« 阿佐ヶ谷スパイダース「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」 | トップページ | いろいろ »

2010/01/30

お知らせなど

1月もあっという間に月末! 
現在発売中のBEST STAGEでは

『飛龍伝』黒木メイサさん、馬場徹さん
「楽屋へようこそ」朝海ひかるさん
「スターのハマりもの」坂元健児さん

を担当しております。
黒木メイサさんは凛として潔く、まっすぐな瞳が印象的な方でしたね。
楽屋にお邪魔させていただいた朝海さん。前にチラッとブログで触れた可愛い楽屋着の写真も、掲載の運びとなりました。

バタバタしてて、ブログにアップできてなかった素敵な舞台もたくさん。
「冬とライオン」は、ヘンリー6世と妻、家族(と愛人)の物語。想像もつかないような激しいぶつかり合いの果てにも、家族や夫婦としての愛情の存在を感じさせられました。麻実れいさんが本当にすばらしい。舞台に登場した瞬間から劇場の空気が変わる存在感で、圧倒されます。

加藤健一事務所「シャドーランズ」は「ナルニア国物語」の作者(加藤健一さん)が主人公の、大人のラブストーリーで、不器用さが切なく可愛く、ラストは涙。春風ひとみさんが描く女性像は生き生きしてますね。

舞台じゃないけど、マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」のDVDも発売日に家に到着。
最先端の技術を駆使して見せていますが、文法的にはオーソドックスなブロードウェイのショーを踏襲しているのが、長くエンターテイメントの世界に生きるマイケルらしいなと。
リハーサル中にも何度となくLOVEを口にし、常に周りを思いやりある態度を取っているのですね。
完璧を追求するのも、エンターテイメントを通して人々に愛を伝えたいからだなと。彼の生き方がつまったドキュメンタリーだと思います。

さてさて近況としては。
BEST STAGE前号では春野寿美礼さん、今号で朝海ひかるさんと続き、先日は別の媒体で、安蘭けいさんの取材に行ってまいりました。宝塚77期元男役トップスターの方々を網羅してしまっているという大変な事態になっております。

安蘭さんは20周年記念コンサート「箱舟」のビジュアル撮影の合間にお邪魔させていただき、演出の荻田浩一先生との対談を。前回安蘭さんとお会いしたときは柔らかい風情を感じたのですが、今回は宝塚時代からの「盟友」荻田先生との再会の場。「先生と会ったら巻き戻っちゃったじゃない~!(笑)」という声が聞こえたくらい、男前モード(?)な安蘭さんになってました(それもまた素敵)。もちろん二人の会話は弾みに弾んで(一緒にいたカメラマンさんが驚いていたくらい)、とても楽しい対談になりました。こちらも雑誌発売のころ、改めてご案内しますね。

|

« 阿佐ヶ谷スパイダース「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」 | トップページ | いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/47430205

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせなど:

« 阿佐ヶ谷スパイダース「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」 | トップページ | いろいろ »