« 「ロミオ&ジュリエット」ゲネプロ | トップページ | 花組芝居「聖ひばり御殿」稽古場へ »

2011/09/17

ミズさんからミワさんへ

長時間の取材物が続いていた、ここ数日。
一昨日はFCの会報誌取材で水夏希さんと。
「よろしくお願いします~」と向かい合ってすぐ、水さん「それってモネ…?」
「?」と思うと、私が持ってた書類ホルダーのことでした。モネ展で買ったホルダーを持ってたんです(このブログに全然書いてないですが、私は結構美術好きで、都内のメジャーな美術展は大体行ってる)。
睡蓮を再現した庭があるんですって、などと教えていただいて、ひとしきり美術話に盛り上がったあと(お詳しいんですね)、本題に。
取材としては結構長時間だったのですが、体感時間としてはあっという間。スパッと話されるのがいつも気持ちいい方です。直接話を聞いているのは私だけれど、私の後ろにいる大勢のファンの方に対して話してるという意識をお持ちだから、とても率直に話されてるんだな、というのを感じます。今回は特に、水さんの向上心に刺激を受けました。(自分ももうちょっと頑張らんとイカン…と思います。ホント)
夏のライブの話から今後のことまでいろいろ伺ってきました。「前回の会報が評判良かったんですよ」とさりげなくプレッシャー(?)をいただきつつ(笑)。
会員の方に読んでいただくのはちょっと先になりますが、読める方はお楽しみにお待ち下さいませ。

で、取材後は、秋恒例の「美輪明宏音楽会<愛>」へ。
舞台美術はもとより、客席の隅々まで美輪さんの美意識がつまっている舞台。ロビーから客席まで、床は全部ロココ調の赤に張り替えてあるんですよ! 壁には豪華なお花のタペストリーが。「劇場は非日常のもの」というお考えから客席を含めて劇場空間をすべて徹底して飾っているそうです。
美輪さんの歌は、単なる歌じゃなくて、一曲一曲が一つのドラマ。「老女優は過ぎゆく」はまさにそう。母の愛を歌う「ヨイトマケの歌」では、自然と涙がこぼれました。
トークは毒舌ですが、美輪さんも言葉に嘘がない方だなーと思います。
アンコールは「花」。慈愛に満ちた歌声でした。

|

« 「ロミオ&ジュリエット」ゲネプロ | トップページ | 花組芝居「聖ひばり御殿」稽古場へ »

コメント

>のんさん
ありがとうございます。頑張ります!

投稿: おおはら | 2011/09/25 14:16

水さんのふぁんです。退団後、新しい大原さんの取材による会報を読むことになり、紙面上ですが、今まで以上に水さんの素直な気持ちを感じることが出来て嬉しいです。お会い出来る機会が少ないですが、時々手に取って、水補給してます。次号楽しみにしています

投稿: のん | 2011/09/21 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/52758865

この記事へのトラックバック一覧です: ミズさんからミワさんへ:

« 「ロミオ&ジュリエット」ゲネプロ | トップページ | 花組芝居「聖ひばり御殿」稽古場へ »