« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/27

日本橋で『日本橋』を見る

劇団新派公演『日本橋』を拝見しました(公演は終了)。


『日本橋』は花組芝居では見ていますが、新派では初見。泉鏡花の美しい台詞を(まさに川の流れのように)流れるように、しかし、きちんと「立て」て響かせてくれるのは、新派ならではの「芸」というものなのでしょうね。久々に鏡花の世界を堪能してきました。
(聞くところによると、今回の上演にあたり、補綴・演出の戌井市郎さんが原文の台詞にもう一度当たって見直されているもののようです。戌井さんは初日より前の、昨年12月に他界されています)

お孝の波野久里子さんが、可愛さ、気っ風の良さ、葛木によせる愛情…と様々な面を見せて、とても魅力的。終幕、愛ゆえの狂気に陥るのが、とても切なく胸に響きます。
「春で、朧で、ご縁日」の名台詞もとても素敵。

2幕最後に、お孝が一瞬葛木の心持になって男振りをするところがとても格好良くて印象的。ここでは、お孝の心持になった雛妓お千世がお孝扮する葛木(ややこしい)に寄り添うのですが、その形がとても良かったですね。

パンフによると、お千世は初演の折り、花柳章太郎が演じることを熱望し、起用された後にこれが出世役となって、のちに新派を代表する名優となったとのこと。新派にとってとても大事なお役であるお千世を演じたのは鴫原桂さん。キーワードは「健気」。お孝を思う気持ちのいじらしさが前面に出て、とても可愛らしいお千世でした。

もう一つ印象に残るのは、熊のおじさんこと五十嵐伝吾(田口守さん)。お孝に捨てられてボロボロになってもお孝を追い求める熊。最後にお孝に刺されて死ぬとき、自分からお孝の刃に向かっていって「えぐれ、えぐれ…」という。お孝に刺されて死ぬことが熊にとっては最大の喜びなんだろうな…ということが伝わってきました。嗜虐と愛情の狂おしさも、また、泉鏡花が描く世界の真骨頂でもあると思うのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/26

2011.1.23

2011.1.23ってなかなか良い数字の並び方してますね(笑)。
約1年前のブログにも書いたイベントの司会を、今回もさせていただきました→(そのときのブログ「HAPPY 30th」

人の気持ちって温かいなと改めて感じるイベントでした。
みきさんがおっしゃるとおり、「1年に1回、親せきに会っているような感じ(笑)」のアットホームさがあるイベント。みきさんがファンの方々を思う気持ち、そして、ファンの方々の優しさと、まさに「あげてもらって」という心の交流があって。
毎度のことですが、みきさんのエンターテイメント精神と向上心に脱帽です。

しかし、司会しながらもすごい笑ってしまっていて、お客様には失礼いたしました(みきさん、話面白すぎ)。
また、「ブログ読んでますよ」と声をかけて下さったお客様もありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/01/22

『ギルバート・グレイプ』 東京グローブ座

『ギルバート・グレイプ』観劇してきました(東京グローブ座)。
原作小説と映画版共に未見(この舞台は映画でなく、原作小説を元に舞台化されているとのこと)

アメリカの田舎町。知恵遅れで「長く生きられない」と医者から言われている弟と、父親アルバートが自殺した後どんどん食べ続けて何年も家から出ていない母親と共に暮らすギルバート。

ギルバートの内面を一人称的に語りだす舞台で、ギルバート以外の人はほとんど複数の役を演じ分けている。
舞台装置はシンプルで、田舎町の閉塞感を表す道具以外は椅子とテーブルくらい。
効果的に使われているのは大きな水槽で、それでお風呂やスーパーの水槽、川など多重に視覚イメージを作り出している。
たとえば椅子を使って車に乗っている場面を表現するなど、具体的な道具をあまり使わない分、見る人の想像力に訴えかけるような舞台だから、ぐっと役の心情に近づいていけた気がする。

ギルバート役の丸山隆平さんはほぼ出ずっぱり。彼の台詞と同時に、彼の内なる声がステージに投影される。これは理解の助けにもなったと思うけれど、丸山さんの演技だけで「実際の声+彼の内面部分」が十分伝わってきている部分も多かったように思うので、ここまで多用しなくてもよかったかも?

ギルバートの閉塞された感情、爆発、それでも、家族を愛する心……心の揺らめきを丸山さんはリアルに繊細に描き出していた。私もギルバートと一緒に3時間、心の旅をしていたような気がする。

だから、ある種の解放感(と私は解釈しましたが)をもって迎えられるラストシーンに、ギルバートという人の成長も感じられて、感動的だった。
丸山さんのバックボーンをあまり知らなくて申し訳ないけれど、舞台初主役ということで(映像でない)演劇の経験はあまりない方なのですよね? 3時間の集中力は見事なものだし、役者としての豊かな感性がある方なのだなと思う。

芸達者な皆さんが彼を支える。

寿ひずるさんが演じる、ギルバートの母。家から出られないくらい巨大なお母さん、ということで、どう表現するのだろう? と思っていたら、これも想像力で見せる形だった。男役時代を彷彿とさせる低く落とした声に迫力があり、その分、ラストの哀しさが際立つ。ギルバートの勤め先のやさしいおばさんもよかった。

加納幸和さんは何役も演じて、近所のおばさんのリアルさやめったに見られない子役(なんだか楽しそう…)などもありつつ、ギルバートの愛人の夫、カーヴァー氏の苦味と隠された色気が印象的。加納さんが出ると、作品世界を広く押し広げてくれるなあと思う。
ラストに出た男性はギルバートの父親アルバートのイメージ? と思ったけれど、終演後に加納さんに伺ったら「あれは町の人」ということで違うらしい(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/01/10

加納幸和さんに聞く『花たち女たち』アップしました

「空前の女形戦争!」と言われた花組芝居『花たち女たち』。
昨日、衛星劇場での舞台中継を見て感動が新たになりました。

公演終了後、加納幸和さんに『花たち女たち』についてお話を伺いました。
そのインタビューをこちらにアップいたしましたので、どうぞお読み下さいませ。


「加納幸和さんに聞く『花たち女たち』」はコチラヘ。

いつも丁寧にお話いただいている加納さんと花組芝居さんに心から感謝しております。ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/06

Mick Karn 天国へ

「あけましておめでとうございます」のご挨拶も書かないうちに、とても悲しいニュースが飛び込んできました。

元JAPANのベーシストであるミック・カーンが1月4日(現地時間)肺がんのため亡くなりました。

以前にもブログで、ミックが闘病中であること、そして、彼の治療のためにdonationを募っていることをご紹介しました。私もわずかながらdonationを送ったのですが…。

52歳、若すぎる死です。

JAPANが作り上げる独特の世界からロックを知りました。私の高校生時代は彼らがかなり大きい部分を占めていたと思います。
ミックの演奏は力強くダイナミックで、かつ美しくて。彼が演奏するフレットレスベースの不思議に不安定感がある響きから、初めて音楽は楽譜ではないということを知った気がします。
よく「カニカニ歩き」とかいわれていたミックのプレイ中の動きも好きだったなぁ。
何より、デヴィッド・シルヴィアンとの声とミックのベースが重なることによって生み出される音は本当に深く、激しく、ときに静かに、世界を広げていきました。

彼の彫刻展にも行きましたが、これも非常に独特の感性がある作品群でした。ベースだけでなくアーティストとして広く才能を持っていた方です。

今は天国にいるミックに感謝の心を捧げます。
ありがとう、ミック・カーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »