« 楽しく、じんわり~TRIANGLE VOL.2 | トップページ | 松本潤さん主演「あゝ、荒野」 »

2011/11/15

ひげ太夫を初観劇「天竺ダイヤモンド」

「出演者は女性だけ。男性役はひげを顔に描いて登場」という噂だけ聞いていた「ひげ太夫」を初観劇(11月13日)。私は初めてでしたが、劇団としては第32回公演で、長い劇団歴を重ねてらっしゃいます。
「面白そうだけど、もしかしたらちょっと奇をてらった感じ…?」なんていう予想とは違って、非常に演劇的に面白い、豊かに広がる舞台が待ってました。

ドア、とか、山、とか花、そよぐ風などの情景描写を組体操で行うのですね。最高は人間が4段に重なる組体操まで見せてくれて、これは迫力。擬音が「どっかーん」やら「そよそよ……」やら、口三味線で言うのもあり。
目の前で展開していることと自分の想像力とのコラボレーションが意外と楽しかったのです。

ストーリーは伝説の宝石「天竺ダイヤモンド」を巡る冒険物語。イヤな人が一人も出てこないお話。出演者は概ね複数役(と組体操)を兼ねて演じています。
まっすぐなパワーが心地よくて、なんかよくわからないけど、終幕は涙ぐみそうになった自分にビックリでした。
作・演出も担当する吉村やよひさんは網三郎役で堂々の主演ぶり。林直子さんはとても素敵な声で悪役(でも本当はいい人(笑)の)ブラックシャークやなんとも可愛らしい王様や伯爵を演じて、その三変化が見事。藤谷みきさんもひげ(!)姿で少年すずかけ役を清々しく、透明感のある女性ナツメ(もちろんこちらはひげナシ)を演じてました。レイヤード・シャギ男の鈴木子さんは往年の成瀬こうきさんのような二枚目姿が印象的。

東京公演は終了。大阪公演は12月3日~5日一心寺シアター倶楽にて。

|

« 楽しく、じんわり~TRIANGLE VOL.2 | トップページ | 松本潤さん主演「あゝ、荒野」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/53250678

この記事へのトラックバック一覧です: ひげ太夫を初観劇「天竺ダイヤモンド」:

« 楽しく、じんわり~TRIANGLE VOL.2 | トップページ | 松本潤さん主演「あゝ、荒野」 »