« 花組芝居「聖ひばり御殿」稽古場へ | トップページ | 花組芝居「聖ひばり御殿」初日 »

2011/09/25

必然性がある二人ミュージカル「スリル・ミー」

「スリル・ミー」
「私」田代万里生さん・「彼」新納慎也さんの回を観劇しました。

1924年に実際に起きた事件をモデルに、「私」と「彼」の二人がなぜ少年を誘拐し殺人することになったかを描く二人ミュージカル。

劇場はアトリエフォンテーヌ。階段を地下に向かって深く深く降りていく。その歩みは、そのまま「私」と「彼」の内面を深く追い求める、私たち観客自身とも重なっているようだ。
120人ほどで満員になる劇場はびっしり。私たちは息をつめて緊迫した舞台を見つめることになる。

(以下、結末部分に触れる内容なので、これからご覧になる方はご注意下さい)

何がスリルなのか。
それは、二人がお互いを求める関係が「スリル」なのだろう。
追い求める、あるいは、支配し支配される関係。
演出の栗山民也さんは二人の関係性を視覚的にも印象付ける。途中で気付いたのだが、上の位置にいる人が、そのとき相手より優位にいるという形になっているのだ。
一見すると「彼」が支配的なように見えるかもしれないけれど、「彼」と「私」の支配被支配の関係は、ときによって変わる。

(シンプルな舞台装置のように見えるが、実はステージ上の真ん中や外周部が一段低くなっている。これは、上記した「上下関係」を装置の配置によっても見せるためだろう。演出も美術も、この作品を表現するために非常に繊細に取り組んでいることがよく分かる)

「私」が「(犯罪の証拠となる)眼鏡をなくした」と言っているときの位置関係(「彼」はタイプライターを打つため座っていて、「私」より下にいる)が、作品の中で一つのポイントとなってくるだろう。
ここで、「私」が優位に立ったことに気づかずにいる「彼」。そして、一見普通に話しながら「彼」を支配したという喜びを密かに内面に持つ「私」……。
この二人の関係の転換がまさにスリル。もうひとつ言うならば、このポイントを的確に演じた田代さんの演技にも脱帽である。54歳の「私」と回想の19歳の「私」を演じたが、「役の心で生きる」ことが舞台上でできていたのではないだろうか。おそらく「私」が田代さんにとってのターニングポイントになるだろう。

もうひとつのポイントとなる場面は、ラスト近くの場面。護送車に乗った二人は、初めて同じ高さで向かい合うことになる。支配・被支配の関係を超えて、初めてここで二人が向かい合うのだ。
冒頭からずっと、「彼」の心の内にあるものは何だろうか……と追い続けながら見てきた。決して「彼」の内面を理解できたわけではないけれど、でも、この護送車のシーンで、初めて「彼」の持つ柔らかい部分に触れられた気がして、とても心動かされた。

新納さんは支配的で内面を見せない「彼」の些細な心の揺れの部分も的確に描き出してくれた。美しすぎるところも役にピッタリ(子供を誘拐する場面の、恐ろしいほどの美しさは忘れがたい)で、新納さんは新たな当たり役を得たのだと思う。


二人の心にあったものは何だったのか…。支配被支配、あるいは共依存?
帰り道も、家に帰ってからも、つらつらと考えを巡らせる。
彼らの姿はあるべき愛の形でももちろんないけれど。一方が一方を激しく求めることを愛というならば、この二人の関係も愛なのかもしれない。

そして、この作品は二人ミュージカルだけれど、実際の(モデルの二人がどうだったかはわからないけど、この作品で描かれている)彼ら自身もお互いの姿しか見えてなかったのだろう。周りに家族や友人や多くの人がいたとしても。
もし、他の人のことに目が向けられていたら、おそらくこんな犯罪は犯さなかっただろうし、一人でなく二人だったからこそ二人は罪に走ってしまったんだろう。
そう思うと、なんだか彼ら二人が可哀想でならない。また、「お互いしか見えなかった二人」を描くためには、この作品は他の登場人物のない「二人ミュージカル」でなければいけなかったのだろう。そういう意味では、とても必然性のある「二人ミュージカル」だといえよう。


緊密な舞台だった。
音楽は繊細な響きがある。惜しむらくは、ややピアノの音がくぐもって聞こえた(演奏のせいでなくて)ところか。
きっと、演じ手によっても、自分の体調などによっても、受け止めるものは変わってきそうだ。
松下洸平さん・柿澤勇人さん版も見る予定なので、そこで何を受け止めることができるのかが、楽しみ。来年の7月には銀河劇場での再演が決定している(配役は未発表)。

|

« 花組芝居「聖ひばり御殿」稽古場へ | トップページ | 花組芝居「聖ひばり御殿」初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/52827437

この記事へのトラックバック一覧です: 必然性がある二人ミュージカル「スリル・ミー」:

« 花組芝居「聖ひばり御殿」稽古場へ | トップページ | 花組芝居「聖ひばり御殿」初日 »