« 鹿殺し「田舎の侍」見てきました | トップページ | 新納慎也さん『NIROCK! vol.7』とAMERICAN IDIOT »

2012/10/28

omoshii mag 第2号で馬場徹さんインタビューと考察・古川雄大さんを担当しました

お知らせが遅くなっておりますが、発売中のomoshii mag第2号で以下を担当しております。

馬場徹さんのインタビュー
「女子高生チヨ」について、そして馬場さんの舞台歴を振り返ったロングインタビューです。読み応えあると思います!

考察・舞台に立つ若手俳優
古川雄大さん
ルドルフ役で飛躍を遂げた古川さんのことを、私が熱く語っております。ルドルフの美麗舞台写真も掲載。


常々思うことですが、取材というのはもちろん一期一会なのですが、舞台経験を積んで徐々に変わっていく方にその折に触れてお話しを伺えるのがとても貴重な経験をさせていただいてるなあと思います。

馬場さんは、演舞場の「飛龍伝」開幕前に取材したとき以来にお会いしたのですが、つかさんの最後の舞台の演出を受けた経験もあって、とても力強く成長なさっているのが口調の端々から伝わってきました。それが私にもなんだかとても嬉しかったです。

そして、古川雄大さん。上記の考察を書きあげた後、先日別媒体で古川さんに取材させていただきました。「ファントム」「エリザベート」に続いて、3度目の取材は主演舞台「ライン」を控えて。静かさがある語り口の古川さんですが、ふとしたときの受け答えにちょっと素が見えてなんだかほっこりできました。やはり、ルドルフを経て大きく変わったんでしょうね、内面も。そんな様子が伺えた取材でした。こちらも時期が近くなったらまたご案内します。

omoshiiの購入はamazon もしくはomoshiiのサイトからどうぞ。

|

« 鹿殺し「田舎の侍」見てきました | トップページ | 新納慎也さん『NIROCK! vol.7』とAMERICAN IDIOT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/55988417

この記事へのトラックバック一覧です: omoshii mag 第2号で馬場徹さんインタビューと考察・古川雄大さんを担当しました:

« 鹿殺し「田舎の侍」見てきました | トップページ | 新納慎也さん『NIROCK! vol.7』とAMERICAN IDIOT »