« キリキリした切迫感と希望~american IDIOT(アメリカン・イディオット)来日公演を観劇しました | トップページ | 『ロミオ&ジュリエット』初日観劇しました »

2013/08/29

ニューヨークで一番感動したのはPIPPIN祖母の代役Tovah Feldshuhさん

16日~25日までニューヨークに行ってきました。自分の備忘録を兼ねてツイッター(https://twitter.com/theresonlyhere)では簡単な感想を早めにアップしましたが、ブログにも。

滞在中は10本を観劇。最終的には9作品10本ということで、唯一リピートして見たのが『PIPPIN』です。

PIPPIN王子の彷徨の物語を、サーカス小屋の劇中劇スタイルで見せる作品。華やかなサーカス技をミュージカル俳優さんたちが挑戦するのが見ものであり、その華やかな輝きの後に見せる、すべての虚飾をはぎとるような静けさ。そして、それでもマジックは続く……という終わり方。まさに「一夜の夢」というにふさわしい舞台でした。

今年のトニー主演女優賞を取ったPatina Millerさんがとても魅力的。このLeading Playerという役は狂言回し的な役で、もともとは男性がやっていた役だそうです。Patinaさんはマニッシュなスタイルで、しかも空中ブランコ技などを軽々とこなしながらとても表現力豊かに見せてくれました。日本だったら宝塚の男役だった方がやったらいいんでないかと(笑)いうようなカッコよさです。体型がアスリートのようになっていましたが、前作のSister Act(天使にラブソングを)のときから肉体改造をされたようです。

しかし、一番心に残ったのは、PippinのおばあさんBerthe役の方。本来は今年のトニー賞助演女優賞を取ったAndrea Martinさんが演じている役なのですが、私の滞在時期はAndreaさんの夏休み時期に当たり、Tovah Feldshuhさんが代役でした。

劇場に入って代役の紙を見つけてがっかりしたのは正直なところ。でも、実際のTovahさんの演技を見て気持ちが変わりました。Tovahさんは本当に役を演じることを楽しんで、役に生きることを楽しんでいることが伝わってきたので。
実際、Bertheという役はPippinに人生の楽しさを教える役どころでもあるのですが。

しかも、今回の演出ではBertheのソロシーンは命綱なしの空中ブランコを演じて、支え手になる男性はいるものの、逆さ吊りになるほどの難易度が高い技に挑戦しているのです。

Tovahさんは今までトニー賞に4回ノミネートされたほどのベテランで、失礼だけど年齢を調べたら60歳。鍛え上げた肉体というよりもどちらかというとぽっちゃりした体型をしてらっしゃる方。

空中ブランコの技を体得するまでには相当な日数がかかるはず。それも、命綱なしの演技なので、万一事故があったら生死にかかわることになります。さらには代役の出演日数がわずか9日間と決まっていて。もし自分だったら、これにチャレンジしようという勇気が持てるだろうか……と思うと、本当にTovahさんのすごさを感じました。

実際に見たTovahさんはそんな大変さを微塵も感じさせないで、とてもチャーミングに余裕しゃくしゃくで「見て! 私を!!」というオーラを前面に放ってお客様を楽しませることを最優先させていた。空中ブランコ技をしながらでも、歌の音程はまったくブレない。

実際、2回目に見たときはTovahさんの場面が終わった後はショーの途中なのにスタンディングオベーションがかかり、まさに「ショーストップ」状態になりました。(Tovahさん自身も「今日もお客様は最高ね! でも芝居を続けさせて」と言ってましたが(笑)) 私も長年舞台を見てますが、こんなのは初めて。

日本でもアクロバティック的な動きが入る舞台はかなりあります。でも、アクロバティックな技をしている一生懸命さを見せているものが大半な気がするのです。ブロードウェイでは、一生懸命さを見せるんではなく、演じている人の「芸」を見せるものなんですね。歌舞伎の世界に通じるような芸のあり方を改めて感じた、今回のブロードウェイ観劇旅行でした。

ちなみにAndreaさんは昨日からBerthe役に復帰されたとか。まさにShow must go onですね。

|

« キリキリした切迫感と希望~american IDIOT(アメリカン・イディオット)来日公演を観劇しました | トップページ | 『ロミオ&ジュリエット』初日観劇しました »

コメント

コメントありがとうございます。公開が遅くなってごめんなさい。Tovahさん、素晴らしかったですよね! Tovahさんのお人柄が偲ばれるコメントで嬉しかったです。Andrea Martinさんが降板で、TovahさんがPippinのおばあさん役の本役になられるとのことですので、ますますのご活躍を期待します。

投稿: おおはら | 2013/09/15 22:41

初めまして。ピピンでこちらにたどり着きました。
私も先日見に行ったのですが(アメリカ在住です)、代役のトバーさんの時でした。彼女のことは、大好きなテレビドラマで知っていたので私は、ちょっと嬉しかったのですが、大丈夫??という気持ちもありました。
が、本当にすごい!!!すごいとしか言えないくらいすごかったですね。
おっしゃる通り、トバーサンで、あたりだったかも!と思えるくらいです。

出待ちでサインと写真も頂きましたが、「どこから来た?」といわれ(アメリカ内ですが、元々は日本なので)「日本人です」と答えると「ありがとうございます」とお辞儀してくれました。そして、颯爽と自転車に乗って帰って行かれました。舞台後でもお化粧をちゃんとされていて、とってもお綺麗で、丁寧な方で、テレビの印象とも違い、とても親近感を覚えました。トバーさんのことを、ご覧になれていた方がいらしゃって、嬉しくなったので、コメントさせて頂きました。失礼致しました。

投稿: E | 2013/09/06 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/58084753

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークで一番感動したのはPIPPIN祖母の代役Tovah Feldshuhさん:

« キリキリした切迫感と希望~american IDIOT(アメリカン・イディオット)来日公演を観劇しました | トップページ | 『ロミオ&ジュリエット』初日観劇しました »