« Keep on | トップページ | 身毒丸 »

2011/08/25

「リアル・シンデレラ・ストーリー」見てきました

スタジオライフの若手公演「リアル・シンデレラ・ストーリー」を拝見しました。
毎年若手・新人公演を行っているのがスタジオライフの美点。若手公演は作・演出の倉田淳さんの初期のオリジナル作品を取り上げるのが通例となっており、今回は若手公演初登場となる「リアル~」に。初演は1988年とのこと。

小劇場ムーブメントのはしりだった時代の匂いがする作品で、時空を飛び物語の世界に入っていったり、テンポの良い渡り台詞があったり。ウェストエンドスタジオの全体まで飾る舞台装置はワクワク感を増す。ぎっしりのお客様で藤原啓児さんによる席詰め「どっこいしょ」も。
(昔の小劇場は「ヨイショ」って言って席詰めしてギュウギュウになってみたよなあ、とノスタルジー(笑)。「ヨイショ」すること自体何年ぶりだろう?)

「DO YOU LIKE SEX?」「YES!」と叫ぶ男たち、という度肝を抜くオープニング。熱さとテンション(これも当時の小劇場色)で、モテない男3人がモテ男の秘術を恋愛のエキスパートから学ぶ苦闘、というのが前半。
が、話が進んでいくうちに「モテたい」というのはただの浅薄な思いでなくて、「深く人と関わりたい、結びつきたい」(が「DO YOU LIKE SEX?」「YES!」の意味するところ)ということであり、自分が物語の主人公になりたくてエキスパートに連絡した、というのがわかってくる。

モテ術の卒業試験として、突然シンデレラの世界に小鳥となってワープする3人。物語の主人公の可哀想なシンデレラが王子様と結ばれてめでたしめでたしと思いきや……。

(以下、ラストシーンに触れる内容ですのでこれから舞台を見る方はご注意下さい)

シンデレラの物語には、表に出てこない「リアル」があったのだという。

「あなたたちは本当の姿を見ていたの?」と問われ、呆然とする3人は、元の世界に戻り、恋愛術の卒業を言い渡される……。

非常に苦みのあるラストで、正直、自分の中で解釈が定まらずにいます。
「物語の主人公になって愛し愛されたい」というのは、それもまた「夢物語」であるというのか。
「可哀想なシンデレラ」という定型の中に押し込められているのだけでなく、それを逆手に取れる女性はもっとしたたかということなのか。
ただ、「ガラスの靴を履かされている」という台詞があったと思うので、ステロタイプに生きなければいけない女性の悲しみや怒りというのもそこには存在すると思うのですが…。(昨年上演された「じゃじゃ馬ならし」に通じるものがある?)
ラスト、シンデレラ役の青木隆敏さんがマリリンモンロー(それこそ、「男性」が思い描くセックスシンボル)になるのも、押し込められる女性という象徴なのか?

帰り道につらつら考えていたのですが、うまい結論は出ませんでした(苦笑)。ただ、それだけ後を引くいろいろ考えさせる作品、ということなのでしょうか。

ダブルキャスト公演で私が見たのは「ガラスの靴」チーム。
(何度もこの言葉書いて恐縮ですが)「DO YOU LIKE SEX?」「YES!」という文言だけ見るとすごく即物的な印象を与える言葉を(倉田作品の根本ともいうべき)「人は一人では生きていけない」という思いまでに高めるところまで持っていったのは、非モテ男3人組、関戸博一さん、緒方和也さん、松村泰一郎さんが誠実に役に取り組んでらしたからと思います。文字通り汗がしたたりおちる熱演でした。

冒頭のシーンから若手の皆さんもすごいテンションで取り組んでらしたけれど、さらにそれを上回るパワーで出てらしたのが恋愛エキスパート役の倉本徹さんと石飛幸治さん。先輩方との共演が若手の皆さんの大いなる刺激になればいいなと思います。

|

« Keep on | トップページ | 身毒丸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/52560743

この記事へのトラックバック一覧です: 「リアル・シンデレラ・ストーリー」見てきました:

« Keep on | トップページ | 身毒丸 »