« 恋する女性たちへの讃歌~『夏の夜の夢』&『十二夜』 スタジオライフ | トップページ | ひげ太夫を初観劇「天竺ダイヤモンド」 »

2011/11/05

楽しく、じんわり~TRIANGLE VOL.2

パルコ劇場で『TRIANGLE VOL.2~探し屋ジョニーヤマダ~』を観劇。
井上芳雄さん、新納慎也さん、彩乃かなみさんの3人で繰り広げるSHOW STAGE。2年前の『Triangle~ルームシェアのすすめ~』とは、作(蓬莱竜太さん)・演出(宮田慶子さん)を含めて同じメンバーだが、ストーリーは続編でなくまったく別物。
楽しくはじけた印象の1作目とはまた違う作品だけど、ほろ苦さやじんわりと心を温めてくれるところは共通する。
ミュージカルって、前向きでキラキラしていて、ときとしてその前向き感についていけなくなる弱い自分もいたりする。でも、この作品は、決して「頑張ろう!」とこぶしを振り上げるんじゃなくて、「そう…だよね……」とやんわり共感できる。それが、今、(2011年の震災を経た)この時期に上演するものとしては非常にふさわしい気がする。

設定はSFチックで、ジョニーヤマダ(井上さん)は人の心の奥に入り込める「探し屋」。婚約者のビッキー(彩乃さん)と共に、昏睡状態に陥ってしまった親友のトーマ(新納さん)の過去の記憶に入り込んで、なぜ昏睡してしまったかを探り出す…というストーリー。
過去と現在が入り組んでいくうちに、「あのとき実は……」というものに突き当っていって…。

「あのとき、こうでなければ」という思いはだれしも持つもので。観客とも共通する懐かしさ、切なさが舞台を覆う。痛みに触れる部分もあるけれど、それは、歌や踊りのパワーで重苦しくならずに見られるのが、この作品の「程の良さ」だと思う。演出の宮田慶子さんがそのあたりのバランスを非常に的確に心配りされたのではないだろうか。
じわっと心に響く、温かい舞台でした。

過去にさかのぼる、ということで3人の小学生姿も見られる。
3人に当て書きしたという前作とはがらっと変わった役柄設定。能動的にアクションを起こしていくジョニーヤマダの井上さんは、アドリブをまじえながら、イキイキと舞台に存在する。「カンチョー」(笑)とか「こんな小学生、いたよな~」なんて既視感もあったり(笑)。繊細な心を持つトーマの新納さんは、心の揺れを丁寧に描き出す。ビッキーの彩乃さんははじけ方にふと滲ませる弱さの対比がうまく、大胆なようでいて決して品を落とさないところがとてもいいなと思う。

今回が第2弾の舞台。また新たな設定で第3弾、第4弾…と続くことを期待。

公演は11月20日まで パルコ劇場
11月25日~27日 シアター・ドラマシティ

|

« 恋する女性たちへの讃歌~『夏の夜の夢』&『十二夜』 スタジオライフ | トップページ | ひげ太夫を初観劇「天竺ダイヤモンド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/53167997

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しく、じんわり~TRIANGLE VOL.2:

« 恋する女性たちへの讃歌~『夏の夜の夢』&『十二夜』 スタジオライフ | トップページ | ひげ太夫を初観劇「天竺ダイヤモンド」 »