« NIROCK! vol.6 | トップページ | スタジオライフ『PHANTOM』上演&英国舞台デザイナーが会見に登場 »

2011/06/03

花組芝居『番町皿屋敷』初日

久々に脳味噌をいっぱい刺激されました(笑)。

花組ヌーベルは花組芝居本公演でできないような内容のものをやるという企画で、今回は『番町皿屋敷』。
「お皿が1枚、2まーい…」の幽霊のお菊さんが出てくるのは『播州皿屋敷』。今回上演されるのは岡本綺堂作の『番町皿屋敷』を加納幸和さんが構成・演出。青山播磨とお菊との純愛の物語です。

今までのヌーベルは浴衣芝居に素顔とかシンプルの拵えのものだったけれど、今回は豪華絢爛衣装に白塗りでそれでもまずびっくり。

新歌舞伎の『番町皿屋敷』を擬古典風でこってりと仕上げ、音楽も杵屋邦寿さんによる本格演奏。舞台装置も能舞台を模した形に。

それがさらに、助六や揚巻、弁慶など歌舞伎パロディもありつつ「それ、コスプレ?」と言ってしまうような、まぜっかせしの大胆な遊びの数々
(お皿を確認するところで、下座音楽が「なんでも鑑定団」の曲になっているのが、受けました(笑))

で、いろいろな仕掛けで遊んでいるにも関わらず、青山播磨とお菊の純愛の物語にぐっと入り込む

という何段階にも複雑に仕組まれた構成に、見事に翻弄されました。

お菊が死んだ後の、青山播磨の一番いいセリフであろうところに、ばしっとギャグを入れて笑わせて、でも、それでまた播磨の心情に戻るところとか、この緩急があるからこそ、悲劇がずーんと胸に響くんだろうなあと思う。

一番遠くに行って一番本質をつかむというか。
以前、美輪明宏さんにお話を伺ったときに、三島由紀夫さんに「君は、皆が崇め奉ってこねくり回して扱う僕の文章を、石鹸箱か何かみたいに扱ってくれるからいいんだ」といわれた、というようなことをお聞きしました。この例でいえば、加納さんは皿屋敷の美の世界を作り上げつつ、石鹸箱のように扱ってる。それを一人で全部兼ねてやってらっしゃると思うと、本当にすごいなと思います。

お菊の加納さんと青山播磨の小林大介さんは良いコンビネーション。二人の心情のやりとりが胸に迫ってきます。
加納さんのここまで可愛い娘の役を見るのは、もしかして初めてかも? 青山播磨の小林さんも迫力あり、大きさもあってかっこよかったですね。

女中お仙の堀越涼さんは、岡本綺堂版よりも設定をだいぶ膨らませてやってらっしゃるとのこと。いろんな工夫があってお仙の思いが伝わってきました。加納さんのお菊との二人の場面が多いので、ここでもう一つ突き抜けることができたら……という言葉は期待の高さの裏返しと思って下さい(汗)。でも、魅力的に見せてらっしゃるとは思いますよ。
奴権次の美斉津恵友さんは声の響きが素敵で、まっすぐな雰囲気が伝わってきて好印象。十太夫と後室真弓と男女のお年寄り役を演じた谷山知宏さんはそれぞれに面白い役作りで目を引きました。

「座・高円寺1」にて6月7日まで。
その後、福岡、名古屋公演あり。福岡公演は住吉神社能楽殿での公演で全編下座音楽が杵屋邦寿社中による生演奏とのことです。

|

« NIROCK! vol.6 | トップページ | スタジオライフ『PHANTOM』上演&英国舞台デザイナーが会見に登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/51842113

この記事へのトラックバック一覧です: 花組芝居『番町皿屋敷』初日:

« NIROCK! vol.6 | トップページ | スタジオライフ『PHANTOM』上演&英国舞台デザイナーが会見に登場 »