« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/17

心の奥に響くミュージカル『サイド・ショウ』

まず、このミュージカルを日本で上演しようと企画し、見事に成功させたことに拍手!

フリークスたちのショウ=サイド・ショウから出発し、華やかなエンターテイメントの世界に転進する結合双生児(シャム双生児)を主人公とするミュージカル……と聞くとやや敷居が高い印象を受けるかもしれない。
しかし、『ドリームガールズ』作曲のヘンリー・クリーガーの「ザ・ミュージカル」というべき音楽に載せて、いわゆるバック・ステージもののミュージカルの王道にのっとった華麗な作品に仕上がっている。
その華やかさで油断(?)した心に、ズドンと打ち込まれるのが、人々の差別、偏見の言葉の数々…。

この作品の冒頭は見世物小屋に三々五々人々が集まるシーンから始まる。観客席に座り、フリークショウを見る人々。直後、彼らは早替わりによりフリークスとなる。(おそらくは、フリークスもそうでない人たちも変わりはないということのメタファー)
そして、ずっと飛んで終幕。再び、フリークスたちも、結合双生児も舞台上の観客席に座って、私たちを見詰める。そのとき、この物語を見ていた自分たちが、実は見られていたことにも気づくのだ。

普通とは何なのか、人は差別する心をなくすことはできないのか。

ありのままの自分を受け入れ、前を見て歩き出そうとする双生児のヴァイオレットとデイジーの姿を見て、感動しながらも、では自分はどうなのか、と自らに問いかける。深く深く心の響いてくるミュージカルだった。

======================
もしこの作品が仮にミュージカルでなければ…、受け止めるのは難しかったかもしれない。言ってみれば、糖衣錠のクスリのような感じか(笑)? ショーシーンはエンターテイメントに楽しくできていて、印象的な歌も多い。
フリークスたちのシーンはもうちょっとおどろおどろしいものを予想したけれど、適度にソフィストケイトされていた。日本人の(ミュージカルの観客の)感覚だとこのへんが受け止められるギリギリの線なのだろうか。

======================
結合双生児役のお二人、ヴァイオレットの貴城けいさんとデイジーの樹里咲穂さん。共にとても素晴らしかった!
公演前に取材させていただいたときに、「私たちには後天的とはいえ、宝塚のDNAが流れているから、双子を演じるのに向いているのではないか?」とおっしゃっていたのだが、見事な双子ぶり。

前にブログで「二人はどう結合を見せるのか?」というのを書いたが、実際は、衣装をつなげるとかでなく、自力で体をくっつけ合うという形に。それも違和感なく動き(暗転のときでも、素早く自然に動いてるのでビックリ)、ダンスまで踊るのは驚いた。「スターであると同時に生徒」という宝塚の原則が、この役柄を演じる上ではとても役に立ったのではないか。
そして、ラストシーンの二人の決然とした力強さ、生きるパワーを見せるのも、なかなか普通の女優さんでは出せないような感じ(話飛びますが、今月の歌舞伎座『助六』で玉三郎さんの揚巻が一瞬見せるカッコ良さと強さは、これは女優さんでは出せないよな~と思ったけれど、それと同じような意味で)。男役だった経験が、うまく役に生かせているのだと思う。

重くなりがちな題材を持ち前の華やかな雰囲気で、特にショーシーンを盛り上げたのも素晴らしい。

その一方で、役を取り組むにあたって、深く内面を見詰めたであろうのも見て取れた。双子でも、控えめで平凡な結婚生活を夢見るヴァイオレットと、ショーの世界で成功したいデイジーというキャラの違いがきちんと出ていたし、二人で助け合える前を向いて生きていけるという二人の絆も見えた。貴城さん、樹里さんにとって大きな財産ともいうべき役にめぐり合い、見事にものにしたのだと思う。

======================
印象に残るのは、黒人のジェイクにプロポーズされ「あなたとは結婚できない、私とは(肌の色が)違うから」とヴァイオレットと言うところ。
もちろん黒人と白人の結婚が受け入れられなかった時代、というのもあるが、被差別と差別が紙一重であり、差別が差別を生む、というのは、胸に突き刺さった。(たとえば、『ベント』で同じ強制収容所に入っていたユダヤ人がゲイの人を下に見ていた、のも思い出す)

「差別をやめましょう」と言葉で言うのは簡単だけれど……。

======================
男性陣もそれぞれに色濃く、濃密に演じている。下村尊則さんのテリーの歌声はドラマティックに、伊礼彼方さんのバディは明るさから一転して人間の弱さを見せる。黒人のジェイクを演じる岡幸二郎さんは意外な配役だけれど、誠実な愛情が光る。見世物小屋主の大澄賢也さんは振付、ステージングも担当。怪しい雰囲気でサイド・ショウの世界に一気に引き込んだ。

と、いろいろ書いているうちに長文になってしまった。
ブロードウェイでの初演は比較的に短期で終わり、ある意味埋もれていた作品だが、まさに珠玉に出会えた思い。公演は明日18日で終了するが、ぜひとも再演を! 人々をさらに『サイド・ショウ』の世界へと引き込んでもらいたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/11

世田谷シルク『春の海』

世田谷シルクを見るのは『グッバイ・マイ・ダーリン』に続き2作目。作・演出を担当する(そして、世田谷シルクただ一人の劇団員の)堀川炎さんにとって、初めての完全オリジナルストーリーだそう。それまではいくつかの戯曲・小説をコラージュして新しい世界を生み出すスタイルを取っていました。

『春の海』というのはとても綺麗なタイトルです。
そのタイトルのイメージのとおり、不思議なゆらめきのある作品でした。

芝居のおおまかな展開を書くと……
ある小さい町にある実験教室に集う子供たちと先生の様子が描かれ、そこに、それとは違う年代であろう、その実験教室の様子、そしてテレビ番組のナレーション撮りがカットインの方式で入ってくる。
バラバラのように見えた3つのピースが、後半に一つのつながりを持っていることが明らかになる。

ダム建設によってその町が水の中に沈むことが決まり、フリーのディレクターがドキュメンタリー映像を撮りに来ていたのだ…。実験教室に通っていた子供たちも大きくなり、ディレクターもその一人だった。反対運動をしていたが建設が決まるやすぐ引っ越していった男性や、田舎を嫌って東京に出ていった人もいる。彼らが子供のころの実験教室での様子とダム建設が決まった現在の姿を、一つのドキュメンタリーにまとめようとするうちに…。

こういうあらすじの書き方をすると「八ツ場ダム問題に発想を得た社会派的作品?」と誤解されそうですが、そういう気配のものでなく。

ドキュメンタリーでインタビューに答える一人が「ダムになったと思うのでなく、海になったと思うと気が楽になるでしょ」と答える場面があるのを見て、冒頭や途中(と、ラスト)にあった全員のなんともいえない感じのダンスシーンは海の中のイメージであることに気づくのです。
行動に問題があるらしい「山田君」の姿だけは実際に見せず透明人間形式で演じられたり、沖縄にしかいないはずのヤドカリが頻繁に見つかったり、ちょっとずつのずれや軋みが舞台上に存在します。それが、見る側の心のひっかかりになる。

舞台後半は、過去と現在を細かくコラージュし並列に見せることで、人間の変化というものをつぶさに感じさせます。途中で1.5倍速くらいで演じて見せる、つなぎの場面が何度もあって、それもなんだか面白い。

現実的な内容の話を核として、そこから様々にイメージを広げ、いろんな角度から多面的に描いていく、堀川さんの才気と豊かな感性を感じる舞台です。なんていうんだろう、堀川さんって(どんな方なのかパーソナリティは知らないけど)物事の本質にある美しさにきちんと向き合える人なのかな、と思います、勝手に。

今、自分で書いていて「なんだか」とか「なんともいえない」とか、説明になってない文章が多いことに気づきますが(笑)。言葉にまとめきれない、広がりがあるところが面白い感覚ですね。

装置は、舞台を囲む三方が海の中のようなイメージのイラストで囲まれるもの。
ただ、山田君の言葉が装置に投影されるんですが、装置の絵に混じって非常に見にくい、というのはちょっと気になった。

役者さんでは、堀越涼さんが図抜けている印象。小学校3年生のときの姿と対照的に、ディレクターになってからの内面に持っているであろう葛藤が目線やちょっとした表情に表れてました。後半の現在と過去のコラージュが連続する場面では、目が釘付けになった。(細かいところですが。過去→現在→過去→現在…と繰り返されていくんですが、ディレクターだけが過去に戻ったときの初めの方、現在の自分をちょっと引きずってるんですよね。他の人は完全に過去になってるのに、周りとズレてるの。それが彼自身を表してるようで、とても面白かった)
役者としてはこれからどんどん花開いていく時期になると思うのですが、これからも貪欲に、さらに先を切り開いていっていただきたいです。

他、『グッバイ・マイ・ダーリン』にも出てらした守美樹さんはダンスの動きも魅力的で、どこか静かさがある個性。堀川炎さんは、役者としての出番は少しなのですが、独特の雰囲気をお持ちなので、いつかもっとちゃんと見せていただきたいと思います。

4月10日20時の回を観劇(この日は一日3ステージ! ジャニーズなみ? お疲れ様でした)。前回はなかった紙チケットが今回はあってちょっと嬉しかった(笑)。公演は4月11日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/08

お知らせ

昨日初日を迎えた『ドラキュラ伝説』でパンフレット原稿を担当しております。
私も昨日拝見しましたが、華やかにショーアップされた演出(宝塚歌劇団・藤井大介さん)の中、松平健さんの愛情に真摯なドラキュラがとても素敵でした。おどろおどろしいドラキュラではなく、純愛の物語。台本も読んで稽古も拝見してるにも関わらず、終幕は思わずウルっときてしまったりして…。
東京公演は4月13日まで(新国立劇場中劇場)。その後、大阪、長野、札幌、東京(シアター1010)、静岡、名古屋で公演があります。

そして、お知らせ遅くなりましたが

「レプリークBis」
『箱舟』」安蘭けいさん・荻田浩一さん
『トーマの心臓』『訪問者』スタジオライフ山本芳樹さん・曽世海司さん・松本慎也さん・萩尾望都先生(漫画家)
『ガーネットオペラ』中村誠治郎さん

「BEST STAGE vol.20 5月号」
『サイド・ショウ』貴城けいさん・樹里咲穂さん
『ドラキュラ伝説』今井清隆さん・IZAMさん

も発売中です! よろしかったら書店等で手に取ってご覧下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/03

遅ればせながら「巨匠溝口健二」

※ 父親もおかげさまで無事退院しまして、これからボチボチ良い方向に向けていきたい、というところです。ブログも通常営業でいきますね※


公演から1週間たってしまいましたが、おおのの『巨匠溝口健二』見てきました(3月27日ソワレ)。

花組芝居では加納幸和さんの演出助手を務める大野裕明さんの個人ユニット「おおのの」。大野さんの作・演出で上演されたのは、花組芝居の旗揚げメンバーの一人、溝口健二さんの一人芝居。

映画監督溝口健二が役者溝口健二を「かもめ」のニーナに配役し、映画を撮影する、という設定。溝口健二監督作品と役者溝口健二の過去(初恋とか)をも振り返りながら、広い意味では、演劇というか、パフォーミングアートに対するオマージュに溢れる作品。
特に、ラスト近くの溝口監督の撮影シーンが印象深く、どれだけの情熱をこめて映画を撮っていたのか、というのが感じられた(実際に溝口監督が言った言葉を使っているらしいが、それぞれは矛盾しているのに、彼の映画に対するパッションが伝わってきて、とても納得できてしまうのだ)。

「かもめ」のニーナの名台詞「私はかもめ、いいえ、私は女優」も出てくるが、はっとするのが、一瞬田中絹代を演じるところ。帽子をポコンとかぶっただけなのに、すっとおばあさんの田中絹代になれるのだ。一瞬にして大女優の気配を感じさせて、花組芝居20数年の女形歴が結実する。

1時間くらいの作品だが、もっと見ていたい! と思わせる舞台だった。(これ以上の長さは溝口さんの体力上できないとのことですが(笑))。

舞台を支えたのが4人の黒衣。花組芝居の植本潤さん、丸川敬之さん、リリパットアーミーIIのわかぎゑふさん、藤谷美樹さん。贅沢な布陣。舞台からも、客席からも、愛を感じられたのが心地良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »