« Anthony Rapp(アンソニー・ラップ)の一人ミュージカル「without you」 (韓国・ソウル公演) | トップページ | お知らせなど »

2010/10/30

Studio Life「ドラキュラ」×映画「トワイライト」献血キャンペーン

本日10月30日、劇団スタジオライフ「ドラキュラ」×映画「トワイライト・シリーズ」タイアップによる、献血キャンペーンが行われました。その模様をレポートします。


D1

例年、秋から冬にかけては、血液の需要が増える中で献血者数が減少する季節とのこと。血を必要とする吸血鬼が献血を訴えるというユニークな方法で、広く献血を呼びかけました。

劇団員によるパフォーマンス

D3
まず、三上俊さん、関戸博一さんが登場。
スタジオライフのJr.7で結成する音楽ユニット「雪月花」の第2弾シングル「雪月花 MEETS BLUE BLOOD CLUB」の衣装で登場した二人。
「僕らもこの間、血を吸われて吸血鬼になっちゃったんだよね」
「もうすぐ、ドラキュラ伯爵がいらっしゃるから、早く血を集めなくては」などと言っているうちに…


D4

舟見和利さんがドレス姿で現れます。「ヴァンパイア・レジェンド」での吸血鬼ゼーリヒの母の扮装のようです。舟見さん、お美しいですね。

D5

いよいよ、ドラキュラ伯爵 曽世海司さんが登場! マントを持つポーズも決まってます。

D6

「私は日の光が苦手だから、今日は台風を連れてきたのだよ」などと言っているうちに、足元をネズミが駆け抜けるハプニングが。
「城からネズミまで連れてきてしまったよ」とすぐアドリブを飛ばすところはさすが曽世さん。
集まったファンの方々や通行者の皆さんに「皆で献血ルームに行こう!」と熱く訴えかけました。


D8

最後は、プレス向けの撮影。
左から舟見さん、堀川剛史さん、曽世さん、関戸さん、三上さん

パフォーマンス以外にも、東京交通会館6階の有楽町献血ルームで献血に応じた人には劇団員から直接記念品をプレゼントし、献血ルームでは特別映像を上映する催しがありました。

有楽町駅付近では、マントに黒装束という吸血鬼スタイルの皆さんが、献血を呼び掛けるチラシを配布。
私が気付いた中では、神野明人さん、原田洋次郎さん、松村泰一郎さん、板倉武志さんが吸血鬼スタイルでいらっしゃったと思います。これだけの人数分のマントがあるっていうのは、スタジオライフならではですね~。

D12
先日BEST STAGEで取材させていただいた緒方和也さんも、チラシで献血を呼びかけてます。お疲れ様です!
ちなみに差してらっしゃる傘は、「けんけつちゃん」柄でした。

関東地方に台風接近という悪天候の中でも、スタジオライフの皆さんの温かい心が伝わるような献血キャンペーンでした。

今年はスタジオライフ劇団創立25周年という記念の年。萩尾望都さん原作の「トーマの心臓」、シェイクスピアの音楽劇シリーズ新作「じゃじゃ馬馴らし」に続き、「トーマ」と並ぶ代表作「ドラキュラ」上演で締めくくります。

「ヴァンパイア・レジェンド」「銀のキス」など吸血鬼物の上演が多い劇団ですが、中でも「ドラキュラ」は今回で4度目の上演となる代表作。
永遠に生き続けなければいけないドラキュラの孤独と愛を描くゴシックロマンに期待が集まります!

スタジオライフ創立25周年記念公演「ドラキュラ」
11月10日~11月28日 銀座博品館劇場
12月4日・5日 サンケイホールブリーゼ
詳しくは劇団ホームページへ
映画「トワイライト」シリーズ第3弾「エクリプス/トワイライト・サーガ」は11月6日公開


(番外編)
有楽町駅前に佇むドラキュラ伯爵ご一行様。ちょっと不思議な光景でした。
D9


D10


(写真は劇団の許可を得て掲載しております。禁・無断転載)

|

« Anthony Rapp(アンソニー・ラップ)の一人ミュージカル「without you」 (韓国・ソウル公演) | トップページ | お知らせなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/49886597

この記事へのトラックバック一覧です: Studio Life「ドラキュラ」×映画「トワイライト」献血キャンペーン:

« Anthony Rapp(アンソニー・ラップ)の一人ミュージカル「without you」 (韓国・ソウル公演) | トップページ | お知らせなど »