« 加藤和樹さんインタビュー・スタジオライフ「PHANTOM」ゲネレポがオモシィに掲載 | トップページ | 鹿殺し「田舎の侍」見てきました »

2012/10/18

リリパットアーミーII 「傀儡女~時の男」見てきました

昨日は、リリパットアーミーII「傀儡女~時の男」と鹿殺し「田舎の侍」の2連続観劇。たまたまだけれど、関西系の劇団(鹿さんは現在は本拠地を東京に移してますが)、歴史的な有名人が出てくる虚実ないまぜの時代劇、殺陣多し、女性演出家による作品……と似た要素を持った舞台を続けて見ることになりました。

で、マチネで見た「傀儡女~時の男」。
鼻が利く陰陽師キリタを軸に描く時代劇「時の男」シリーズ完結編ですが、前2回は未見。
壮大な物語をある種力技で?推し進めていくところが快感でした。
コング桑田さんが意表を突く女性役で、笑わせどころの役?……と思わせながら、ラストの清い心持ちにふと泣きそうになったりして。

非常に役者さんが立つ芝居でもあって、個々の見どころも多数。
八代進一さんはなんだかいかにも陰陽師の技ができそうな(笑)感じ。腹に何かを持ちながらも、実に二枚目でカッコイイ姿を堪能してきました。谷山知宏さんは予想外の立女形的な役。女性が演じるよりもゴージャス感が出て、よいインパクトに。小林大介さんは立ち回りも決まってましたね。鎌倉武士の一人の中でも、ちょっと違うキャラが際立ってました。一方、こちらはザ・鎌倉武士の船戸慎士さん。スケールの大きさ(体型じゃないです)と力強さが出て、こちらも好印象。
ちなみに、小林さんと船戸さんはリリパ初めてだそうですが、わかぎゑふさんはさすがに役者さんのキャラを上手に見抜いてらっしゃるなと。
わかぎさんといえば、冒頭でカッコいい女の方で出てらしたのに、すぐ死んでしまったのが残念。もうちょっと長く見ていたかった…。

|

« 加藤和樹さんインタビュー・スタジオライフ「PHANTOM」ゲネレポがオモシィに掲載 | トップページ | 鹿殺し「田舎の侍」見てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/55916610

この記事へのトラックバック一覧です: リリパットアーミーII 「傀儡女~時の男」見てきました:

« 加藤和樹さんインタビュー・スタジオライフ「PHANTOM」ゲネレポがオモシィに掲載 | トップページ | 鹿殺し「田舎の侍」見てきました »