« 世田谷シルク『春の海』 | トップページ | ゴールデンウィーク&さよなら歌舞伎座 »

2010/04/17

心の奥に響くミュージカル『サイド・ショウ』

まず、このミュージカルを日本で上演しようと企画し、見事に成功させたことに拍手!

フリークスたちのショウ=サイド・ショウから出発し、華やかなエンターテイメントの世界に転進する結合双生児(シャム双生児)を主人公とするミュージカル……と聞くとやや敷居が高い印象を受けるかもしれない。
しかし、『ドリームガールズ』作曲のヘンリー・クリーガーの「ザ・ミュージカル」というべき音楽に載せて、いわゆるバック・ステージもののミュージカルの王道にのっとった華麗な作品に仕上がっている。
その華やかさで油断(?)した心に、ズドンと打ち込まれるのが、人々の差別、偏見の言葉の数々…。

この作品の冒頭は見世物小屋に三々五々人々が集まるシーンから始まる。観客席に座り、フリークショウを見る人々。直後、彼らは早替わりによりフリークスとなる。(おそらくは、フリークスもそうでない人たちも変わりはないということのメタファー)
そして、ずっと飛んで終幕。再び、フリークスたちも、結合双生児も舞台上の観客席に座って、私たちを見詰める。そのとき、この物語を見ていた自分たちが、実は見られていたことにも気づくのだ。

普通とは何なのか、人は差別する心をなくすことはできないのか。

ありのままの自分を受け入れ、前を見て歩き出そうとする双生児のヴァイオレットとデイジーの姿を見て、感動しながらも、では自分はどうなのか、と自らに問いかける。深く深く心の響いてくるミュージカルだった。

======================
もしこの作品が仮にミュージカルでなければ…、受け止めるのは難しかったかもしれない。言ってみれば、糖衣錠のクスリのような感じか(笑)? ショーシーンはエンターテイメントに楽しくできていて、印象的な歌も多い。
フリークスたちのシーンはもうちょっとおどろおどろしいものを予想したけれど、適度にソフィストケイトされていた。日本人の(ミュージカルの観客の)感覚だとこのへんが受け止められるギリギリの線なのだろうか。

======================
結合双生児役のお二人、ヴァイオレットの貴城けいさんとデイジーの樹里咲穂さん。共にとても素晴らしかった!
公演前に取材させていただいたときに、「私たちには後天的とはいえ、宝塚のDNAが流れているから、双子を演じるのに向いているのではないか?」とおっしゃっていたのだが、見事な双子ぶり。

前にブログで「二人はどう結合を見せるのか?」というのを書いたが、実際は、衣装をつなげるとかでなく、自力で体をくっつけ合うという形に。それも違和感なく動き(暗転のときでも、素早く自然に動いてるのでビックリ)、ダンスまで踊るのは驚いた。「スターであると同時に生徒」という宝塚の原則が、この役柄を演じる上ではとても役に立ったのではないか。
そして、ラストシーンの二人の決然とした力強さ、生きるパワーを見せるのも、なかなか普通の女優さんでは出せないような感じ(話飛びますが、今月の歌舞伎座『助六』で玉三郎さんの揚巻が一瞬見せるカッコ良さと強さは、これは女優さんでは出せないよな~と思ったけれど、それと同じような意味で)。男役だった経験が、うまく役に生かせているのだと思う。

重くなりがちな題材を持ち前の華やかな雰囲気で、特にショーシーンを盛り上げたのも素晴らしい。

その一方で、役を取り組むにあたって、深く内面を見詰めたであろうのも見て取れた。双子でも、控えめで平凡な結婚生活を夢見るヴァイオレットと、ショーの世界で成功したいデイジーというキャラの違いがきちんと出ていたし、二人で助け合える前を向いて生きていけるという二人の絆も見えた。貴城さん、樹里さんにとって大きな財産ともいうべき役にめぐり合い、見事にものにしたのだと思う。

======================
印象に残るのは、黒人のジェイクにプロポーズされ「あなたとは結婚できない、私とは(肌の色が)違うから」とヴァイオレットと言うところ。
もちろん黒人と白人の結婚が受け入れられなかった時代、というのもあるが、被差別と差別が紙一重であり、差別が差別を生む、というのは、胸に突き刺さった。(たとえば、『ベント』で同じ強制収容所に入っていたユダヤ人がゲイの人を下に見ていた、のも思い出す)

「差別をやめましょう」と言葉で言うのは簡単だけれど……。

======================
男性陣もそれぞれに色濃く、濃密に演じている。下村尊則さんのテリーの歌声はドラマティックに、伊礼彼方さんのバディは明るさから一転して人間の弱さを見せる。黒人のジェイクを演じる岡幸二郎さんは意外な配役だけれど、誠実な愛情が光る。見世物小屋主の大澄賢也さんは振付、ステージングも担当。怪しい雰囲気でサイド・ショウの世界に一気に引き込んだ。

と、いろいろ書いているうちに長文になってしまった。
ブロードウェイでの初演は比較的に短期で終わり、ある意味埋もれていた作品だが、まさに珠玉に出会えた思い。公演は明日18日で終了するが、ぜひとも再演を! 人々をさらに『サイド・ショウ』の世界へと引き込んでもらいたい。


|

« 世田谷シルク『春の海』 | トップページ | ゴールデンウィーク&さよなら歌舞伎座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/48109496

この記事へのトラックバック一覧です: 心の奥に響くミュージカル『サイド・ショウ』:

« 世田谷シルク『春の海』 | トップページ | ゴールデンウィーク&さよなら歌舞伎座 »