« 東山義久さんが新たなダンスの可能性を問う『BOLERO』 | トップページ | 花組芝居『怪誕身毒丸』阿形組初日観劇しました »

2013/11/05

N2NのFEELING ELECTRICも歌った「NIROCK! VOL.8」~ロックテイストあふれる新納慎也さんのライブ

本日(4日)は新納慎也さんのライブ『NIROCK! VOL.8』に行ってまいりました。(会場:渋谷GLAD)
今回で3年連続参加! ミュージカル界の方には珍しい、ロックテイストのライブと一転していつも笑いが絶えないトークとで、毎年楽しみにしています。

今回のライブでの目玉は終盤に歌った『FEELING ELECTRIC』でしょうか。
ドクター役で新納さんが出演していたミュージカル『ネクスト・トゥ・ノーマル』の初期段階、オフで上演されていたころにドクターが歌っていた曲なのですが、ある段階でカットになった曲だそうです。
このドクター役は初期には『RENT』のオリジナルのマーク役、アンソニー・ラップが演じていて、私もアンソニーのyoutubeでの映像は見たことがありますが、生でこの曲を聴くのは初めて。

新納さんがアメリカで『ネクスト~』を見たときはこの曲が入っていたころだそうで(私がニューヨークで見たときは、カットされた後だった)、今回の日本上演で「歌いたい」と希望されたもののそれは叶わなかったとのこと。
しかし、「では、今回のライブでぜひ歌いたい」と作曲のトム・キットに連絡したらとても喜んでくれて、音源や楽譜などを送ってくれたそうです。
ちなみに、トム・キットは今、『IF/THEN』という新作ミュージカルを作っている最中で、『IF/THEN』にはアンソニーも出演します。日本とアメリカと海を越えて、同じミュージカルの絆でつながっているなぁ……と感じさせるエピソードでした。

ということで、初めての『FEELING ELECTRIC』、ロックなテイストにあふれるナンバーで、非常にパワーがありました。この曲があったら『ネクスト~』の世界の幅もまた広がったんじゃないかなあ、と思うくらい。
ちなみにライブの冒頭は、いきなり『N2N』のドクターの「始めよう~」の曲(というか、一節)からでした(笑)。

しかし! ミュージカル俳優の方のライブっておそらくミュージカル曲がある程度はあると思うのですが、新納さんの場合はこれのみ(これも、いわゆるミュージカルっぽい曲でなく、ロックですからね)。ノリのよいロックとイメージが広がるバラード、あと、「必ず盛り上がる」昭和の曲メドレー(笑)で構成されているのが、新納さんらしいところ。新納さんオリジナル楽曲(新作)の細やかな心情、「ピンクスパイダー」の迫力と艶やかな声などが印象に残ります。ますます表現が多彩に、歌声も深くなってらして素敵でした。

トークコーナーでの実生活のあるエピソードも抱腹絶倒。前のライブで聞いたエピソードもそうでしたが、日常生活でも普通では考えられない波乱を呼んでいらっしゃるのが面白いですよね。

来年のNIROCK!まで「死ぬな怪我すな病気すな」とコール&レスポンスする新納さんとオーディエンスの息の合ったところも楽しい、一体化あるライブでした。あ~、楽しかった!

|

« 東山義久さんが新たなダンスの可能性を問う『BOLERO』 | トップページ | 花組芝居『怪誕身毒丸』阿形組初日観劇しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/58517093

この記事へのトラックバック一覧です: N2NのFEELING ELECTRICも歌った「NIROCK! VOL.8」~ロックテイストあふれる新納慎也さんのライブ:

« 東山義久さんが新たなダンスの可能性を問う『BOLERO』 | トップページ | 花組芝居『怪誕身毒丸』阿形組初日観劇しました »