« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/26

萩尾望都先生「なのはな」

月刊フラワーズ8月号掲載(次の9月号が出るのは7月28日…本屋で手に入るのはあと2日!)
萩尾望都先生「ここではない★どこか」シリーズの作品「なのはな」。

ネットで萩尾先生が今の福島を題材にした漫画を発表したという話を知り、久々に月刊漫画雑誌を買いました。

(以下、結末部分を含め、作品の内容に触れていますので、未読の方はご注意ください)

舞台はフクシマ。原発の近くのために自分たちの家を離れて暮らす小学校6年生のナホとその家族。ナホのばーちゃんは津波で行方不明になってしまった。その現実を受け止めきれず、時を止めてしまったじーちゃん。
「今日の校庭の使用は禁止です」
「いくつだい?放射線量」
そんな会話が普通に交わされる現状。

ナホは夢の中でチェルノブイリの少女に出会う。そして、なぜかばーちゃんもチェルノブイリにいた……。

はじめは「怖い夢」と思っていたナホ。やがて、菜の花の種をまく少女と向かい合うように。
少女が手にしていたのはばーちゃんの種まき器だった。
「あなたはチェルノブイリにいるあたし」
「あたしはフクシマにいるあなた」

***************

最初早く読みたいという一心で、本屋さんで立ち読みを始めたのですが(もちろん、そのあと購入しましたよ)、話を読み進めて、菜の花とナホと少女がページ見開き2面にわたって描かれるページをめくったとたん、涙が出て…。立ち読みで泣いててめっちゃ恥ずかしいですが、モノクロの漫画なのに、菜の花の黄色が鮮やかに眼前に現れたように感じたのでした。

震災から作品発表まで3ヶ月半。萩尾先生がどれほどの、やむにやまれぬ思いを持ち、この作品を描いたのか……。創作者としての真摯な姿勢にもとても感動します。

現実の日本を題材にしながらも、それは萩尾先生らしい現実と幻想が入り混じった世界で。

「なのはな」は土壌の汚染を除去するために植えられたという花。
最後は、ばーちゃんの種まき器を、一時帰宅したじーちゃんが取って帰ってきたところで終わります。
ナホは花を植える。
そう……そこに、未来へとつなげていこうというナホの(そして萩尾先生の)強い意志を感じるのです。

これは、今読むべき漫画です(単行本化されるのはだいぶ後になると思うので、ぜひ雑誌で)。萩尾先生、ありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/15

ジュンス『モーツァルト!』・韓国ミュージカルレポートを新雑誌「アプローズ」に掲載

先日、キム・ジュンスさん(シア・ジュンスさん)の『モーツァルト!』のことを書きましたら、ブログやツイッターで大変多くの反響をいただいて驚きました。皆さんの関心の高さがうかがえるな~…と、しみじみ感じています。

韓国では今まで何度もミュージカルを観劇してますが(というか、最近の韓国旅行=観劇旅行(笑))、今回の渡韓ではジュンスさんの『モーツァルト!』などで新たに韓国ミュージカルの奥深さを見た思いです。

ぜひ多くの皆さんにその魅力をお伝えしたい!と思い、編集さんとも御相談させていただいて、

本日7月15日に新創刊される演劇・エンターテインメント系雑誌「アプローズ」(メディアボーイ社)にジュンスさんの『モーツァルト!』を中心に韓国ミュージカルレポートの原稿を書かせていただきました。
ジュンスさんの舞台写真と共に掲載されます。

ほかにキム・ジェウクさん『ヘドウィグ』、『春のめざめ』や今後の注目の韓国ミュージカルなど。

日本のミュージカル・演劇ファンの方々にも韓国ミュージカルの魅力を知っていただきたいし、また逆に、韓国ミュージカルファンの方々にも日本の演劇に親しんでいただくきっかけになったらいいなあと思います。

ぜひ書店などでお手に取ってご覧下さいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/07

韓国版『春のめざめ』

ブロードウェイでオリジナルキャスト版を見たときから大好きな『Spring Awakening』。
以前のブログは↓
2007年ブロードウェイ版、 2008年ブロードウェイ版の短い印象
劇団四季版 2009年5月 2009年8月 2010年5月
(作品としての全般的な話は上記、特に2007年ブロードウェイ版のブログをご参照下さい)

韓国ソウルでは2回目の上演ということで、これも韓国でぜひ見たい!と思っていた作品でした。
ブロードウェイ版の演出ということで、あのレンガの壁と椅子のセットを見るだけで「うわぁ~~」という気持ちになりますね(笑)。

そして、始まった『春のめざめ』は若者のパッションが溢れていて素晴らしかったのです!
冒頭のヴェンドラとお母さんの会話で、ヴェンドラがよく韓国ドラマで小さい娘役の人がやる、口をとがらせるような表情をしていたのが(それはドイツ人じゃないでしょ…)と思って違和感を覚えたのですが、その後はどんどん『春のめざめ』の世界に引き込まれていきました。

役者さんのパワーが強いんでしょうか。2曲目のMama Who Bore Me(Reprise)の女の子たちの歌声もとても力強かった。
「B/I/T/C/H OF LIVING」の爆発感とテンションがあって圧倒された。(と、同時に「私はこんなにも『春のめざめ』が好きだったのか~」と改めて思い知らされました(笑))

芝居って、一つのシーンでもいくつかの感情が表現されてますよね。でも、韓国の方は「怒り」とかぶつける感情が強い気がします。
モーリッツが自殺した後の場面で、テーアがものすごい勢いでモーリッツのお父さんを睨んでたことにびっくりしたんですが(たまたま前列に座っていたので目についたのかもしれないけれど)、その後のメルヒオールの歌にも静かな歌声の中に深い怒りの気持ちが宿っているのを感じました。この場面でこれほど客席で泣いている人が多かったのも初めてだったし、私も泣きました…。
そして、そのあとの「TOTALLY F/U/C/K/E/D」も全員のパワーがビシビシ伝わってきて、とても記憶に残ります。(今まで聞いてきたどのバージョンよりも、テンポが速かったような? そのため、自分の体をなぞる振りが高速から超高速になっていた)

メルヒオール役の方が感情の動きが瑞々しく、歌も表現力というか伝えようという意思の力をはっきり感じてとても素晴らしかったですね。ユン・ヒョンミンさん(という読み方で合ってる?)というイケメンの方だったんですが、後から調べたら元プロ野球選手ということで驚きました。

また、ハンシェン役の方がどことなく、ブロードウェイオリジナルキャストのJONATHAN B WRIGHTジョナサン・B・ライトに面差が似ている方で(劇団四季の一和洋輔さんもジョナサンと雰囲気に通じるものがありましたが)、The Word of Your Body(Reprise)の「ウウ~m……」という言い方もかなりJONATHANと同じだったのが、ちょっとウケました(笑)。

無理解や障害にあっても自分たちの生きるパワーをぶつける、その力強さがキラキラと輝く、とても素晴らしい『春のめざめ』でした。韓国語はわからなくても、彼らの気持ちはまっすぐに伝わりました。

ちなみにカーテンコールはもう一度「TOTALLY F/U/C/K/E/D」を。本来は出ていないモーリッツも出て、皆さん本編と違って笑顔で演じていたのが楽しくて、明るく盛り上がった気分で帰れました。こういうところも韓国ミュージカルらしいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お知らせなど

最近web掲載のインタビューを何件か担当したので、ご紹介しますね。

ローチケ.com
『ROCK MUSICAL BLEACH』法月康平さん インタビュー
『嵐が丘』平野綾さん インタビュー
『身毒丸』蜷川幸雄さん・矢野聖人さん インタビュー

チケットぴあ
『スマートモテリーマン講座』 賀来賢人さん インタビュー

そして、雑誌。
BEST STAGE
ミュージカル『三銃士』
井上芳雄さん インタビュー
瀬奈じゅんさん インタビュー
橋本さとしさん・石井一孝さん・岸祐二さん 座談会

劇団鹿殺し『岸家の夏』
菜月チョビさん・オレノグラフィティさん・谷山知宏さん(花組芝居)・千葉雅子さん(猫のホテル)・峯村リエさん(ナイロン100℃)座談会

ミュージカル『スリル・ミー』
田代万里生さん・新納慎也さん・松下洸平さん・柿澤勇人さん スチール撮影リポート


よろしかったらお読み下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »