« 水夏希さん構成・演出・出演SHOW『Beyond the Door』観劇しました | トップページ | 鬼フェス2日目に参加しました~あやめ十八番・ロ字ック »

2013/09/14

上田遙30周年記念特別公演に伺いました

今日はダンスダンスダンスな一日で(笑)、夜は水さんのBeyond the Door、昼間は振付家上田遙先生の30周年記念特別公演を見て参りました。
木原実優さん出演ということで伺ったのですが、ダンスの表現する世界の大きさ、魅力を改めて感じました。
1部のBEAT GENERATIONは生のドラムスとダンサーたちの肉体が生み出す音とのコラボレーションで、非常に躍動感のあるステージ。2部の駅Stationは駅に集う男女に生まれる感情のドラマ。
3部のRokujoは六条御息所を舘形比呂一さんが踊るというもので、これがすごかった。上半身がぴたっとしたボディスーツのような衣装(下は袴を模しているような衣装)で、男性の肉体であることが明らかなのに、女性である六条御息所の心情がまざまざと伝わってくるのですね。本来はたおやかで美しい女性が恋の嫉妬に狂う切なさが、舘形さんの物語る肉体から非常に実感を持って伝わってきました。
多彩な舞台でしたが、根底にある「人間愛」を感じさせるのが上田先生がお作りになる世界なのでしょうね。

長澤風海さんの超絶技巧のダンスには目を奪われたし、中塚皓平さんのダイナミックさも気持ちよかったです。
百戦錬磨のそうそうたるダンサーさんたちの中で、実優さんは最年少に近い年齢だと思うのですが、非常にキレがよく爽快感のあるダンスを見せてくれましたね。ダンスしているときの表情が豊かで、踊ることを心から楽しんでいるのが伝わってきました。

実優さんのようにまさにこれからがスタート!というようなすがすがしいパワーにあふれるダンス、そして、舘形さんの人間の情念までもが表現される舞踊、そして、客席の心をあたたかく包み込むような豊かな表現力がある水夏希さんの踊り……と、様々なダンスを見た今日。人生の様々なポイントに、ダンスがある。私の拙い感受性も十分に揺り動かされた一日になりました。

|

« 水夏希さん構成・演出・出演SHOW『Beyond the Door』観劇しました | トップページ | 鬼フェス2日目に参加しました~あやめ十八番・ロ字ック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/58192363

この記事へのトラックバック一覧です: 上田遙30周年記念特別公演に伺いました:

« 水夏希さん構成・演出・出演SHOW『Beyond the Door』観劇しました | トップページ | 鬼フェス2日目に参加しました~あやめ十八番・ロ字ック »