« omoshii mag 第2号で馬場徹さんインタビューと考察・古川雄大さんを担当しました | トップページ | BEST STAGE12月号に掲載されました »

2012/10/29

新納慎也さん『NIROCK! vol.7』とAMERICAN IDIOT

昨年のvol.6に引き続き、新納慎也さんのライブ『NIROCK! vol.7』に参加。
いや~、楽しかった!
お客様を激しく乗せるテンションとしっとり聞かせる曲と、緩急がついた構成が見事。歌詞がきっちりと客席に届く、豊かな表現力は、やはり役者さんならではだなと思います。
そしてトークが楽しい(笑)。「思いつきでしゃべってる」ということですが、「普通の人とは同じ人生を送れていないらしい(笑)」新納さんの特殊な経験が抱腹絶倒でした。

で、標題に書いたAMERICAN IDIOT。歌ったんです。びっくりしました。(たまたまですが、開演前に一緒に見ていた友人に「GREEN DAYの渋谷AXのライブに行って来た」という話をしてたんです)
私は正直言って、日本のミュージカル俳優さんでAMERICAN IDIOTの世界を作れる人、歌える人はいないと思っていたので(辛口で申し訳ない……ロックミュージシャンならいらっしゃると思いますが)、新納さんが飾りなくストレートにAMERICAN IDIOTを体現してらしたのに本当に驚きました。

終演後にありがたくも新納さんにご挨拶させていただいたのですが、新納さんも渋谷AXのGREEN DAYのライブにいらっしゃっていたことが判明! ミュージカルAIのことももちろんご存じで歌われていたこともわかり、感動でした。

こうして、AIのことが分かっていて、歌える方がいるんなら日本でもAIやってほしいなあ、なんて夢見てしまいます。

(私の過去ログでニューヨークで見たミュージカル「AMERICAN IDIOT」を熱く語っているのはここです

ともあれ、エンターテイメント精神にあふれたNIROCK! 気が早いですが、また来年も楽しみです。

|

« omoshii mag 第2号で馬場徹さんインタビューと考察・古川雄大さんを担当しました | トップページ | BEST STAGE12月号に掲載されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/55994598

この記事へのトラックバック一覧です: 新納慎也さん『NIROCK! vol.7』とAMERICAN IDIOT:

« omoshii mag 第2号で馬場徹さんインタビューと考察・古川雄大さんを担当しました | トップページ | BEST STAGE12月号に掲載されました »