« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/24

韓国版『ヘドウィグ』

美と毒と絶望と希望をまとった『ヘドウィグ』が大好きなのです。

三上博史さん版の初演と再演(以前のブログに書いたものはこちら
山本耕史さん版の初演と再演(以前のブログに書いたものはこちら
そして、韓国・ソウルでのオ・マンソクさん主演版(以前のブログに書いたものはこちら
ソウルでやった、ジョン・キャメロン・ミッチェルを迎えた『ヘドウィグ・コンサート』(以前のブログに書いたものはこちら
山本さん主演版のラストにジョン・キャメロン・ミッチェルを迎えた『ヘドウィグ・コンサート』

と見てきました。(作品としては上記レビューもご参照下さい)

今回は『コーヒープリンス一号店』や『メリは外泊中』に出演しているキム・ジェウクさん出演の回と、チョ・ジョンソクさん出演の回を見てきました。
順番としてはジョンソクさんを先に観劇し、ジェウクさん版千秋楽の19日を観劇しました。
結果としては両公演見てよかった。同時期にやっている公演でありながら、解釈も演出も全然違うんです! これにはビックリしましたし、『ヘドウィグ』という作品が持つ奥深さをさらに知ることができて、私にとってはとても意義がある観劇でした。

まず、ジョンソクさん版。キャラクター的にはジョン・キャメロン・ミッチェルに近い感じの作り方で、いわば「正統派『ヘドウィグ』」。ヘドウィグ自身が異端の人だから「正統派」っていう言い方もなんか変な感じですけど(笑)。

美しく女装してるのですが、ジョンがわざとやるようなドタドタしたような歩き方とか下品な感じとかもよく出ていて、それがなかなかにヘドウィグらしい。でもその反面、とても悲しみが深いヘドウィグでもありました。プラトンの『饗宴』を元とした、自分と切り離された片割れを愛し探し求める…という歌詞の曲「Origin of Love」をこれほど悲しく歌った人は初めてです。

悲しみ…はもちろん、自分の元を離れていったトミーに対する思いなんでしょう。最後近くの感情が爆発するシーンからラストへとなだれ込んでいく感情の流れは見事。最後にはヘドウィグの魂の解放が伺える明るさがありました。

そして、キム・ジェウクさん版。
ジョンとも、今までやってきた(私が見てきた)ヘドウィグともまったく違うヘドウィグでした。
非常に美しく、下品さやドタドタした感じがまったくないヘドウィグなのです。でもそれも、自分をかばって、よく見せようとしてきれいに演じているわけじゃないんですね。
ジョンソクさんがやっていた、ヘドのわざと下品な振りのところも、まったく違う振りになっていて驚きました。

そういう表層的な(なんていうんだろう、キャンプなゲイっぽい表現?)部分を取り除いて、なおかつヘドウィグでありうる。美しい人の中にある孤独、透き通った悲しみ、切なさ……というのがぐいぐい迫ってくるのですね。

もしかしたら、ジョンのヘドウィグが大好きな方には受け入れられないという方もいらっしゃるかもしれない。でも、私もジョンのヘドウィグが大好きですが、ジョンが作った世界がこれだけ大きな幅を持っているということがわかって、なんだか嬉しかった。
ジョンに見てもらいたい! と思うようなヘドウィグでした。

ある種静謐な、といえるようなイメージを持ちながら、「Angry Inch」とかの激しい壊れっぷりはものすごくて。Hedwig's lament~Exquisite Corpseまでの爆発には息をのみました。
トミーの歌声を聴いた後のヘドウィグのラストシーン。彼がそこでどう思っているのかはわからないけど(このあたりは、ジョンソクさんのような解放の表情とは違う)、そこに彼の中で劇的な変化があったことがひしひしと伝わってきて、ちょっと涙が出ました。
でも、最後に、ジェウク・ヘドウィグがヨロヨロと階段を上がっていく姿は、映画版のジョンのヘドウィグが裸で町をふらふらと歩いて去っていく姿ともなんだか重なって感じられて…。

特に印象に残った変更点としては、ジェウク・ヘドウィグが「midnight radio」でかつらを渡したイツハクの手を取ってくるっと踊って回らせるというとても有名な振りがなかったこと。今まで見てきたすべてのヘドウィグ(日本版も含めて)であった振りなので、これがなくてハッとしました。
これはどういう意味かな…と後からしみじみ(?)考えてみたのですが、この作品の中ではヘドウィグはイツハクを支配し束縛していて、「イツハクの手を取ってくるっと踊って回らせる」ということイコール「ヘドウィグのイツハクに対する支配の解放」ということを意味する振りの気がするのです。とすれば、キム・ジェウク版ではヘドウィグとイツハクの関係が支配被支配というよりも、もっと近しい、同志意識が近い関係ということなんでしょうかねぇ…。

ミュージカルは装置、照明など決まりごとやきっかけが多いので、複数キャスト公演では立ち位置はもちろん、基本的な演出は変えないのが一般的だと思います。
しかし、複数キャストでこれだけ内容を変えてきて、なおかつ本質に迫っていくスタイルを取った演出のイ・ジナさんは相当に素晴らしい才能と感性をお持ちの方とお見受けしました。

イ・ジナさんは「キム・ジェウク版のような演出は今後もあまりできないだろう。ミニマルに演技を解体するのは追求すると思うけれど」というようなことをツイッターで言ってたようです。

さて、
ジョンソクさんもそうでしたが、キム・ジェウクさんもカーテンコールでは客席と一体となって大盛り上がり! こういうノリの良さも韓国で観劇する醍醐味だろうなーと思います。

ジェウク・ヘドウィグの美しさは、日本に帰ってきた今も後を引きますね……。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/22

韓国版『モーツァルト!』

先週末、ミュージカルを見に韓国にひとっ飛びしてまいりました。
観劇してきたのは『モーツァルト!』『ヘドウィグ』『春のめざめ』。各作品ともとても素晴らしくて、行った甲斐がありました。韓国ミュージカルの勢いを感じさせる旅となりました。ということで、3作品についてブログアップしようと思います。まずは『モーツァルト!』から。

きっかけは…
昨年、日本での『モーツァルト!』上演の際、井上芳雄さん、山崎育三郎さんに取材して(そういえば、ポスター撮影の時の取材で、ヴォルフガング姿のお二人をお近くで拝見して感動したのでした)、井上さんから韓国でキム・ジュンスさんの『モーツァルト!』を観劇した話を伺って、興味を惹かれたのでした。そのとき井上さんは、韓国でこれだけ『モーツァルト!』が受け入れられているのを見て身内のように嬉しかったこと、また、同じヴォルフガング役者としてジュンスさんと話をしてとても共感したことをおっしゃってました。日本ではダブルキャストで1日2回公演はほとんどないのに、ジュンスさんは1日2回公演をやってらっしゃって、大変だなと思ったとか。

そして、この春『キム・ジュンス ミュージカルコンサート』のDVDを拝見してその素晴らしさにびっくりして、「ぜひ韓国で『モーツァルト!』を見たい!」と思ったのです。

見たいと思っても簡単にチケットが取れるようなものではもちろんなく、あっという間にジュンスさんの回のチケットは売り切れになってました。でも、チケット販売サイトのinterparkにしつこく(笑)アクセスして(夜中にアクセスすると、戻りチケットがポツポツ出てきたりするんです)キャンセルチケットをゲットできました。

ということで本題。
『モーツァルト!』はキム・ジュンスさん(=JYJのシア・ジュンスさん、舞台出演のときはご本名で登場されてるみたいですね)主演の回とパク・ウンテさん主演の回を観劇。

日本版の『モーツァルト!』とは趣が違う舞台ですが、高い歌唱力で作品世界を押し広げて見せてくるのが韓国版の魅力。特に終盤の「モーツァルト! モーツァルト!」の多重に折り重なるコーラスの迫力は素晴らしかった。

音楽の天才に恵まれた一人の青年、モーツァルトが、妨害や無理解に会いながらも自分の音楽を追求しようとし続ける物語で、モーツァルトはデニムにシャツのような現代の若者の姿で登場。音楽の教科書にあるようなモーツァルトでなく、笑い、葛藤し、自分の理想を貫こうとする「生きるモーツァルト」として描こうとするところが特徴の舞台です。

ジュンスさんのモーツァルトの何が素晴らしかったかというと、役に生きているということ。

ジュンスさんは前回の『モーツァルト!』初演までまったく演技経験がなかったという話を一緒に見てた韓流に詳しい友人から観劇後に聞いてびっくりしましたが、逆に演技経験があまりないからこそ、リアルな心情を役柄に落とし込むことができたのかなと思います。

また、一般的に言ってクラシック系出身のミュージカル出演者の方って、重厚な演技はお得意でも軽さを表現するのがあまりお得意でない方もいらっしゃると思うのですが、ジュンスさんはモーツァルトの持つ軽さ(友人に振り回されて、つい遊びに行ってしまうような部分)とか、コミカルな表現がとてもお上手なのですね。これは役柄の表現としてとても大事なところと思います。

何より魅力的なのは、妨害や困難に遭っても自分の音楽に向かっていこうというモーツァルトに対して、深い共感を持っているのを感じさせること。特に「僕こそミュージック」は、この歌詞に込められたメッセージを丁寧に伝えようとして歌っていることが(韓国語がわからない私にも)非常に良くわかりました。

あと、普通ミュージカル歌唱では聞かないタイプの(ロックっぽい)シャウトを入れてたので、「のど大丈夫かなあ」とか勝手な心配をしたのですが(笑)、このシャウトは普段の音楽活動のコンサートでもずっとやっていても喉を傷めないことで有名と友人に聞いて、「へぇ~」と思ったりしました。このあたりの歌唱法もモーツァルトのロックな魂を表現するにはふさわしかったんじゃないかなと思います。

もうお一人拝見したヴォルフのパク・ウンテさんは非常に優れた歌唱力の持ち主で、特に1幕最後の「影から逃れて」は素晴らしかったです。最後の高音張り上げのすごさは鳥肌モノ。
ご本人の持ち味としては、ミュージカルコンサートDVDで見た『エリザベート』ルキーニが合ってるかもしれません。

韓国語が理解できるわけでなく、日本版の台詞・歌詞の記憶で補完しながら見てるので理解違いもあるかもしれませんが、アマデとヴォルフの関係性は日本版とは違う解釈をされてるみたいですね。小池修一郎先生演出版では自分自身の才能の象徴であるアマデとモーツァルトとの葛藤が色濃く描かれているのですが、韓国版はそうでもないような…? あと、モーツァルトの音楽の源泉の象徴として描かれてる、ヴァルトシュテッテン男爵夫人からもらったオルゴールを、父親にあげようとするシーンは「そんな大事なものを、たとえ親との関係を取り戻すためとはいえ、あげようとしちゃうかしら?」というのが疑問として残りました。このあたりはどう解釈されて演出しているのか、韓国版の演出家の方の意図が知りたいですね。

コンスタンツェのキャラは日韓では全然違いますね。日本版だとウェーバー家の最初の登場シーンでは、奔放な一家の中でも一人清純系なコンスタンツェなのに、韓国版では一家の中でも輪をかけて奔放系なんです。「ダンスはやめられない」の徹底した「悪女」ぶりと、そのラストに見せる女心が対照的で、いやー、チョン・ソナさん本当にすごいと思った。パンフに載ってる経歴を見ると、『マンマ・ミーア!』『アイーダ』『ドリームガールズ』と大作ミュージカルに次々出演している方なんですね。
また、コロレド大司教は2キャストで拝見しましたが、お二人とも豊かな歌声に強い圧倒感があって、「神よ、なぜ許される」は2回ともショーストップに近い状態になってました。

韓国ではウィーンミュージカルとしては初めての作品となった『モーツァルト!』。歌唱表現力に優れているお国柄には向いている作品だなと思いましたし、作品が持つ新たな一面を見せてもらえたと感じています。2012年に上演予定されている『エリザベート』もとても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011/06/12

スタジオライフ『PHANTOM』上演&英国舞台デザイナーが会見に登場

スタジオライフの新作公演『PHANTOM THE UNTOLD STORY ~語られざりし物語~』のプレビュー公演が6月9日行われ、公演終了後、マスコミに向けて舞台装置、映像デザインを担当したマット・キンリーさん、照明のニック・シモンズさん、そして、脚本・演出の倉田淳さんによる会見が舞台上にて行われました。

Phantom1

マット・キンリーさん(MATT KINLEY)は25周年を迎えてニューバージョンとなった『レ・ミゼラブル』の舞台装置・映像を担当。マットさんの舞台装置は、本日12日、NHK BS-2で放送される『レ・ミゼラブル25周年記念コンサート』でもご覧になれます!

ニック・シモンズさん(NICK SIMMONS)は『オペラ座の怪人』の続編『LOVE NEVER DIES』や『OLIVER!』を担当する照明家です。

プレビューの熱気が残る舞台上での会見は倉田淳さんがキンリーさん・シモンズさんに質問する形に。二人ともデニムのラフなスタイルで、気さくに質問に答えてらっしゃいました。
倉田淳さんと代表の河内喜一朗さんがロンドンで新演出版の『レ・ミゼラブル』を見て、その舞台装置に感銘を受けて、「当たって砕けろ」の気持ちでマットさんに『ファントム』の依頼をしたとのこと。
キンリーさんは題材としては「darker and darker and darker」(より暗いもの)に心惹かれるとのことで、「イギリスにも私と同じ趣向の方がいたとは!(笑)」と倉田さんも喜んでいました。
また、このほど『オペラ座の怪人』25周年記念コンサートの開催が決定し、その舞台装置デザインも担当することになったキンリーさん。「『ファントム』はガストン・ルルーの原作をもとに、アンドリュー・ロイド・ウェバー版やアーサー・コピット版など様々な形で解釈され上演されているのが面白い。スタジオライフの『ファントム』は、タイトル通り今まで語られなかったファントムの過去が語られているのが魅力的だ」と語りました。

今回の『ファントム』での美術のキーポイントは舞台後方のパネル。装置を形作りながら、ときには透けてその後方が見えるようになり、また、映像を投射できるようにして、数多くの場面を表現できるようにした。とのことでした。

出席者からの質問時間がありましたので、私からも質問させていただきました。
まず、(質問じゃないですが)今の時期の日本にイギリスから来て下さったことに対する感謝(←心からそう思っております)と、「スタジオライフは男性だけの劇団で、イギリスにはない形態だと思うのですが、どんな印象がありましたか? また、来日してコラボレーションしていかがでしたか?」と質問。

「シェイクスピアの時代にはイギリスにも男優だけの劇団はあったけれども、今は、マシュー・ボーンの『白鳥の湖』のように特殊な意図を持つ場合を除いては女優だけ、男優だけというグループはない。これは日本とイギリスとの文化の違いなんだろうなと思う。

最初はびっくりしましたし、慣れるまで時間がかかりました(笑)。ゲネで女性役の人が衣装とかつらを着ているときは素晴らしいのに、休憩時間にかつらにジャージでたばこを吸っていたり(笑)。時差ボケもあって慣れるのは大変でしたがとても楽しかったです。

(スタジオライフと一緒にやってみて)ファンタスティック、ブリリアント! 
衣装や舞台美術専門のスタッフもいるけれど、役者さんもスタッフワークを担当するので、役を演じたと思ったら、ノンストップで役者も一緒にスタッフワークするというスタンスにとても驚いた。どこにそんなエネルギーがあるのか。皆さん、とても疲れているはずなのに、礼儀正しいし、とても気を使っていただきました。
さっき気がついたんですけど、役者さんは休憩時間にはさらに物販までされてるんですね!(笑) びっくりしました」

とのことでした。

最後に、ファントム役の山本芳樹さん、ファントムの母マドレーヌ役の青木隆敏さんを交えて、フォトセッション。
Phantom3
左から青木さん、山本さん、キンリーさん、シモンズさん、倉田さん

Phantom2


Phantom4
山本芳樹さん
ファントムの仮面、近くで見るととても繊細で美しいですね。

Phantom5
青木隆敏さん


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

プレビュー公演も拝見しましたが、ファントムが「オペラ座の怪人」になるまでを描く生い立ちの物語です。
個人的な感想はまた改めて書きたいと思いますが、「ファントム」に生まれついてしまった苦悩と孤独がひしひしと胸に響いてくる作品です。
『トーマの心臓』でも「苦悩するユーリ」(萩尾望都先生いわく)を演じた山本さんですが、今回は山本さんの真骨頂! 仮面で顔が見えないにもかかわらず、彼の心情が痛いほどわかり、切ない舞台でした。

キンリーさんの装置も、数多くの場面をスピーディに転換し、しかも深みのある美しい色合いで表現していて、さすがです。もしかして『レ・ミゼラブル』新バージョンのジャベール自殺のシーンはこんな感じ!?と思われるところもあったりするのが、コアなお楽しみどころでしょうか。

6月9日、10日のプレビュー公演を経て、公演は6月11日~27日まで。
新宿シアターサンモールにて上演中です。
詳細はスタジオライフ公式サイトにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/03

花組芝居『番町皿屋敷』初日

久々に脳味噌をいっぱい刺激されました(笑)。

花組ヌーベルは花組芝居本公演でできないような内容のものをやるという企画で、今回は『番町皿屋敷』。
「お皿が1枚、2まーい…」の幽霊のお菊さんが出てくるのは『播州皿屋敷』。今回上演されるのは岡本綺堂作の『番町皿屋敷』を加納幸和さんが構成・演出。青山播磨とお菊との純愛の物語です。

今までのヌーベルは浴衣芝居に素顔とかシンプルの拵えのものだったけれど、今回は豪華絢爛衣装に白塗りでそれでもまずびっくり。

新歌舞伎の『番町皿屋敷』を擬古典風でこってりと仕上げ、音楽も杵屋邦寿さんによる本格演奏。舞台装置も能舞台を模した形に。

それがさらに、助六や揚巻、弁慶など歌舞伎パロディもありつつ「それ、コスプレ?」と言ってしまうような、まぜっかせしの大胆な遊びの数々
(お皿を確認するところで、下座音楽が「なんでも鑑定団」の曲になっているのが、受けました(笑))

で、いろいろな仕掛けで遊んでいるにも関わらず、青山播磨とお菊の純愛の物語にぐっと入り込む

という何段階にも複雑に仕組まれた構成に、見事に翻弄されました。

お菊が死んだ後の、青山播磨の一番いいセリフであろうところに、ばしっとギャグを入れて笑わせて、でも、それでまた播磨の心情に戻るところとか、この緩急があるからこそ、悲劇がずーんと胸に響くんだろうなあと思う。

一番遠くに行って一番本質をつかむというか。
以前、美輪明宏さんにお話を伺ったときに、三島由紀夫さんに「君は、皆が崇め奉ってこねくり回して扱う僕の文章を、石鹸箱か何かみたいに扱ってくれるからいいんだ」といわれた、というようなことをお聞きしました。この例でいえば、加納さんは皿屋敷の美の世界を作り上げつつ、石鹸箱のように扱ってる。それを一人で全部兼ねてやってらっしゃると思うと、本当にすごいなと思います。

お菊の加納さんと青山播磨の小林大介さんは良いコンビネーション。二人の心情のやりとりが胸に迫ってきます。
加納さんのここまで可愛い娘の役を見るのは、もしかして初めてかも? 青山播磨の小林さんも迫力あり、大きさもあってかっこよかったですね。

女中お仙の堀越涼さんは、岡本綺堂版よりも設定をだいぶ膨らませてやってらっしゃるとのこと。いろんな工夫があってお仙の思いが伝わってきました。加納さんのお菊との二人の場面が多いので、ここでもう一つ突き抜けることができたら……という言葉は期待の高さの裏返しと思って下さい(汗)。でも、魅力的に見せてらっしゃるとは思いますよ。
奴権次の美斉津恵友さんは声の響きが素敵で、まっすぐな雰囲気が伝わってきて好印象。十太夫と後室真弓と男女のお年寄り役を演じた谷山知宏さんはそれぞれに面白い役作りで目を引きました。

「座・高円寺1」にて6月7日まで。
その後、福岡、名古屋公演あり。福岡公演は住吉神社能楽殿での公演で全編下座音楽が杵屋邦寿社中による生演奏とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/01

NIROCK! vol.6

新納慎也さんのライブNIROCK! 第6回目だそうですが私は初参加。日曜日のラストステージにお邪魔しました。

日頃ミュージカルなどの舞台で活躍する新納さんですが、ミュージカルの曲など微塵もない!(笑)(あ、ご出演の『ウェディング・シンガー』の曲が1曲ありましたが、これもおおむねポップステイストですからね) まさにロックな2時間半でした。
大震災のチャリティライブということで邦楽中心の選曲に、NIROCKでのオリジナルソングを交え、アニソンメドレーや昭和ポップスメドレーなども。お客様をどんどん盛りたてていくエンターテイナーぶりが引き立ち、バラエティに富んだ歌を多彩な表現で聞かせてくれました。ノリノリの曲もいいけど、去年のNIROCKの新曲という切ない恋心を歌った曲も印象に残ります。

基本ミュージカルファンのお客様かと思うのですが、6回と回を重ねて、お客様と新納さんで積み上げてきたものがあるんだなー、というのも感じました。だって、普通、ミュージカルファンの人が一曲目からこぶし振り上げないですものね(笑)。

「216」と書いたペットボトルをおいたり、猿のぬいぐるみがさりげなくあったり、ステージ周りに置いてあるものにもさりげなく気遣いを感じられるのが、新納さんらしいところでしょうか。
トークコーナーが「直前まで何をしゃべるか考えていない」ということでしたが、本当に抱腹絶倒なお話で(震災後にスーパーに買い物に行って…というところから始まる話)面白かったですね。

「芸能をやっている人間は震災などがあると、直接役に立つことはできないけど、でも、皆さんの心を一人でも明るくすることができれば、それで意味があるのではないかと思った」という話に聞き入り…、明るくリアクションするお客様に「この人たちがいれば、日本の未来は明るいっ!」と力強く(?)言うのに笑いながらもうなずき…。

見ていて元気になれるような、プラスエネルギーに満ちたライブでした。楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »