« 天才の栄光と葛藤をシンプル・スペクタクルに描くミュージカル~ロックオペラ モーツァルト | トップページ | 鹿殺し「BONE SONGS」観劇しました »

2013/02/24

あやめ十八番『淡仙女』ワークショップ・オーディションを見学しました

花組芝居の堀越涼さんが主宰する演劇ユニットあやめ十八番。次回公演『淡仙女』にむけてのワークショップ(WS)・オーディションの見学に行ってまいりました。2月23日、24日各2回開催されたうちの23日最初の回です。

稽古場取材にはときどき伺うのですが、大体は、長い稽古の中の限られた1時間くらいを見せていただくもの。なので、シーンを一通り作る(台本を手に取ってから演じるところまで)過程を拝見できるのは私にとっても結構珍しいことで、興味深く拝見しました。

内容は(回によって違うようですが)参加者が男女ペアになって、前回公演『Love Potion #9』からの1シーンと次回公演『淡仙女』の1シーンを演じるというもの(ちなみに、前回公演の感想はコチラ)。両方とも丸川敬之さんのギター演奏&歌がからんでくるシーンで、実際にその場で丸川さんが演技に合わせて演奏してました。

以下、レポートでなくて感想ということでざっくり印象に残ったことを書きますが(近くの見学席の方ががっつりメモしてらしたので、きっとどこかに報告が上がるんでないかと……(笑))、この回は堀越さんが所用で20分ほど遅れてらして、初め丸川さんが説明などをされてたんですが、堀越さんがいらしたら稽古場の空気が明らかに変わったのにちょっと驚きました。WS中で若干停滞した雰囲気になったときに大きい声を出されたり、全員に説明されているときの声の届く範囲と少人数に説明されてるときの声の届く範囲が違ったり。そのあたりの空間把握力(?っていうの?)が優れてらっしゃるのかなと思います。

で、堀越さんが到着早々に、あやめ十八番が目指すもの、というのを言ってらして、それは、リアルな演技の中にノイジーなものを入れていきたいと。現代口語演劇のような現実感のあるものとは違うリアル。WS中の堀越さんの言葉を借りれば「『そんなことをやっちゃうの!?』って思うところの中にあるリアル」。演劇的な飛躍がありながらも、リアルに心情に迫っていく……ということでしょうか。
それで、丸川さんの歌と曲のタイミングに合わせて芝居をしながら(演劇的な様式性、とでもいうのか)リアルな心情を作っていく…というWSをしていました。

演劇的な飛躍がありながらも心情はリアル……というと思い出すのは、やはり花組芝居で。花組は女形という一番の演劇的な飛躍があるわけで、堀越さんがこうおっしゃるのもなんとなく合点がいきます。演出するときのスタイルもちょっと加納さんを思わせる部分もありましたね。ご自分で実際に演じてみせるところとか。

そしてもう一つ、目指すものとして言ってらしたのが、テキストを大事にするということ。
各ペアが順番に演技し、そこに演出をつけていくという形でWSが進んでいきましたが、印象に残ったのは「ミニマムに(演じて)」という言葉。芝居してるとありがちな誇張をしないで……ということで、それでふと思い出したのが以前、シアターコクーン『キレイ』再演の稽古場に取材に行ったときのこと。松尾スズキさんが「台詞に意味を持たせないで」「もっとフラットに」と何度も言って演出してらしたことを思い出しました(『キレイ』は初めて松尾作品に出る方も多かったから、大人計画で演出するときとは違う内容のダメ出しをされてたと思います)。ま、松尾さんとは作ってる作品が大分違いますけどね。

WS中では、きちんとリアクションをする(=嘘のない芝居をする)ということを重視して演出されてたようです。WS参加者の方はいつもやってらっしゃる芝居と違うのか、ぎこちない感じもあったけど、演出を受けて少しずつ変わっていけてた……かな。当たり前だけど、芝居することも演出する・されることもコミュニケーションだなぁ、と。生演奏での歌と芝居がバシっと合わさると高揚する瞬間があるものだなー、と思ったりしながら、拝見してました。

ちなみに見学席には加納幸和さんも。見学席で無言なのに非常に存在感を放ってらして……(笑)、加納さんのWS参加者の演技を見つめる目が、だんだん演出してらっしゃるときの表情になってるのを、隣で盗み見していた私でございました(笑)。

『泡仙女』公演は4月17日~21日、二子玉川セーヌフルリにて。詳細はコチラ

|

« 天才の栄光と葛藤をシンプル・スペクタクルに描くミュージカル~ロックオペラ モーツァルト | トップページ | 鹿殺し「BONE SONGS」観劇しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/56832178

この記事へのトラックバック一覧です: あやめ十八番『淡仙女』ワークショップ・オーディションを見学しました:

« 天才の栄光と葛藤をシンプル・スペクタクルに描くミュージカル~ロックオペラ モーツァルト | トップページ | 鹿殺し「BONE SONGS」観劇しました »