« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/30

お知らせなど

1月もあっという間に月末! 
現在発売中のBEST STAGEでは

『飛龍伝』黒木メイサさん、馬場徹さん
「楽屋へようこそ」朝海ひかるさん
「スターのハマりもの」坂元健児さん

を担当しております。
黒木メイサさんは凛として潔く、まっすぐな瞳が印象的な方でしたね。
楽屋にお邪魔させていただいた朝海さん。前にチラッとブログで触れた可愛い楽屋着の写真も、掲載の運びとなりました。

バタバタしてて、ブログにアップできてなかった素敵な舞台もたくさん。
「冬とライオン」は、ヘンリー6世と妻、家族(と愛人)の物語。想像もつかないような激しいぶつかり合いの果てにも、家族や夫婦としての愛情の存在を感じさせられました。麻実れいさんが本当にすばらしい。舞台に登場した瞬間から劇場の空気が変わる存在感で、圧倒されます。

加藤健一事務所「シャドーランズ」は「ナルニア国物語」の作者(加藤健一さん)が主人公の、大人のラブストーリーで、不器用さが切なく可愛く、ラストは涙。春風ひとみさんが描く女性像は生き生きしてますね。

舞台じゃないけど、マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」のDVDも発売日に家に到着。
最先端の技術を駆使して見せていますが、文法的にはオーソドックスなブロードウェイのショーを踏襲しているのが、長くエンターテイメントの世界に生きるマイケルらしいなと。
リハーサル中にも何度となくLOVEを口にし、常に周りを思いやりある態度を取っているのですね。
完璧を追求するのも、エンターテイメントを通して人々に愛を伝えたいからだなと。彼の生き方がつまったドキュメンタリーだと思います。

さてさて近況としては。
BEST STAGE前号では春野寿美礼さん、今号で朝海ひかるさんと続き、先日は別の媒体で、安蘭けいさんの取材に行ってまいりました。宝塚77期元男役トップスターの方々を網羅してしまっているという大変な事態になっております。

安蘭さんは20周年記念コンサート「箱舟」のビジュアル撮影の合間にお邪魔させていただき、演出の荻田浩一先生との対談を。前回安蘭さんとお会いしたときは柔らかい風情を感じたのですが、今回は宝塚時代からの「盟友」荻田先生との再会の場。「先生と会ったら巻き戻っちゃったじゃない~!(笑)」という声が聞こえたくらい、男前モード(?)な安蘭さんになってました(それもまた素敵)。もちろん二人の会話は弾みに弾んで(一緒にいたカメラマンさんが驚いていたくらい)、とても楽しい対談になりました。こちらも雑誌発売のころ、改めてご案内しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/27

阿佐ヶ谷スパイダース「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」

…とブログのタイトルを書いたのはいいけれど、どこからどう書いたらいいのやら。
ブルース・リーばりに言うと「考えるな、感じろ」という舞台のようでした。

作風が変わり、ネットなどで批判されるという劇中主人公の作家は作・演出の長塚圭史さんを投影しているのでしょうか。
芝居の内容を追っていこうとすると、それがどんどん自分の中で綻んできて、最後にはすべてが崩れ落ちてしまうような感覚があります。(最終的には、作家の役の内面に深く踏み入った、ということなのか?)あれはどういう意味だったんだろう…?と、今も反芻して考えるときがあって。

ある意味不条理劇なのでしょうが、観客を拒絶する不条理劇でなく、観客と共有する不条理劇というところでしょうか。それぞれの人がそれぞれのレベルで、決着がつかない気持ちを持って帰らせることで、芝居と深く関わらせようとしているのかな。

美しく魅力的な女優さんが揃っているところは眼福で、小島聖さんの伸びやかな肢体としなやかな演技が印象に残ります。村岡希美さんは不条理をリアルに落とし込める力がある方ですね。
おそらく30代中心の配役の中で、加納幸和さん(加納さんよりも一世代以上下の演出家の舞台に出るのは、これが初めてだそう)は、不条理の世界に埋没しない独特の存在感があって、その「異質感」が作品の良きスパイスになっていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/26

加納幸和さん生誕50年記念・生前葬

花組芝居主宰・加納幸和さん生誕50年記念のバースディ1月25日当日に催された、生前葬というイベントに声をかけていただき、出席(参列?)してまいりました。
「個性的な喪服」というドレスコードがあり、自分の服装を考えるのも楽しい(勢い余って、あこや真珠のネックレスを買って散財してしまいました(笑))。

椿山荘の豪華なパーティ会場に祭壇を設け、お焼香をしてからお食事スタート。
開会は棺に入った加納さんが座員の皆さんに担がれて入場。般若心経をラップ、ゴスペルふう?などさまざまにアレンジして歌うのが意表をついていて面白かったです。
わかぎゑふさんの、加納さんの人となりがわかる爆笑の弔辞。
加納さんとのツーショット「心霊写真撮影(笑)会」など、ファンの方との交流の時間も多く取られてましたが、その中でとても見ごたえのあるステージを用意なさってたのも、花組らしいことだと思います。
加納さんが全座員の屋号を歌詞に盛り込んだ大曲「天花和魂(ゆきのにこたま)」、六世杵屋勝四郎さん作曲、猿若清恵さん振付、加納さんと山下禎啓さん、小林大介さんが3人で連れ舞うのがとてもすばらしく、真剣に見入ってしまいました。緩急さまざまな踊りの中に歌詞の言葉が響いてきました。
(葬儀のイメージの藤の花の飾りが、くるっと回ると金屏風になる装置まであって)


そして、「シャンソマニア」以来のシャンソンを加納さんが二曲。当たり前のことだけど、「歌って芝居」だな、と。ドラマ性と表現力が際立っていて、感動してしまった。

最後は再び棺に収まった加納さんを、出席者全員が献花(棺の中の加納さんは汗だく(笑))。椿山荘のスタッフの皆さんも献花に参加されていて、そういうシャレがわかるスタッフさんが素敵。再び棺を担いで退場…する途中に、加納さんが棺から起き上がり、手を振って笑顔のお別れ(笑)に。

楽しくにぎやかな、でも生前葬ということでちょっとした毒としゃれっ気がある会でした。

前に勘三郎さんの襲名披露のお練りに行ったときも同じようなことをここに書いたと思うのですが、死と再生のイメージは日本の芸能の中に不可欠のものだと思うのです。それを加納さんらしく個性的な形で表現して見せてくれた催しだったようにも思います。棺から起き上がった加納さんは、50歳=新たな生を受けて0歳としてスタート、ということかしら? 生前葬=再生の加納さんと花組芝居に今後も期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/24

白い花

Nec_0197
お花が届いた。学生時代から長くご縁がある人からの白いお花……、私の母の命日なのでした。もう7年もたっているので、覚えていて下さったこと、お花を贈って下さったやさしさに感動する。
実はその方のお父様と私の母とが同じ時期に病を得ていて、一時期「親がガン仲間」だったのだ(←あまりこの仲間には入りたくない(苦笑))。私の母と一年違いでその方のお父様も他界された(それも、その方の誕生日に)。私はその方のお父様も存じ上げているが、懐の深い優しい方でした。

お花は美しく、大輪の薔薇が咲き誇っている。「母が生きてたら、こんなお花をもらったってきっと皆に自慢してたよね(笑)」なんて話をする。

萩尾望都先生の「トーマの心臓」に出てくる言葉で、「人は二度死ぬという まず自己の死 そしてのち友から忘れ去られることの死」というのがある。
肉体は滅びる。けれど、生きている者が思いを受け継ぎ生きることによって、命は永遠のものになる、かもしれない。
花を見ながら、そんなことを思う。一月、寒い季節に。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/22

死なないダザイ~「走れダザイ」

下北沢楽園にて、おおのの「走れダザイ」を観劇。「おおのの」は花組芝居で加納幸和さんの演出助手をしている大野裕明さんが作・演出を担当する個人ユニット。初の公演「ザ・漱石」(←これは「おおのの」というユニット名がつく前の公演だけど)などにつぐ文豪シリーズで、太宰治を描く。

「走れダザイ」というタイトルがピッタリの舞台だった。太宰治といえば、やはり「玉川入水」で暗い、重い…というイメージが先立つ人。もちろん死への甘い誘いも描かれているのだけれど、でも、その中に書かなければいけないという気持ちのほとばしりが、「走れ」という部分にこめられていて。特に終幕は圧巻。

出演者は男性4人、女性2人(+録音による語りの岩崎加根子さん)。谷山知宏さんが若いころの太宰(本名の津島修治)、文壇デビュー後の太宰を三村聡さんが演じる。
二人の登場場面をないまぜにしつつ、いろんなエピソードを交えて見せる。

テンポ良く見せているのは小道具の二つ折のボード。この1面が中央枠になっていて、見せ方によっては出入りできるドアにもなり、囲いにもなり…とさまざまに使え、スピーディな展開に。手紙などの持ち道具を扇子で表現するのは花組ふうなところ?

映画の「ヴィヨンの妻」「斜陽」版の浅野忠信さんとか温水洋一さんとかも出てきたり、激しく歌うシーンや「愛は地球を救う」まで。6人の登場人物がめまぐるしく多くの役を演じるにぎやかさと、太宰の持つ研ぎ澄まされた部分との対照が際立つ。「ザ・漱石」から続く「おおのの」流の作劇法だけれど、太宰の深さが要となって、世界がさらに広がったようだ。

役者さんでは、やはり太宰のお二人。谷山さんは花組芝居では見せない部分が見られて、破滅的な雰囲気がめちゃセクシーなのだった(^^)。三村さんも、目線でいろいろと訴えかけるものがある、色気のある太宰を演じる。
ファム・ファタル的な女性を大枝佳織さん、母性的な女性を吉田麻起子さんが演じ、丸川さんは太宰と友情を結ぶ役に実感がこもっていたように思う。岡本篤さんは不器用そうな雰囲気がなかなか面白い。

次回公演は「巨匠溝口健二」。花組芝居の溝口健二さんが、映画監督溝口健二さんを一人芝居するという破天荒な?試み。チラシが入ってて、裏面の「すべて溝口健二」がやけに面白くて、公演に期待大。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/18

新派の新作舞台「麥秋」

三越劇場で劇団新派「麥秋(ばくしゅう)」を観劇。小津安二郎さんの同名映画を、映画監督の山田洋次さんが脚本・演出。
冒頭は灯火管制が敷かれている戦時中の北鎌倉の家。照明を落とすタイミングが絶妙(徐々に消えるんでなく、ふっと消える)。暗闇にわずかな明かりの中、一家の会話が交わされる冒頭が印象的。コロンバンのお菓子やビクトリアのショートケーキ、戦時中では食べられない食べ物も会話に出てくるだけでイメージが広がってくる。

そして、時間は飛び、戦後8年ほどたった同じ家で話が繰り広げられる。舞台はずっと同一のセット。明るくなった照明が戦後の復興を物語っているよう。
戦時中は食べたくても食べられなかったお菓子も普通に食べられるようになった時代。
変わりつつある時代の中でも、家族が家族を思う温かい気持ちが伝わってきて、「変わらないでいてほしいものもある」ということを改めて感じさせられる。

大きな事件はおきず、日常の些細なできごと(末娘の縁談や、隣の家の男性の引越しなど)が描かれている。でも、それが淡々と流されないのは、出演者が丁寧に心情を見せているからだろう。美少年ならぬ美壮年の安井章二さんは太い存在感があって、久しぶりに「一家の家長」という言葉を思い出した。帰らぬ息子を待ち続ける母親の思いを見せる水谷八重子さん、日常の些細な幸せを語る口調に説得力があった、兄嫁の波乃久里子さん。おしゃべりな隣家の奥さんを演じる英太郎さんは、女形が作り上げるものってこんなに幅広いのか、と思わされる。今から約60年前の時代の雰囲気を違和感なく作り上げられるのは、新派の役者さんの力だろう。

明るい話が展開されていても、物語の低音部分には常に、出征・戦死した息子に対する喪失感が響いている。だからこそ、兄に対する思いのために結婚に踏み切れなかった末娘の気持ちの変化がより嬉しく感じられるのかもしれない。

1幕最後、末娘(瀬戸摩純さん)がふとよろけて、隣の家の男性と手が触れる。兄を思いながら二人で星空を眺めているシーンが、とてもロマンチック。今の時代、携帯小説とかでは、一足飛びに関係が進んでいく恋愛が当たり前のようになっているけれど、こうやってもどかしい思いを重ねる恋が逆に新鮮でもあり、ロマンチックに感じられるのだな、と改めて。瀬戸さんの(小娘でないのに)清純な感じというのも、今の女優さんにはなかなか出せない味わい。

抑制の効いた表現の中で、末娘の友人(鴫原桂さん、大野梨栄さん)が一家を訪れるシーンは、お二人が鮮やかに(あでやかに?)演じているのもあって、変わらないものを持ち続ける一家と、戦後の新しい生き方を享受する二人との対照が際立っている。

アイロンをかけるときの電源は天井の電球からつないで取ったり。縁側から上がるときは足を拭きなさい!と子供に怒ったり。縁側の軒下にはいろんなものが詰め込まれていたり、荷物を送るのはチッキだったり(←チッキ、知ってます? 台詞で「チッキ」と出てきたら客席から「チッキ」「チッキ」……と囁きが(笑))。細部まで手を抜かずに「昭和、戦後の日本」を描いているのも好ましい。

ところで、この作品が新派にとって8年ぶりの新作だそうで。ということは、ネオ新派「花たち女たち」以来? 「麥秋」は、今後再演を繰り返されて新派の新しい財産となる作品なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/15

ANJIN イングリッシュ・サムライ

日英合作の大作舞台。戦国時代から江戸時代へと転換する時期、日本に流れ着いたイギリス人が徳川家康(市村正親)に召抱えられ「三浦按針」という侍となる。イギリスと日本とで引き裂かれた自我を持つ按針(オーウェン・ティール)、そして、もう一人。侍の血を持ちながらカトリック司祭となったドメニコ(藤原竜也)も、侍としての自我とキリシタンとしての自我に引き裂かれている。

引き裂かれた自我、というテーマは現代的、というか、日本人は歴史ものの登場人物を描くとき「引き裂かれた自我に悩む」という描き方はあまり見ない気がする。(信念を貫く、というのが多いでしょう、たぶん)そのあたりの視点の取り方は外国人が作る作品ならではだな、と思う。

(西洋文明が入ってきたこの時代、日本人に、近代的な意識が芽生え始めたということなのでしょうか?)

歴史の物語だけれど、そこに描かれているのは現代と地続きのもの。リアルに生きる人たちを目の当たりにする3時間20分は、決して長くなかった。
どこかエキゾチックな雰囲気がある舞台装置、巨大な襖を開けてどんどん話が展開していく様子は見事。

オーウェンさんはどこかユーモアと洒脱な雰囲気があって、力ある俳優さんだなと思う。台詞の半分くらい?が英語の藤原竜也さんは怒涛のような台詞量の中に、ひたむきなパッションを感じさせて○。市村正親さんが徳川家康?というのは意外な感じだったけれど、大きさのある芝居を見せてもらった。平和の世を築くために幼い国松を殺さなければならない苦悩の場面に深い思いがにじむ。床島佳子さんの淀君は美しく、迫力のある芝居で思わず引き込まれる。老若男女(!)全6役を演じる植本潤さん。それぞれに強いインパクトを出しているけれど、島津義弘の食えない感じや、徳川家光の(引き裂かれた人々に歴史的な幕引きを与える)怜悧さが印象に残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう、ラッパ屋~「世界の秘密と田中」

ラッパ屋『世界の秘密と田中』を見に紀伊国屋ホールへ。

「四十にして惑わず」という言葉があるけど、40代、そして60代でも、そして死のうとするときでも、「自分って何なんだろう」という迷い、自分がつかみきれていない不安がある。そんな気持ちを、鈴木聡さんはコミカルに、でも深く掘り下げて見せてくれる。

ときにはその疑問に答えを出した気持ちになっても、やっぱりダメだと思うことの繰り返し。でも、それでも、後ろばかり見るのでなく前を見て歩いていけたらいいな、と、見終わった後は素直に思える。
温かい気持ちになれる舞台でした。

ラッパ屋は劇団員のアンサンブルの良さが見どころのひとつ。今回はストーリーが同じアパートに住む人たちの何部屋かで繰り広げられる。(ブラインド越しに別の部屋が見えるという設定が面白い)今どきはこんなに密接な人間関係やお付き合いがあるアパートというのはそうそうないだろうけれど、でも、「仲間」、というか、気持ちを共有できる感覚が舞台に満ちているのも心地良いなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/01/05

明けましておめでとうございます

年末ギリギリまでバタバタしてましたが、年明けは3日間本当にのんびりして過ごしました。1月1日は近所の日帰り温泉に行ったりして。
旧年中ものんびりペースの更新でしたが、年賀状で何人かに「ブログ読んでます」と書かれまして(結構意外な人からも)、ちょっとハッパをかけられたような気持ちになってます(笑)。

年末にもいろいろ印象に残る作品に出会えました。
『パッチギ』…在日韓国人と日本人の問題をリアルに感じさせながらも、高校生たちのパワーを感じて勢いがある舞台でした。何より、山本裕典くんが良い! 瑞々しい気持ちがストレートに伝わってきて、上手く見せようとかいう小細工がないところが好感が持てました。とても清清しかった。

『森は生きている』…再演を繰り返してますが、きれいな気持ちになれるような舞台ですね。博士役の山本芳樹さんがなかなか素敵で、最後のほうの「あるべきものをあるべきところに」という台詞に役としての真実がこもっていました。

『暗くなるまで待って』…サスペンスフルな舞台。朝海ひかるさん初のストレートプレイですが、盲目の若妻が夫のためにと必死に悪人と戦うことで成長していく過程がつぶさに見て取れて、演技者としての充実を感じました。
葛山真吾さんが悪人だけど、若妻と触れ合うことによって心が揺さぶられていく、その微妙な心理がうまくでていて良いなーと感じました。

『暗く~』公演前にも朝海さん、加藤雅也さんに取材させていただいたのですが、公演中(観劇後)に朝海さんの楽屋に取材に伺う機会がありました。お疲れを見せず、和やかに取材ができて、コム(朝海)さんに感謝。この取材の原稿は月末に雑誌に載りますので、またそのころにお知らせしますね。楽屋着が可愛くて、それを手に持った写真も撮らせていただいたんですが、これも雑誌に載るかな?

ではでは、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »