« 25周年の集大成、でもアグレッシブ! 花組芝居「菅原伝授手習鑑」 | トップページ | 新年のご挨拶 »

2012/12/11

「ミカシュン☆ライブ ~言の葉~」拝見しました

スタジオライフの三上俊さんのソロライブ「ミカシュン☆ライブ~言の葉~」、9日の夜の回を拝見しました。
役者さんなど、普段は音楽専門でない方々のライブで新しい魅力を発掘しようとするPATA PATA☆MAM Produce Liveの第10弾となります。

今年の三上さんの舞台では『ALTAR BOYZ』での役柄への繊細なアプローチ、そして『コードギアス』のユーフェミアで情感豊かに演じて、普段は女性役を演じていない人たち主体のオールメール作品での女性役のあり方に一石を投じていたことが印象に残っています。

三上さんのソロライブを拝見するのは、昨年の「ミカシュン☆ライブ ~軌跡~」に次いで2度目。前よりもさらに力強さを増した歌声が印象的です。愛と夢、感謝と勇気……とは「アンパンマンみたい(笑)」(ご本人談)ですが、そんな思いを伝えようとするライブでした。
歌はメッセージであり、言葉を伝えるもの、ということを改めて感じさせられたステージ。三上さんがそのときどきに歌に勇気づけられた思いを皆に伝える……そういう意味ではとても伝播力があるライブだったんじゃないかと思います。

あと、客席の一人一人の人に対してちゃんと目配りがあって、お客様に対する意識(伝えようとする思い?)があるのがよかったですね。ちゃんとお客様と向かい合っている感じが素敵。

ゲストは舟見和利さん。お二人の息の合ったトーク。舟見さんは歌でなく、歌詞の朗読&三上さんの歌とのコラボ。感極まって涙するお姿も。(舟見さん、今は美術関係の学校に行ってらっしゃるのだそうで。広くアーティストとしてさらに御活躍の幅を広げられますように)

今までの感謝の思い、そして役者として前を向いて進んでいくという決意が伝わるライブでした。

|

« 25周年の集大成、でもアグレッシブ! 花組芝居「菅原伝授手習鑑」 | トップページ | 新年のご挨拶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/56298458

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミカシュン☆ライブ ~言の葉~」拝見しました:

« 25周年の集大成、でもアグレッシブ! 花組芝居「菅原伝授手習鑑」 | トップページ | 新年のご挨拶 »