« あやめ十八番 ワークショップオーディション見学しました(4月19日) | トップページ | スタジオライフ河内喜一朗さんをお見送りする »

2014/04/27

パク・ウンテさんのルキーニの真骨頂~Music Museum

パク・ウンテさんが初来日公演としてゲスト出演した『Music Museum』へ(4月26日の初回を観劇)。

私は韓国で『モーツァルト!』のヴォルフガング役(そのときのブログはコチラ)と『エリザベート』のルキーニ役(そのときのブログはコチラ)を見ている。迫力のある歌声、シャープさのある外見でとても魅力ある方(シア・ジュンスさんも「ミュージカルの先輩」としてウンテさんのことを信頼しているとのこと)で、日本で見られるということでとても楽しみにしていた。

前半はミュージカル形式、後半はコンサート形式のMusic Museumで前半のウンテさんはジキル&ハイドの「This is the moment」(韓国では「チグミスンガン」と呼ばれて人気がある曲。一般の方の結婚式とかでも歌われるそう)を歌い、コンサート形式の1曲目で『エリザベート』のルキーニの曲、「キッチュ」で登場。ご存知のとおり「キッチュ」は曲調としてはアップテンポで楽しい曲だし、コンサート形式だから単に楽しい曲として歌うこともできたはず。でも、ウンテさんは韓国版の『エリザベート』で実際に使われている衣裳を着て芝居として歌っていた。そして曲の最後。その目には一瞬にしてルキーニとしての狂気が宿った! 観劇当時「青い炎の趣」とウンテさんのルキーニを評したけれど、まさにそれが眼前に蘇るような。ゾクっとしたし、これがパク・ウンテさんのルキーニの真骨頂なのだなと改めて実感した。

もちろん迎える日本人勢もウンテさんに負けない歌唱力の持ち主。坂本健児さんは「ウンテさんへの歓声に嫉妬(笑)」と言ってたけれど、なんの(笑)。『ピピン』のオープニング曲「MAGIC TO DO」が豊かで、そしてやぱり『ライオンキング』の「サークル・オブ・ライフ」は本当にアフリカの大草原が広がるような雄大さがあった。新妻聖子さんとウンテさんの「愛していれば分かり合える」(ウンテさんは日本語で)のハーモニーが美しい。そして新妻さんの「オン・マイ・オウン」に感情があふれた。
以前取材させていただいたことがある内藤大希さん。これだけのメンバーの中も臆せず伸び伸びと歌っていた姿が清々しかった。

実はミュージカルコンサート的なものはあまり得意でない(というのは大曲が続き過ぎて、聞いてる自分がへとへとになってしまうので(笑))のだけれど、今回有名なミュージカルでも結構意外な選曲もあって、楽しく見ていられた。何より歌の豊かさを実感できる公演だった。

|

« あやめ十八番 ワークショップオーディション見学しました(4月19日) | トップページ | スタジオライフ河内喜一朗さんをお見送りする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/59542440

この記事へのトラックバック一覧です: パク・ウンテさんのルキーニの真骨頂~Music Museum:

« あやめ十八番 ワークショップオーディション見学しました(4月19日) | トップページ | スタジオライフ河内喜一朗さんをお見送りする »