終わる。上ってきた梯子を急に外されて、急に身体がふわっと宙に浮かんじゃったような不思議な感覚に陥った。そう、盤石なはずの神社が宙に浮くように。(……かな?)

あやめ十八番の第四回公演となる『肥後系 新水色獅子』。あやめは結構番外公演もあって、過去作品としては私は計6本見てます。(…っていうか、第一回公演が『Love potion #9』で、その前にやっていて私は見てない『八坂七月諏訪さん九月』は第一回公演カウントじゃないのね。今、あやめのサイトを見て知った)
今回はパンフレットで主宰の堀越涼さんのインタビューを担当したこともあり、本編の半分くらいまでの読みあわせ稽古も見せていただいて、そこそこ前情報がある状況での観劇となった。

多重な構造が堀越さんの作品の特徴かと思うけれど、今回も高校教師・塚田峰人の自殺した1994年、そしてある女性が峰人の自殺の謎を追って神社に現れる年2014年、高校生たちが演じる劇中劇の戦前の話(あと、高校教師の過去の恋の話の1984年)、と割とくっきりとわかれていて、しかも黒板に「1994年」と書いてくれるので、劇構造はわりとわかりやすく提示してもらっている印象。

一方で、作品内容としての多重性はより深いものとなったかな。峰人の自殺の謎を追うこと、峰人と生徒との恋、戦争について(天皇の「終戦の詔」もちらりと)、嘘と真実のあいまいさ、モノクロームの世界から色彩の世界へ、残された文字、あるいは女子高校生の生態(?)……といろんな視点でこの作品を見ることができる。さらに通奏低音としての「死」、人間の根本である生死の問題があって。様々なテーマがリンクし合いつつ、大きな物語を形作っているのが面白い。

だから、フラッシュバックのように思い出すのは、水色獅子が出てくるクライマックスであったり、峰人と1年生の千香とのコミカルなやりとりであったり、峰人のかつての妻、仁美が峰人を後ろから抱きしめているシーンであったり、いろいろだけどそのどれもが非常に色鮮やかで。劇中で色盲である峰人が千香だけは色鮮やかに見える……という話が出てくるのだけど、彼の気持ちが追体験できるような「鮮やかさ」が、『肥後系 新水色獅子』のそこここにあったように思う。

これは印象なのだけれど、今までのあやめ十八番の作品ってどこか私小説的(芝居だから私戯曲?)というか……、堀越さんの身の回りのことを書いているっていうわけでないけど、堀越さんの中でどうしてもやむにやまれぬ、書かざるを得ないことをぐわーっと書いちゃったら、作品構造が多重になっちゃったのかなと思っていて。
でも、今回は今までとちょっと違ってる気がする。
今までは一気に作品を書きあげて直さなかったけれど、今回は先にプロットを作り、一度書きあげたものを上演時間に合わせて再構成して、書き方が変わったという話は伺った。そのせいかどうか、以前の作品よりも、ご自分が作ってるものに対する客観性が増しているのかな、というように感じるのだ。それはもちろん悪いことでなくて、継続する演劇集団として演劇を作り続けるのであれば、とても必要なことかなとも思う。(ちなみにこれが、ツイッターに書いた「団体としては新たなフェーズに入った印象」ということ)

堀越さんは「当て書きしてるんで」とおっしゃってたけれど、出演者全員のキャラクターの役柄への生かし方は目を見張るもので。全員がハマり役というか、それぞれの人の個性が引き出されるものとなってる。今まで見たことがある方はもちろん、初めて拝見する方でも、記者の田山役の星野愛さんの低体温な感じ(妙な表現でごめんなさい、でもこういう役者さんってあまりいないから貴重)とか、神社の杉田役の荒井志乃さんのがらっぱちに見せて、でも確かな芯をたたえているところとか、「これしかないよね、ぴったりだよね」と思わせる描き方というのは、特に今作においてさらに深まってる気がする(というのも「団体としての新たなフェーズ」その2)。
固定メンバーでの劇団公演でなく、メインの人たちは重なりつつも出演者が入れ替わる演劇ユニットの公演で、16人全員がハマり役って……なかなかないと思う。
役者を立たせる、ということではこのアプローチは、演者本位である歌舞伎的なものといえるか。

主演の峰人を演じた和知龍範さんは、女子生徒と大勢関係を持ってしまう、まあいっちゃえばダメ男の役なんだけど(笑)ご本人の持ち味なのか、どこかに誠実さを感じさせるところもあって、そのアンビバレンツさが魅力的。
1年生の千香を演じた木原実優さんは「モノクロームの世界の中で一点の色鮮やかさを見せる」という明確な色合いが際立っていた。台詞のある舞台をやるのはおおのの『みすゞちゃん』に次いで2度目で、しかもそのときは本当にぽつんぽつんとしか言葉を発しない役だったから、彼女の長足の進歩にびっくりするし、堀越さんの実践に即した演出力の確かさも感じる。台詞の間合いのよさはお父様(木原実さん)譲りか。

大森茉利子さんの仁美はすべてを受け止められるような愛情豊かさがあった。前作『江戸系 諏訪御寮』での御寮さん役が素晴らしかった金子侑加さんは今回もとてもよくて、劇中劇の清吉の「やあ、咲さんかい」という清々しい声が今も耳に残る(演劇部の部長、美鈴をやっているときの方が、劇中劇の男性役より声が低いんですよね。これ、なんか面白い)。ラストの水色獅子のシーンが本当に鮮やかで、有無を言わせぬものがあったなあ。教師・川尻役のもなみのりこさんの凛とした佇まいもそうだし、劇中劇の清吉の兄・勲役(前園あかりさん)の屈折、咲の友人の圭子(田島真弓さん)の愛情のドラマも、非常にくっきりとした印象に残る。劇中劇の咲役の福永朱梨さんは信じられないくらいの美少女。
堀越さんは役者としては今回は比重の軽い役に回った感じかな(でも、ああいう女教師っているよねーっていう感じの役(笑))。冒頭のフリートーク的な部分から、観客を劇世界へと飛ばす役割も。

生演奏による音楽は今回も。花掘レによるオリジナル曲が芝居と溶け合っていて、あやめ十八番の音楽の使い方としては今回が一番好きかな。最初の方に女学生役でちょっと芝居に参加してるのが妙におかしかったりもした。

次回作は来年春ごろとのこと。本作は「継続する演劇集団としての第一作」という位置づけもできると思う(今回の公演から、構成員として大森茉利子さんが副代表に就任した)ので、今後どう展開していくのかも注意深く見続けていきたいと思う。

公演は本日27日まで。8月1日よりルッキュにて本公演全編を動画配信する。

|

« 人間的な吸血鬼の哀しい恋を描く~キム・ジュンスさん主演の『ドラキュラ』 | トップページ | 『マクベス』~子どもに見せたい舞台シリーズvol.8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/60050505

この記事へのトラックバック一覧です: あやめ十八番『肥後系 新水色獅子』観劇しました:

« 人間的な吸血鬼の哀しい恋を描く~キム・ジュンスさん主演の『ドラキュラ』 | トップページ | 『マクベス』~子どもに見せたい舞台シリーズvol.8 »