« アダム・パスカル&アンソニー・ラップLive in Concert: Japan Tour 2010 | トップページ | 加納幸和さんに聞く『花たち女たち』アップしました »

2011/01/06

Mick Karn 天国へ

「あけましておめでとうございます」のご挨拶も書かないうちに、とても悲しいニュースが飛び込んできました。

元JAPANのベーシストであるミック・カーンが1月4日(現地時間)肺がんのため亡くなりました。

以前にもブログで、ミックが闘病中であること、そして、彼の治療のためにdonationを募っていることをご紹介しました。私もわずかながらdonationを送ったのですが…。

52歳、若すぎる死です。

JAPANが作り上げる独特の世界からロックを知りました。私の高校生時代は彼らがかなり大きい部分を占めていたと思います。
ミックの演奏は力強くダイナミックで、かつ美しくて。彼が演奏するフレットレスベースの不思議に不安定感がある響きから、初めて音楽は楽譜ではないということを知った気がします。
よく「カニカニ歩き」とかいわれていたミックのプレイ中の動きも好きだったなぁ。
何より、デヴィッド・シルヴィアンとの声とミックのベースが重なることによって生み出される音は本当に深く、激しく、ときに静かに、世界を広げていきました。

彼の彫刻展にも行きましたが、これも非常に独特の感性がある作品群でした。ベースだけでなくアーティストとして広く才能を持っていた方です。

今は天国にいるミックに感謝の心を捧げます。
ありがとう、ミック・カーン

|

« アダム・パスカル&アンソニー・ラップLive in Concert: Japan Tour 2010 | トップページ | 加納幸和さんに聞く『花たち女たち』アップしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mick Karn 天国へ:

« アダム・パスカル&アンソニー・ラップLive in Concert: Japan Tour 2010 | トップページ | 加納幸和さんに聞く『花たち女たち』アップしました »