« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/27

萩尾望都原画展・スタジオライフ「11人いる!」製作発表

萩尾望都先生デビュー40周年記念「萩尾望都原画展」の開催と、スタジオライフによる「11人いる!」の舞台化が決定し、製作発表記者会見が行われました。(11月26日 博品館劇場)
その模様をレポートします。
11p_9

7回に及ぶ上演回数を誇る「トーマの心臓」をはじめ、「訪問者」「メッシュ」「マージナル」に続き、「11人いる!」で萩尾望都作品5作品目の上演となるスタジオライフ。
「宇宙大学受験のため、宇宙船白号に乗り込んだ受験生たち10人。しかし、宇宙船にはなぜか1人多い、11人いた」というところから始まるストーリー。
日本のSF漫画史上で最高傑作の一つとの評価を受ける「11人いる!」をいかに舞台化するか? 興味が集まります。
今回は宣伝ビジュアル製作も萩尾先生が担当とのこと。宇宙的な広がりを感じさせるポスターも要チェックです。

******************************************************
最初に、萩尾先生とスタジオライフの作・演出家、倉田淳さんによるトークショー。

11kh

「11人いる!」の製作秘話(宮沢賢治の「座敷童子のはなし」を読んだことがきっかけで「10人のはずが、11人いる!」というストーリーを思いついた。はじめ、高校生のときに描こうとしたけれど、キャラクターが7人くらいしか思いつかずに断念した)や、11人の個性豊かなキャラクターについてが話題に。
「性が未分化のフロルは、ル・グインの『闇の左手』に出てくる性が定まっていない登場人物から発想のヒントを得た。生物学の本を読んだら、はじめから性別が決まっていない生き物が多いんです」
と萩尾先生がいうと倉田さんが「イメージが広がりました」などと、かなりの刺激を受けているご様子。

トークの中で私が印象に残ったのは、コミュニケーションに関する話。
倉田さんが
「いろんな星から受験生たちが集まってきて隔離された宇宙船の中で生きていくが、その中でいろんなアクシデントがあったりする。彼らは他者と対峙することによって自分のことが見えてきて、最終的に自分の立場や自分の負を受け入れることができて、未来へと結びつけていくことができたんじゃないかなと思うんです。自分の負を受け入れるためのアドバイスがいただければ」
という問いかけに
萩尾先生は
「まさにおっしゃるとおりで。自分の負は克服したり戦うものでなく、受け入れるものじゃないかなと。コンプレックスをなくそうとすると厳しくなってしまい、結果、他にも厳しくなってしまう。むしろ、受け入れる、自分を許すことが大事で。その兼ね合いは一人でできることではなく、他人を介して、コミュニケーションを取りながら距離感を図りながら、自分で発見して理解していけるようになる。そんな風にして許し合っていくのが一番いいんじゃないかと思います」
と答えられていて。

私は聞きながら
「ああ、これってまさに『トーマの心臓』で描かれているものだな」
と思っていたのですが、すかさず倉田さんも
「それは『トーマ』とリンクしてますね」
とおっしゃって。「人は一人では生きていけない」という思いはスタジオライフの作品の中で繰り返し描かれているテーマですが、萩尾先生と倉田さんには深く共通する部分があることを改めて感じさせられたトークでした。


******************************************************
引き続いて、出演者の皆さんが登壇し、製作発表に。

主宰の河内喜一朗さん
「萩尾先生の『トーマの心臓』と出会わなかったらスタジオライフは存続しえなかったと思う。改めて萩尾先生に感謝の言葉を申し上げたい。SF作品で、代々木アニメーション学院の協力を得てハリウッド並みの特殊メイクと舞台いっぱいのスクリーンにコンピュータグラフィックスを使って表現したい」

倉田淳さん
「『11人いる!』が舞台化できて幸せです。稽古を一番待ち望んでいるのは私自身です。男性ばかりの宇宙船は(男優集団)スタジオライフにぴったりではないかと思います(笑)。お客様がどうしたら想像力を膨らませて現実から飛び立っていただけるか、身が引き締まる思いで挑戦していきたいです」

山本芳樹さん(タダトス・レーン役・Alcorチーム)
「今はまだどんな作品になるか想像もつかないけれど、これからどういうふうに作られていくかが楽しみです。萩尾先生の素晴らしい作品世界とスタジオライフの世界がうまく良い化学反応を起こしていけたら、と思います」
11yos

松本慎也さん(タダトス・レーン役・Mizarチーム)
「大好きな萩尾先生の作品に出演できることを幸せに思っています。閉鎖された密室の空間における集団心理を演じるということで、関係性と心情を丁寧に描きながら、お客様にドキドキハラハラしていただけるように真摯に芝居に取り組んでいきたいと思います」
11mat

及川健さん(フロルベリチェリ・フロル役・Alcorチーム)
「私は学生時代アニメーション部にいて、部員達でアニメの『11人いる!』を見た覚えがあります。それから月日が流れて、『11人いる!』に出演するという不思議なご縁を感じています」
11oik

三上俊さん(フロルベリチェリ・フロル役・Mizarチーム)
「僕が演じるフロルは『メニール』といわれる、性が未分化の人。活発で負けん気が強くて、でも、心の中には優しさと思いやりをもった人物です。『メニール』は天使という意味もある言葉ということなので、見た目も中身も天使のような存在になれたらいいなと思います」
11mik

曽世海司さん(バセスカ役・Mizarチーム…製作発表では司会も務めました)
「今まで演じてきた中で一番、位が高い役。ついに王様まで上り詰めたかなと思います(笑)。もともとSF好きで、初めて『11人いる!』を読んだときの衝撃と感動は忘れられない。SFの面白い要素が作品の中に凝縮されてるんです。ずっとやりたいと思っていた作品に参加できて、嬉しくてワクワクしております」
11soz

青木隆敏さん(バセスカ役・Alcorチーム)
「初めての王様役でドキドキしているのですが…(笑)。威厳と高貴なオーラをまとって、萩尾先生の作品の登場人物らしく繊細な心理描写も忘れずに演じたいと思います」
11aok

山崎康一さん(グレン・グロフ役・Alcor/Mizar両チーム)
「『11人いる!』は『トーマ』に次いで2番目に読んだ萩尾先生の作品です。先生の作品を演じるとき、追えば追うほど逃げていく気がするんです。どこまで追えるか挑戦していきたい。僕と林勇輔が特殊メイクをやるということで、今からドキドキしています(笑)」
11yam


質疑応答では「スタジオライフ版『11人いる!』に対する期待は?」という質問。

萩尾先生は
「これまでスタジオライフではリリカルな話を上演していただくことが多かったので、ハードな要素が多い『11人いる!』がどんなものになるのか、非常に興味があります。演出家の倉田さんが女性ですからリリカルな面を出せるでしょうし、役者さんは全員男性ですからそれと相反する別の面がうまく出せるんじゃないかなと思っています。特殊メイクも入るということで、今から期待感がますます高まっています」
と答えました。

******************************************************

2010年、劇団創立25周年という節目の年を迎えたスタジオライフ。
2011年、新たな未来に向けての第一歩は『11人いる!』からスタートです!

スタジオライフ 『11人いる!』
◆東京 あうるすぽっと 2011年2月5日~28日
◆名古屋 名鉄ホール 3月19・20日
◆大阪 シアター・ドラマシティ 3月26・27日

デビュー40周年記念 萩尾望都原画展 
◆名古屋栄三越 12月22日~1月3日
◆福岡アジア美術館 2011年1月24日~3月13日


******************************************************
(番外編)
青木さんの発言が笑いを呼び、一気に場が和みました。
11ban1_3

発言する山本さんを見つめる及川さんの視線に同期の絆が垣間見えます…。
11ban2

(写真掲載は劇団の許可をいただいております。禁・無断転載)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/24

アジアン・スイーツ

ビシビシと胸に迫ってくる4人芝居。
婦人服の仕立て屋を営んでいる姉(鶴田真由)のところにやってくる弟(新納慎也)、母(根岸季衣)、幼なじみ(清水宏)。
初めに交わされる普通の会話から、徐々に皆の「ダメさ」加減が分かってくる。
ダメぶりはおかしくもあり、リアルでもあり。
4人のほころんでいる部分が徐々にあらわになり、ぶつかり合っていく。
鬱屈を最後に爆発させる姉の姿が圧巻だ。

でも、すべてをさらけ出した後で、何かしらの絆が再び見えてくるような。
そんな芝居。
1時間50分、充実した時間を過ごさせてもらった。

母親であることよりも女であることを優先させて家を出ていった母だけれど、それでも子供たちに対する思いはちゃんとあって…という複雑な部分を描き出した根岸さん。自分の妻と別れられず、でも愛人の家に居候してしまう男の、ちゃらんぽらんで得体が知れないようでありながら、ふと見せる重い心情にはっとさせられた清水さん。このお二人による体当たりのシーンの迫力がすごい。

弟役の新納さんは姉と交わす会話のテンポが心地良い。姉の鶴田さんの素朴な装いの中にも、透明感をたたえた存在の美しさはとても魅力的。

初演公演は金久美子さん主演。鄭義信さんが金さんのために書き下ろした作品という。根岸さんのブログから引用すると「6年前、金久美子さんがガンと分かって、そのはなむけにと書かれた戯曲で彼女はその公演から6ヶ月後に逝ってしまわれました」「金さんが「ウエディングドレスが着たい」とリクエストした」とのこと。

今回の公演を見る前の日に、本当に偶然、初演当時の公演のご案内が出てきて…。そこには、出演者からの手書きのメッセージがあって
「ほんわかした、大人の恋と家族の愛の物語…? 見にいらして下さい Kumija」
と書いてありました(右側にはにこちゃんマークふうの太陽が)。
日本の小劇場を代表する女優さんのお一人であった金さん。7回忌を機に上演された「アジアン・スイーツ」。改めて女優・金久美子さんのご冥福をお祈りしたい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/16

芝居を見ることは自分を見ることでもある

8年前の新派での公演『花たち女たち』を見たのはHさんとご一緒でした。
ちょうど母が入院中だったので、新派の舞台を見ながら「女性が生きるってどういうことなんだろうか?」と思いを巡らしていた記憶があります。
(母は帝劇の『西鶴一代女』に一緒に行ったときに、パンフの植本潤さんの写真を見て「花組芝居にも女優がいるのね」というナイスコメントを残した人でしたが…(笑))


今回の花組芝居公演『花たち女たち』を見て、8年前のこともいろいろと頭によぎってきて…。
Hさんは2年前に他界されたのですが、「今ご一緒したらどんな感想をおっしゃるのだろう?」と思ったり。

花組『花たち女たち』千秋楽の前日、私が仕事などでとてもお世話になった方の告別式に伺いました。60代前半でお若いご最期だったけれど、果敢に病気に闘ってらしたようです。その方と関わるようになったきっかけは、私と長くお付き合いがある方とのご縁からでした。告別式でご一緒した後で、その方にメールをした返事が、翌日『花たち女たち』千秋楽の幕間にメールチェックしたら届いていて。

「人生は本当に、いろいろな経験といろいろな方たちの支えがあっての繰り返しかも」
というその方の一文が、心に残りました。
「○ちゃん(←私)の人生を深く応援します」とも。


『花たち女たち』で描かれているのは、大正~昭和を生きる二人の女性、正子と蔦代。この日は終幕近くの、酩酊した正子の前に過去の男性たちの幻想が現れるシーンがよりリアルなものに感じられました。

演じている堀越さんも谷山さんも20代の男性。自分の周りにいる人たちが次々に手の届かないものになるという感覚は、彼らの現実としてはリアルなものではないかもしれないけど、でも(前回のブログに書いたように)「魂は現実」と思える瞬間がある。
谷山さんが演じる蔦代の愛嬌と芝桜のような逞しさ、「自分が死ぬときは、バレエの『瀕死の白鳥』のように消えていきたい」という堀越さんの正子の儚い美しさ……。非現実が現実を生み出したような不思議なリアリティがあるのです。


花組版のラストシーンは新派と違って、あたりを闇に包まれた正子が泣き崩れるところで終わります。(ちなみに原作のラストもそういう終わり方)
「一期は夢」というようなラストも、でも、それは哀しいだけのものでない気もする。その後も正子の人生は続いていくわけで、さまざまな経験を繰り返しながら生きていく(生きていかなければならない)。そんな人間の生命力の強さとか、もしかしたら、蔦代という存在(難儀な人ですけど…(笑))も正子にとっては支えなのかも、…とか、いろんなことを感じさせられるラストでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/07

花組芝居「花たち女たち」初日見てきました

花組芝居の「花たち女たち」。ダブルキャストの公演で4日「夢たち」チーム、5日「恋たち」チームの両初日を見てきました。

初演は劇団新派で2002年。有吉佐和子さんの「芝桜」「木瓜の花」が原作、飯島早苗さんの脚本、加納幸和さん演出でしたが、今回は加納さんが花組芝居向きに脚本にも手を入れて構成・演出を担当。

雛妓(おしゃく)時代から「おみきどっくり」と言われた芸者の正子・蔦代が、恋と心意気で生きる約40年間を描く。ぶつかり合いながらも、離れてはまた近づく二人の不思議な縁が織りなすドラマ。最後は、女性が生きるということについて思いを巡らしたくなる、小気味よくも力強い舞台でした。

大正から昭和30年代の約40年間を2時間45分で上演。大河ドラマさながらですが、花札を模した大胆な舞台装置を回転させたり、交差させたりすることで素早い舞台転換を実現。加納さんいうところの「たっぷり! あっさり!!」(濃密な芝居を、スピーディにどんどん展開させていく)なスタイルで、2時間45分が体感時間的にはあっと言う間に過ぎていく感じです。

フランスに行った正子のパトロン江藤が頭に三色旗色の風船をつけてたり、恋に落ちた正子と山田一人がTUBEの曲で恋の喜びを踊ったり(笑)と、花組芝居らしい飛躍とキッチュな笑いも交えながらも、織りなされる人間関係は非常に緊密で、ぐいぐいと物語に引きずり込んでいくパワーがありました。

新派では波乃久里子さんと水谷八重子さんが演じた正子と蔦代。「夢」チームは植本潤さん・八代進一さん、「恋」チームは堀越涼さん・谷山知宏さんが演じます。
基本的に同演出なのに、こうまで違う印象になるか…ということにも驚かされます。

大ざっぱな分け方をすると、芸の力で見せる「夢」と、関係性で見せる「恋」というところでしょうか。
(もちろん、夢チームにも関係性がしっかり描かれてるのですが)

「夢」チームで印象に残ったのは、蔦代が正子を恋人の歌舞伎役者・仙七と別れさせるために、意外な行動に出る場面。正子が自分でも気がつかなかったであろう蔦代に対する思いや矜持と屈辱…、いろいろな思いが交錯する模様を、台詞がない中でも植本さんが全身で表現していて、圧倒されます。対する蔦代の八代さんの演技とあいまって、まさに「女形バトル」が繰り広げられてました。

一方、「恋」チームで印象に残ったのは、物語ラスト近く、蔦代の丹精している屋上の庭を、二人で眺める場面。様々な葛藤やぶつかり合いを越えて二人に間に流れる、ある種の「友情」(普通の友情ではないけど)がここで見えてくるのです。それは、堀越さん、谷山さんが正子と蔦代の約40年の日々をきちんと積み上げてきたからではないかな、と思うのですが。

初日終演後の乾杯イベントで植本さんをお見かけして「女形免許皆伝って感じですね!」と言ったら「マタマタ…(笑)」とあっさり交わされましたが(笑)、結構本気でそう思ってます。八代さんは、なんというか、上手さが引き立つ感じ。蔦代が持っている現実的な強さ、したたかさの面が、八代さんが演じるとより明確になると思う。やはり、植本潤さんとのバランスは非常に良いですね。

新派のときは久里子さんのたおやかな演技で、正子の嫋嫋しい部分が前面に出ていた気がするのですが、堀越さんが演じると、正子の内面にある負けん気の強さの部分も透けて見えてくるようです。(それは、女優さんでなく、女形ならではの客観性でもあるのでしょうか) 堀越さんらしい個性を入れて演じてる部分もあったのが面白かった。谷山さんは初の女形。蔦代のちょっと得体のしれない感じが谷山さんの個性にもうまくハマっていたかも。愛嬌があるところも、役にピッタリでした。でも、お若い二人なのに、最初の子供時代より後半の、年が行ってからの芝居の方がより良い気がするのは不思議です(笑)。

ちょうど今、NHKの番組「ザ☆スター」坂東玉三郎さんの回のDVDを借りて見ていて、そこで「女形は非現実 魂は現実」という言葉があったのが印象的でした。「女形って何だろう?」ということを考えていたときだったので、「花たち女たち」で現代の女形像を様々見せてもらえたのは、個人的にも得るものが多かった気がします。
玉三郎さんが演じる女形と花組芝居の女形はもちろん違うと思うけど、「魂は現実」という言葉は花組にも当てはまってるかなと思いますね。
正子・蔦代の生き方に、同じ女性としてどこか共感というか、気持ちを寄せられる部分がある(…うーん、まあ、蔦代には寄せられる部分は少ないかもしれないけど(笑))。
花組さんの女形は、玉三郎さんよりももっと複雑で、非現実で虚構な女形の美に、時に現実の男性としての存在を強烈に投影しながら、魂は(役の人物の性根という部分で)現実っていうもの…なんでしょうか……?


加納幸和さんの阿や八は大きさと迫力と人の目を惹きつける力があって、鏡獅子の老女のこってりした味わいも得がたいもの。山下禎啓さんの阿や八は、見てると豊かな気分になれますね。普段は女形をなさらない桂憲一さんと丸川敬之さんの姉芸者も意外にも(スミマセン)おきれいでした。蔦代の母・フジを演じた北沢洋さん、秋葉陽司さんもパンチが効いてます。

そして、正子・蔦代をめぐる男性たちも、それぞれ色濃く演じていて、ドラマ性が深まっています。
印象に残るのが、大きな人物を作り上げた水下きよしさんの江藤。仙七の桂憲一さんは久々のセクシー全開(?)。女の人が放っておかないような雰囲気と優柔不断な弱さの両面を見せ、終幕の歌舞伎座楽屋のシーンで対照的に仙七の成長の大きさを見せていたのが見事でした。正子が恋をする湧井を演じた各務立基さんと小林大介さんもそれぞれに魅力的。特に各務さんの台詞のリアルな響きがとても良いと思う。


まだ見る予定があるので、また改めて書ければ、と思いますが、最後に推察。

舞台装置が花札なのは何故か?

原作小説ではよく花札をやるシーンがある、というのも一つの理由かもしれませんが、それ以外に。
花札を1枚ずつめくって、出てきた札によって勝負の流れが変わる花札。花札の1枚1枚が正子の出会った男たちであり、それをめくることによって、正子の人生がどんどん変わっていく…ということの寓意かなと思ったのですが、どうでしょうか(違うかも)。

東京公演は11月14日まで 新宿スペースゼロ。
大阪公演は11月19~21日 ABCホール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/04

お知らせなど

11月に入り、寒さが一段と増してきましたね~。皆様、お風邪など召されませんように。

ちょっとお知らせなど。

BESTA STAGE 2010年12月号(VOL.27)

「エディット・ピアフ」安蘭けいさん・浦井健治さん 撮影リポート
「ファントム」海宝直人さん・古川雄大さん対談
スターのハマりもの 橋本さとしさん
クリエイターズインタビュー 有村淳さん

を書かせていただいています。

安蘭さんは、いつお会いしても気さくに接して下さってありがたいですね。ピアフの姿はお綺麗でした~。(この間拝見した「ワンダフルタウン」もお似合いでした)浦井さんはちょっとお久しぶりにお会いしましたが、誠実な語り口が浦井さんらしい。
「ファントム」のお二人はまさに爽やか対談。好対照のお二人なので、ダブルキャストのシャンドン伯爵をどう演じられるか楽しみですね。
さとしさんも相変わらずお話が楽しくて、笑いじわが増えそう!? でした。食べるラー油を熱く語る言葉に刺激され、帰りに初「食べるラー油」を買っちゃいました。
有村淳先生、宝塚の舞台で繊細で複雑な味わいのある色遣いがとても印象的だったので、有村先生の衣裳創りにかける思いが伺えてよかったです。宝塚時代に聞いた真矢みきさんとのエピソードも話していただけました。

博品館劇場 「夜想曲(ノクターン)…『 GOLD 』」

パンフレットの座談会取材を担当しています。
昨日のゲネを拝見しましたが、出演者の皆さんが自分をさらけ出して取り組もうとする姿勢と、作品内容がうまくリンクして独特のパワーがある舞台になっていました。
公演は11月7日まで、ぜひご覧下さいませ。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »