« 劇団鹿殺し「青春漂流記」 | トップページ | 新たなトートを創造したジュンス~韓国版『エリザベート』見てきました »

2012/01/25

山本耕史さん Koji YAMAMOTO 35th Anniversary Live

今日はRENTの作者、ジョナサン・ラーソンが35歳でなくなった日。
その「記念日」に、同じく35歳の山本耕史さんがRENTなどジョナサンの楽曲、また山本さんが出演したミュージカルの曲を歌うというライブに行ってきました(会場・赤坂BLITZ)。

ジョナサンだけでなく、土方歳三、藤原頼長など、今まで山本さんが演じ、関わってきた実在の人物は偶然にも35歳で亡くなっているのだとか。だからこそ、ジョナサンの「記念日」にこのライブを行いたかった、のだそうです。

ACT1はジョナサン以外の作品から。
ヘドウィグ、オケピ!GODSPELL,THE LAST 5 YEARSからの名曲を。ヘドウィグ再来の力強い歌声から始まる冒頭も素晴らしかったのですが、やはり印象的なのは「レ・ミゼラブル」のカフェソング。
ライブ会場ですが、舞台上にはカフェテーブルと椅子もあって、それが「レミ」をほうふつとさせるよう。
山本さんの歌の素晴らしさは、技術的なうまさもさることながら、なんといっても歌唱表現力。情景を一瞬にして作り上げる力があって、共に闘い、亡くなった友を思って歌う「カフェソング」では、歌っている後ろにまさにアンジョルラスや学生たちの姿が浮かび上がってくるような感じさえしました。マリウスの深い思いが伝わってきて、とても感動的でした。

ACT2は~Jonathan Larson's Memorial~と題して、tick,tick,...BOOM!とRENTの曲を。
急に話が飛びますが、私はよくブロードウェイとか韓国でもミュージカルで見ていて、感じるのは「切迫感とか、自分がどうにかなりたいけどどうにもならない気持ちを表現するのは、ブロードウェイや韓国の俳優さんがお上手だなあ」ということで。(AMERICAN IDIOTとか韓国版の「SPRING AWAKENING」を見てそう思います)
でも、今日のACT2の冒頭のttBの「30/90」を歌う山本さんはまさにttBのジョン(=ジョナサン・ラーソンをモデルにして描いている人物)になっていて。その「切迫感」「どうにかしなきゃと焦る、でもうまくいかないと惑う気持ち」がひしひしと、とてもリアルに息づいていたのに本当にハッとしました。

ライブ中のMCでもおっしゃってましたが、RENTとジョナサンが山本さんの俳優としての基本にあり、そこから彼自身の役者としての感情を生み出されているのだなあ、ということを改めて知りました。作品のNO DAY BUT TODAYというメッセージが息づいてる方なんですね。山本さんって。
ACT2後半はRENTの曲。RENTのキャストのメンバーも大勢登場して盛り上げているのは、皆のRENTに寄せる愛情のたまものかな…と思います。

最後はSEASONS OF LOVE。スタンドマイクをたくさん並べて、(RENTと同じように)RENTキャストが横並びになって歌うのですが、1本のマイク前は人が立っていません(まるで、エンジェルのいた場所が空いているように)。最後に山本さんが、今日登場したキャストの名前を下手側から順に紹介したのですが、空いているマイク前の順番のときには「健ちゃん」と。
そう、RENT初演に出ていた、今はなき結樺健さんもそこで一緒に並んで歌ってらしたのですね。
ジョナサンも結樺さんも、今肉体はここにいないけれど、皆を後押ししてくれているのだな…と。そして、そのことに気付いている山本さんもとても素敵だな……と、そんなことを思いました。

いいライブでした。
なお、当日パンフと一緒に、山本さん演出・出演「tick,tick...BOOM!」の上演決定(9月14日~30日)のチラシが配布されていました。

|

« 劇団鹿殺し「青春漂流記」 | トップページ | 新たなトートを創造したジュンス~韓国版『エリザベート』見てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/53824450

この記事へのトラックバック一覧です: 山本耕史さん Koji YAMAMOTO 35th Anniversary Live:

« 劇団鹿殺し「青春漂流記」 | トップページ | 新たなトートを創造したジュンス~韓国版『エリザベート』見てきました »