« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/24

速報!スタジオライフ『天守物語』公演記念イベント

6月~7月に上演されるスタジオライフ『天守物語』公演記念イベントに伺いました。
そのレポートを
演劇&エンタメ系webマガジンomoshii
http://omoshii.com/
に掲載させていただく予定ですので、どうぞお楽しみに!(近日公開予定公開されました!)

こちらではスタジオライフの方々のレポートを中心とした速報版をお送りします。

Ishitobi1
本日の司会は石飛幸治さん(いい声!)。

最初は代表の河内喜一朗さんのご挨拶。倉田さんが演劇集団円に入り、芥川比呂志さんの元で『夜叉が池』の演出助手をされたときのエピソードなどに触れつつ「スタジオライフのシェイクスピア劇で新境地を開いたように、これまでにない作品に創り上げていきたい」と意欲を語りました。

続いて、「泉鏡花が上演したくて、演劇の世界に入った」という上演台本・演出の倉田淳さん。スタジオライフでかつて上演した『夜叉が池』『海神別荘』では、泉鏡花の美しい日本語をお客様と共有するにはどうするか、苦労したとのことで「『夜叉が池』で出てくる娘、百合のようにたおやかな娘は今の日本にはいないと思い、舞台の設定を東南アジアのある国に移して上演した」という話を。

(ちなみに、私のスタジオライフ初観劇はこの『夜叉が池』、というか改題して『YASYA GA POND』でした。今も記憶に残る、素晴らしい作品だったと思います)

「今回は宇野亜喜良さんとBUCK-TICKの今井寿さんという素敵なスタッフに恵まれた。宇野さんの自由な発想、今井さんのアグレッシブでいながら繊細な音楽の力を借りながら、進めていきたい」

倉田さん司会、宇野さん、今井さんによるトークイベントにつきましては、omoshiiのページをご参照下さいませ。

続きまして、出演者を代表して4名が登場。意気込みを語りました。

Oikawa1_2
及川健さん(富姫/Quartzチーム)
及川「以前出演した『天守物語』では亀姫。今回は富姫なのですごい出世だなと(笑)緊張と喜びを味わっております」

Iwasaki1
岩崎大さん(富姫/Jadeチーム)
「歌舞伎など(の伝統的な手法)で演じられることが多い『天守物語』。今までにないものになると思う。気合いを入れて演じたい」

Araki1
荒木健太朗さん(図書之助/Quartzチーム)
「こんにちは! 2年ぶりのスタジオライフ出演。先輩も後輩も成長していると思うので、期待と不安と、…ちょっと不安(笑)があります。今回は(同チームの)及川さんと一緒に二人で作っていきたい」

Matsumoto1
松本慎也さん(図書之助/Jadeチーム)
「宇野さん、今井さんとご一緒できるということで、出演者としてだけでなく一ファンとして楽しみにしています。お二人の力をお借りして、皆さんに楽しんでわかりやすく見ていただける新しい『天守物語』を目指したい」

質疑応答の時間がありましたので私から、富姫、図書之助についてどのような役作りを考えているかお聞きしました。

Oikawa2
及川さん
「まだあまり(役作りは)考えていないのですが、さっきも大ちゃんと話してたんだけど『衣裳がミニスカートだったらどうしよう』とか(笑)想像していて。和テイストの『天守物語』をこれから探すのが楽しみだなと思っています」

Iwasaki2
岩崎さん
「富姫は白鷺城の城主の妖怪。今は人間と妖怪の違いをテーマに考えています。妖怪は忌み嫌われる存在だけれど、本当に嫌われるだけのものなのか、とか。舞台の上でそのまま表現できるかどうかはわからないけれど、富姫の気持ちのバックボーンを作って演じていきたい」

Araki2_2
荒木さん
「図書之助は天守閣に上ることを(富姫から)認められた、唯一の人間なんですよね。最初に出てきた瞬間から『この子だったら、天守閣に上っても大丈夫』とお客様に思っていただけるように演じたい。だから、最初の出番が一番大事だと思います」

Matsumoto2
松本さん
「封建的な世界を信じる図書之助が富姫と出会い、本当に大切なものを見つけていく。その過程を大事にしたいし、お客様にも今の世の中で何が大事なのか、今一度考えるきっかけになればいいなと思っています」

Tenshu1

*********
会見では倉田さんの「泉鏡花愛」が印象的でした。好きだからこそ、どうやったら鏡花の魂を伝えることができるのか、いろいろ模索してらっしゃるのですね。その答えは本公演にて見させていただきます!

スタジオライフ公演『天守物語』は6月9日~24日東京・紀伊国屋ホールにて、6月30日~7月1日大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演。
http://www.studio-life.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/02

DANCE ACT『ニジンスキー』のパンフレットに

お知らせです。
現在銀河劇場で公演中のDANCE ACT『ニジンスキー』のパンフレットで、バレエ場面振付の平山素子さんのインタビュー、そしてバレエ・リュスとニジンスキーについての解説を書かせていただきました。
私は5日に拝見する予定。台本は拝見させていただいたので(荻田ワールド全開な台本でした)、それがどう舞台で展開しているのか楽しみです。

そして、こちらも発売中のBEST STAGE。

『エリザベート』 マテ・カマラスさんインタビュー
WBB『プレイスター』 佐野瑞樹さん・佐野大樹さん対談
『エンロン』古川雄輝さんインタビューと稽古場リポート

を書かせていただいてます。よかったらお読み下さいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »