« 23年ぶりに見たレア・サロンガ「ミス・サイゴン」のキム~「4STARS」 | トップページ | 西瓜糖「鉄瓶」観劇しました »

2013/06/27

「伊勢系水巴」を見て演劇とは何かを考えた~Fight Alone 3rd Dチーム

エムキチビート主催による、15分の一人芝居×4人=合計1時間の公演「Fight Alone 3rd」。4人チームが全部でA~Fの6チームあるうちのDチームを観劇(26日21時)。
場所は恵比寿駅前バー。当日はお客様が満員。会場がバーなのでアクティングエリアは相当狭く、1番前のお客様だったらほんの50センチほど先で演じている形に。一人芝居だが、作・演出・出演を兼ねるものと、作演出は他の人の作品と両方あるとのこと。

演劇って何なのかという定義はいろいろあると思うけれど、客席を含めて劇空間をつくるということが演劇だとすれば、4人目に演じた堀越涼さん(あやめ十八番/花組芝居)作・演出・出演の「伊勢系水巴」はまぎれもなく「演劇」だった。

ともすれば、近すぎる、かつ劇場でない空間での演技は、演技だけが孤立してしまって客席と親和しないもの。
でも、堀越さんは登場の瞬間から観客の心をぐっとつかみ取ってみせた。冒頭は落語のスタイルで(と言ってもスタンディング&扇子なし)、いわゆる「枕」のフリートーク的な話をしながら、本筋の話へと向かっていく。舞台は大正時代、高浜虚子の弟子の渡辺水巴という実在の人物の話(実話ではなくて、創作とのこと)。めまい持ちの水巴は何年も思いを寄せる芸者がいた。めまいのような心の揺らぎと関東大震災という現実世界の大きな揺らぎが重なり合うとき、彼の芸者への愛(執着)が夢とも現実ともつかないものへと変わっていく……。

設定としては水巴が高浜虚子に語る形になっていて、観客は虚子の視点を借りながら物語世界に次第に奥深く入っていくことになる。水巴の一人語りが主だが、落語の形にならって一瞬芸者を演じるところもある。普段女形さんをやっているということもあるけれど、その一瞬の女性像が非常に際立っている。あるいは、アクティングエリアの後ろにあった木の引き戸を襖に見立てるアクションで急に空間が広がって、現代の恵比寿のバーが急に大正時代の芸者屋にタイムスリップしたような錯覚を覚える。鮮やかなイメージの連なりが想像力をかき立てられて、最後のフッと落とされる感覚も含めて、見事に「演劇」だったなと思う。

他に、かっちりした芝居を作り上げた榎原伊知良さん(THE 黒帯)の『Last Ogre Standing (at the bar)』、すみません、途中で設定が読めてしまってうまく話に入りこめなかった……の若宮亮さん(エムキチビート)の『正義』、カレーを作ることで生々しい感覚を呼び起こさせる善積元さんの『私たちの考えた私たちがもう治っているという事』を上演。

公演は30日まで。

|

« 23年ぶりに見たレア・サロンガ「ミス・サイゴン」のキム~「4STARS」 | トップページ | 西瓜糖「鉄瓶」観劇しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/57676520

この記事へのトラックバック一覧です: 「伊勢系水巴」を見て演劇とは何かを考えた~Fight Alone 3rd Dチーム:

« 23年ぶりに見たレア・サロンガ「ミス・サイゴン」のキム~「4STARS」 | トップページ | 西瓜糖「鉄瓶」観劇しました »