« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/27

BEST STAGE7月号で山本耕史さんインタビューと井上芳雄さんインタビュー

昨日発売になりましたBEST STAGE7月号。

『チック、チック...ブーン!』ビジュアル撮影リポート&インタビュー 山本耕史さん
『ルドルフ ザ・ラスト・キス』インタビュー 井上芳雄さん

を担当しております。

山本耕史さん。以前ブログにも書きましたが『35th anniversary live』を拝見したとき、『tick,tick...BOOM!』の冒頭を再現して、まさにそこにリアルに息づくJonathanが出現していたことに息をのみました。取材でお会いしてそのライブの話なども交えつつお話が伺えました(ライブでやって今もジョナサンの世界観は自分の中に生き続けているんだな、と思った…とのこと)。
個人的には、山本さんの言葉の一つ一つに共感できたというか。私がなんでジョナサン・ラーソンの作っているものにこんなにも惹かれるのか、という答えを(私が今まで明確にできなかったことも含めて)、山本さんが言葉にして下さった気がして、得がたい経験でした。皆さんにも山本さんの作品とジョナサン・ラーソンに寄せる思いが、記事から伝わればいいなと思います。

そして、井上芳雄さん。『エリザベート』のルドルフから『ルドルフ』のルドルフへ。違う作品だけど同じ人物という特殊なパターンですが、いかにルドルフと井上さんが近いものなのか、ということがお話の端々から伝わってきました。やる気はあるけど「○○してやらなくちゃ!」みたいな気負いはないんですよね。それは、深く深くルドルフと井上さん自身が結びついているから。新生『ルドルフ』に期待です!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/26

TATTOO14千秋楽拝見しました

SHOW-ism IV『TATTOO14』、昨日の千秋楽公演を拝見しました。

個性豊かな女性7人によるパワフルなステージ。孤児の女性7人が姉妹の絆として刻んだTATTOOをモチーフに、生きる意味をSHOWに重ね合わせた作品。いったん離れ離れになった(義)「姉妹」の再生の物語とでもいうのでしょうか。ロードムービー風に彼女たちがアメリカ大陸を移動しながら、ダンスコンテストに参加する様子を綴ります。劇中のショーシーンはコンテスト場面など彼女たちが見せているショーという設定。

ストーリー部分とショーがもう少し有機的に融合できていたら、なおよかったかな…とも思いますが、物語の核の部分のメッセージはダイレクトに伝わってきました。血のつながりを越えて絆を求める気持ち、そして上を向いて生きる女性のエネルギーを歌とダンスに変換して見せているということ(女性作者の視点が生きていると思います)。演者としてのパワーが役柄のパワーにうまく転換できていて、見応えがある舞台でした。

水夏希さん、シルビア・グラブさん、高良結香さん、Jenniferさん、Mizさん、今枝珠美さん、保坂知寿さんという実力派ぞろいの舞台。知寿さんの豊かな表現力、劇場中に響き渡るシルビアさんの歌声、ANTHONY&ADAM出演の「RENT」全世界ツアーでダンスキャプテンを務めた高良さんのダンスの実力はやはり素晴らしく、愛らしいJenniferさんとMizさんは歌になるとこれまた大変な迫力、カッコイイダンスを見せてくれた今枝さん。そして主演の水さん。これだけのメンバーの中で、2階席から見てもパワーがダイレクトに伝わってくる舞台でした。客席の心をつかむ求心力と、まるで3D映像(?)みたいな迫力が素晴らしかったです。これは宝塚の経験が生きているということかもしれませんが、劇中の役柄とショー部分の存在の仕方が一番違和感がなかったというか、一体していたのではないかと思います。

ありがたいことに終演後に水さんにご挨拶に伺いました。やりきった感がある清々しい表情の水さんでした。「前回(7DOORS)と違う意味で難しかった~」ともおっしゃってましたが。水さんって終演後にお会いすると「どうでしたか?」と必ず意見を丁寧に聞いて下さるんですよね。お客様の心にどう届いているのかをとても意識されてる方なんだなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/22

DIAMOND☆DOGS memorial 10 TEN STEPSパンフレット取材させていただきました

現在公演中のDIAMOND☆DOGSの10周年記念公演「Super “D-☆”Cruising Show DIAMOND☆DOGS memorial 10 TEN STEPS」。このパンフレットでDIAMOND☆DOGSの7人の方々とゲストの長澤風海さんのインタビューを担当させていただいています。

DIAMOND☆DOGSのお一人お一人が10周年の今何を思い、そしてこれからどう明日へと向かっていくのか…というテーマでお聞きしています。そして長澤さんはDIAMOND☆DOGSとの共演で得たものや今後についてなど。皆さんからバラエティに富んだお答えを伺って楽しく取材させていただきました。

昨日公演を拝見しましたが、ノンストップの激しいダンスと歌で綴られる2時間。息をもつかせぬ、という言葉がぴったりの怒涛の展開で圧倒されました。改めて思うのは、ヒップホップなど現代風のダンスと共に、ガーシュインメドレーやタンゴなどエンターテインメントの伝統の流れを汲むものを現代のフィーリングでアレンジしているところが、DIAMOND☆DOGSのグループとしての幅を広げているなあ、と。

リーダーの東山義久さんがおっしゃっていたとおり、今7人が非常によいバランスになっているということがよく伝わってくるステージでした。

パンフレットは10年の歴史を振り返りつつ、かつてのメンバーへのリスペクトもあるものに仕上がっていると思います。
機会がありましたら、パンフレットもお手に取ってご覧下さいませ。

公演は27日まで、博品館劇場にて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フランス版ロミオ&ジュリエット会見&城田優さんシリル・ニコライさん対談取材に伺いました

フランス版「ロミオ&ジュリエット」の来日記念イベント、その後、城田優さん、シリル・ニコライさんの個別取材に伺いました。

私はフランス版の「ロミオ&ジュリエット」を2009年の韓国公演で見ております。
そのときのブログがコチラ→フランスミュージカル「ロミオとジュリエット」韓国公演見てきました

当時のブログでは私は

「今まで私の中であまり気に留めていなかった、ただ一人生き残ることになるベンヴォーリオの心の葛藤を明確に表現したり(ベンヴォーリオ役(CYRIL NICCOLAIさん達者な方でした)」(引用)

と書いていました。今もそのときの演技が心に残るシリルさん。なんと、この方に取材する日が来ようとは! ……と嬉しい出会いでした。
(今まではシリルさんがベンヴォーリオを演じていましたが、今回からシリルさんがロミオ役を演じることになります)


会見では来日キャストのシリルさん、ジュリエット役ジョイ・エステールさん、ベンヴォーリオ役ステファヌ・ネヴィルさん、マーキューシオ役ジョン・エイゼンさんが楽曲披露。

歌われたのは「いつか」「エメ」「世界の王」「20歳とは」(日本では未上演の曲、2009年韓国版では使われてなかったと思うので、私も聞くのは初めて)。中でも「世界の王」では3人(ロミオ、ベンヴォーリオ、マーキューシオ)の振付がついているんだろうけどまったくそれを感じさせない自由でイキイキとしたキャラクター表現に、フランスミュージカルの真髄が垣間見えましたね。

続いてオフィシャルサポーターに任命された城田優さんが登場。ロミジュリの魅力を熱く語り、シリルさん、ジョイさんと城田さんの3人で「エメ」を歌うというスペシャルバージョンが。城田さんはフランス語での歌唱にチャレンジ。実は曲が始まる前にアクシデントがあって音が止まってしまいやり直すという一幕があったのですが、城田さんが「これがライブですからね」と機転を利かせてつないで、場を和やかにしていたのも好印象。

会見の後に行われたマスコミ向けの質疑応答では、「もし再演があったら?」との問いに城田さんが「全身全霊で引き受けます」とロミオ役続投に超前向き発言もありました。

さて、会見からちょっと時間をおいて城田さん、シリルさんの対談。私は城田さんとは初対面なのですが、自然体でいながらとてもお気遣いのある方なのですね。写真撮影の間からもお二人は英語で会話が弾み、意気投合している様子(シリルさんは今アメリカ在住で、英語もお上手)。フランス語の通訳さんがついていたのですが、日本語で話して訳して…というのがまどろっこしくなるとお二人で英語で話されていて、それを城田さんが翻訳して教えて下さったりしました(なんで俺が通訳してるんだろう…(笑)と言いながらも)。

現状ではフランスミュージカルはなかなか日本では見られないので…という話も伺ったのですが、シリルさんがフランスミュージカルというものに対してとても自信と誇りを持っているのが伝わってきましたよ。

フランスミュージカル「ロミオ&ジュリエット」とても素晴らしい作品です。(ミュージカルの内容について詳しくは上のブログをご参照ください)ご紹介できるのを嬉しく思うと同時に、多くの方に見ていただきたいなと思います。
媒体掲載時期になりましたら、掲載情報もお知らせしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/21

花組HON-YOMI芝居 天守物語 拝見しました

18日の初日に拝見しました。花組芝居25周年の記念公演で花組芝居の本拠地セーヌフルリで行われているものです。普段は稽古が行われているアトリエで見るのは独特の雰囲気がありますね。
稽古用の壁面いっぱいの鏡の前に高く段が設えられて椅子が並んでいます。こちらが舞台で、頭上にはミニサイズの獅子頭が。客席側の後ろには以前「泉鏡花の天守物語」の衣装として使われた着物が飾られて、それが鏡に映し出されて見える…というのが、なんともセンス良い感じ。

HON-YOMI芝居=リーディングということでしたが、「泉鏡花の天守物語」のBGMも使われて本公演さながらのドラマティックに酔える1時間20分あまり。もちろんただ椅子に座って読むリーディングでなく、アトリエという限られた状況を逆に生かして、ときには椅子を移動し、全員でのムーブメントなど目にも快い公演でした。

もちろん皆さんとても素敵にやってらっしゃるんだけれど、とにかく天守夫人富姫の加納幸和さんが素晴らしい。富姫登場の前も泉鏡花の台詞の妙を十分楽しんでいたはずなのに、富姫が出てきたとたんにまるでモノクロがカラーになったような感覚さえ与えられたのだから。HON-YOMIということで以前にやっていた遊びの部分がなくなった分、キャラクターがさらに際立って、立派さと可愛らしさが同居する富姫がとても魅力的でした。

そして図書之助の桂憲一さん。こちらも鮮やかな二枚目ぶりで登場のシーンから惹きつけられました。前回公演から12年ぶりの図書。ちょっとアダルトになった? でもけれんがないところがより図書之助らしいというか。彼のストレートな思いがビシビシ伝わってきました。

表現豊かな薄と、それと対照的に小田原修理を演じた北沢洋さん、初役で朱の盤坊と桃六を演じた原川浩明さんのベテラン組。そして天守物語初参加の二瓶拓也さんは亀姫で大井靖彦さんとは違う新たな造形で、なかなか面白く拝見しました。

空間的に様々な制約がある中、工夫を凝らして、さらにブラッシュアップされた「天守」を見せていただきました。これはまた本公演で見たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/12

ロックなマテ・トート~東宝『エリザベート』マテ・カマラスさん初日見て来ました

とうとう始まった東宝『エリザベート』。マテ・カマラスさんの初日である11日マチネ公演に伺いました。
私にしては珍しく?初日に伺ったのはなぜかというと……BEST STAGEでマテさんの取材させていただいたとき、「ぜひ、皆さんには私の初日の舞台を観に来ていただきたいですね。これはとても重要なものになると思いますよ! (笑)私の母も初日に観に来ます」とおっしゃってたのです。
今まで、おそらく何百回も(いや、もっと?)役者さんにインタビューさせていただいてますが、取材で「初日を観ていただきたい」とおっしゃった方には私は初めてお会いしました。
で、「これは行くしかないでしょー」と思い…(笑)。

(ちなみに、取材の後、某ゲネプロでマテさんに偶然会って取材お礼のご挨拶したとき「初日行きますよ~」と言ったら、とても喜んで下さいました。なんていい人なんだ、マテ……)

ということで、独特の緊張感漂う帝劇の客席へ。それはおそらく、マテのトートに対する期待(と不安も?)ゆえ。

果たして……マテのトート、素晴らしかった! まさにロックなトートでした。インタビューではロックスターのようだったハンガリー版、それより少しソフィストケイトされたウィーン版、そして東宝版ではさらに年齢も重ねたので、アダルトなトートになるのでは、というご自身の予想だったのですが…持ち味はロックですよね。だから、「最後のダンス」の迫力はすさまじいほどでした。

日本のミュージカルスターの方って、クラシック文化、ミュージカル文化出身の方が多いかな、と思うのですが(石井一孝さんとか、橋本さとしさんくらいでしょうか。ロック文化出身?の方って)、マテの歌を聴いて、改めて、「最後のダンス」はロックなんだとも思わされた。ロックの根本にある情熱、パワー、そして魅力的な破滅への欲望……そんなものが渦巻く、最後のダンスでした。見事。

それと対照的に、妖しく死に誘い込む歌声も甘く……。

また、ウィーン版にはないところ、「愛と死の輪舞」はもとより、カフェの場面やルドルフの独立運動参加でのトートがあることによって、トートの人物像もだいぶ変わってくるのだなあ、ということも浮き彫りに。独立運動のところのトートは、日本人にはない表現力(方法?)ですね、さすがに。

マテさんが日本語で歌い演技するということで不安がなくもなかったのですが、トートは前回の『MITSUKO』よりは全然台詞少ないし、歌に載せているとそれほど気にならないということと、人間じゃない役なので日本語が得意じゃなくても違和感が少ない(人間じゃないから、人間語はなめらかでなくても仕方ないわね、的な(笑))ので、個人的にはすんなり受け止められました。

ロックでパワフルなトート。実に魅力的でした。
そう……こんな「死」に見入られたら本望、というような。

初役の方々についても触れると。
岡田浩暉さんのフランツはナイーブで繊細そうなところが、この人もルドルフと血がつながっているのだ、と実感させられて、今までにない人物像を見せました。omoshiiで取材させていただいた平方元基さんのルドルフ。『闇が広がる』で気迫のこもった歌声を聞かせてもらいました。長身のスタイルのよさも舞台に映えますね。青年の理想と挫折が明確だったのもよかったですね。

そして、瀬奈じゅんさんのエリザベート。前回よりもさらに役柄を深くとらえていらっしゃるという印象。少女時代の活発さ、自信に満ちた姿、そして、晩年期…とそれぞれの時期の役作りがくっきりと際立っていて、エリザベートという一人の女性が生き抜く姿を的確に映し出していました。

前回、韓国版を見たのもあって、小池修一郎さん演出版を見直す形にもなりました。全体のトーンにある「黄昏のウィーン」という陰鬱さ、また、特にルドルフ関連の場面でのドラマティックな構成など、小池演出版の『エリザベート』の魅力にも再び気づかされるところも多かったです。

マテ・カマラスさんを得て、エリザベートとトートの関係も新たな色合いを帯びてきます。そう、全体の陰鬱なトーンがあるからこそ、ロックなマテ・トートの激しい色彩がさらに目を惹き、ハプスブルク帝国の滅亡を象徴するエリザベートの必死な生き方も際立つようになるのです。

では、石丸幹二さん、山口祐一郎さんのトートではどうなのか? そして、今回初登場の春野寿美礼さんのエリザベートは……? ルドルフ新登場の古川雄大さん、大野拓朗さん(山口さん、大野さんは明日初日ですね)もますます気になる! …っとすっかり術中にハマっている感じですが(笑)、そのあたりはまた、次回の観劇時に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/05

加藤健一事務所「川を越えて、森を抜けて」見てきました

3日は紀伊国屋サザンシアターで加藤健一事務所「川を越えて、森を抜けて」を観劇。
3年前に続く再演で、私も2度目の観劇。

6人芝居、息子(山本芳樹さん)、母方のおじいちゃん(加藤健一さん)、おばあちゃん(竹下景子さん)、父方のおじいちゃん(有福正志さん)とおばあちゃん(一柳みるさん)、そし息子のガールフレンド候補(小山萌子さん)の6人芝居。

ニューヨーク近郊のイタリア系アメリカ人の「家族」の話。家族といっても祖父母と息子なのだけれど。
昇進でシアトルに行くことになった息子を引き止めようと、お見合いを計画する祖父母たち…からまつわるなんやかよの中に、旅立ち、別れ、成長、そして家族とは……を描くお話。キーワードは「テンゴ・ファミーリア!」

もちろん、人はいつか永遠の別れを迎えるものだけれど、それでも家族と作った日々の絆は、たとえ亡くなった後でも続いていくのだ……と。そして、祖父母たちと同じようにあたたかな家庭を築く息子の姿にも、人間の命の永遠を感じさせられる。
心があたたまる芝居を、丁寧に、かつ軽やかに、楽しく作り上げていて、まさに佳作。
芝居っていいよね……と単純な言葉だけれど、しみじみ思わせてくれる舞台でした。

ひょうひょうとしたおじいちゃんのカトケンさん。今回の再演では自分のお父さんのことを語るところがひときわ胸にしみました。なんともおばあちゃんの竹下さんもチャーミングで愛らしい。
前作「出発の詩集~モスクワからの退却~」のときも思ったけれど、家族にしっかり向き合える大人年代の息子、でもマザコンとかでなくてちゃんと親や祖父母に愛情をもって接しられる人、というのを演じたら、山本さんの独壇場。この戯曲で描かれる心優しい息子を違和感なく演じられる人はそうはいないはず。カトケンさんも海外戯曲の男性を活かせる人材を見事に発掘(?)したものだと思う。今回の山本さんも、息子の心の機微を丁寧に描いて好演。

東京公演は5月6日まで
以降6月30日まで全国で公演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/04

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか&お知らせなど

ゴールデンウィークも早後半。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
私はゴールデンウィーク前から風邪をひいてしまって、予定していたPLAYPARKにも行けず…(花組芝居「海神別荘」見たかったのに…)という感じの散々な出だしですが、やっと復調してきました。といっても、後半も観劇とお仕事しかしてなくて、ってことはまったくいつもと変わらないじゃない! というゴールデンウィークらしからぬ過ごし方をしています(笑)。

最近公開になったものをお知らせしますね。

TV TARO 発売中
「薄桜鬼 斎藤一編」 松田凌さん、小野健斗さん、鈴木勝吾さんインタビュー

BEST STAGE 発売中
「スリル・ミー」ビジュアル撮影リポート 田代万里生さん、新納慎也さん
「2ピアノ4ハンズ」テッド・ダイクストラさん、リチャード・グリンブラットさん対談
「DIAMOND☆DOGS memorial 10 TEN STEPS」東山義久さん、森新吾さん対談
ロングインタビュー 片岡義朗さん
スターのハマりもの NON STYLE石田明さん

演劇&エンタメ系Webマガジン omoshii
「エリザベート」連載
ルドルフ役3人のインタビュー連続掲載!
大野拓朗さん
平方元基さん
古川雄大さん

ルドルフ初挑戦の3人、それぞれにルドルフ役をどう演じたいか……というイメージも三人とも全然違ったのが伺っていて興味深かったです。取材は同じ日に連続して行われたのですが、キャラも全然違うお三方! なおかつ好青年!! と私の中でとてもイメージアップ(笑)。「エリザベート」公演が始まって、どんなルドルフが見せていただけるのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »