« 心の奥に響くミュージカル『サイド・ショウ』 | トップページ | 新井薬師御開帳 »

2010/05/04

ゴールデンウィーク&さよなら歌舞伎座

皆様、ゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか?
私は取材に観劇があるのはいつもどおりですが、比較的時間に余裕があるのでぼちぼち原稿書きしながらまったり過ごしております。

GW前の28日にはさよなら歌舞伎座千穐楽に行ってまいりました。
3部はチケットが取れなかったので、1部だけ観劇。

Kabukiza1

カメラ持参で写真を撮ってる方もたくさん。私も。
Kabukiza2

役者の皆さん、思いが込められた好演、熱演でしたね。
1部のラストは連獅子。勘三郎さん、勘太郎さん、七之助さんの気迫がすごかった!
拍手も地鳴りのように鳴り響いてました。

20年近く前?、演舞場歌舞伎公演の千秋楽に勘三郎さん(当時は勘九郎さん)の鏡獅子を見たのですが、そのときは、毛振りを百回以上回していたんです。横で胡蝶で踊ってた勘太郎さんと七之助さんは、あまりに長いので(笑)(振り付けがなくなっちゃったのか)二人でちょっと困った顔をして踊ってたのがなんとも印象的でした。今回はお二人で子獅子でしっかりとお父様と並んで踊ってらっしゃることに、とても感動しました。こうして長く成長する姿を拝見できるのが歌舞伎の楽しみの一つですね。

長く通っていた歌舞伎座がなくなるのは寂しいことですが、3年後には今の歌舞伎座の材料で使えるものは使って設計されるということです。この舞台に立った役者さんたちの魂もそのまま受け継いだ歌舞伎座として蘇ることを期待します。

余談ですが、幕間に偶然真矢みきさんにすれ違って一瞬ご挨拶を。そういえば、旧・東京宝塚劇場の最後の公演は真矢みきさん主演の「ザッツ・レビュー」でした。そんなことも思い出し、劇場というものに思いをはせました。

さてさて
今日はゴールデンウィーク気分を満喫するため(?)美術展へ。国立西洋美術館のフランク・ブラングィン展と(できたら、BUNKAMURAでやってるレンピッカ展も行きたいけど、はしごできるかな~)に行き、その後はミュージカル「黒執事」に行って来ます。

皆様も楽しいゴールデンウィークを!

|

« 心の奥に響くミュージカル『サイド・ショウ』 | トップページ | 新井薬師御開帳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/48264060

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィーク&さよなら歌舞伎座:

« 心の奥に響くミュージカル『サイド・ショウ』 | トップページ | 新井薬師御開帳 »