« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/20

「パンジー・メイズ」と山吹

スタジオライフ若手公演『パンジー・メイズ』を観ました。
『トーマの心臓』などの耽美色の強い路線になる前の、倉田淳オリジナル作品を上演するというもので、1987年初演作品。概ね当時のままの台本で上演されているようです。
15日に関戸博一さん主演版で観劇。19日に青木隆敏さん主演版で観劇。15日はパンフを読まないで観劇していて、観終わった後にパンフを読むと、作・演出の倉田淳さんのコメントに「泉鏡花の『山吹』にインスパイアされて、なんとか舞台に出来ないかと思って、この脚本を書いた」とありました。

泉鏡花の「山吹」……! 見ているときはまったく気づかなかったけれど、言われてみれば確かに「山吹」だ。
私は「山吹」の戯曲も、歌舞伎座で上演された舞台(2006年)も見てます。(「海神別荘」が読みたくて買った文庫にたまたま「山吹」が入ってたので、読んでみた)最初に読んだときの感想は「この戯曲は今の日本では上演できないだろう」というもので(苦笑)。レーゼドラマ(上演を前提としていない戯曲)のようなものかな、とも思っていたので、「山吹」を舞台にしたい、と思われた倉田さんとはエライ違いです(汗)。

確かに思い返せば、「山吹」のエッセンスが倉田さん流に組み込まれていて、2度目の観劇時は「山吹」も意識しながら見られたので、初見時とは違う視点から見ることができて(結果的には)よかったかなと思ってます。

(余談ですが、私が初めてライフを観たのは「YASHA GA POND」という「夜叉が池」を元とした作品だったので、本当に久々に、倉田さんの泉鏡花原作作品を見られたことになります)

舞台は、大ざっぱに言うと
「嫁ぎ遅れ」OLの幸子は上司の課長と不倫するも満たされず、高校時代に憧れていたバレー部のコーチへの思いを忘れきれずにいた。やがて、夢とも現実ともわからない迷路のような世界へと迷い込んでいき…。

というストーリー。現実の世界から、幸子は迷路(メイズ)に迷い込んでいくのですが、夢というか、自分の精神世界に旅しているようです。

関戸さんの幸子で印象に残るのは「変わりたい、変われない」という台詞。たった10文字の台詞ですが、今の自分から変わりたいという気持ち、しかし、現実として変われないという諦めにも似た思いが、共に切実に伝わってきました。関戸さんの幸子は、迷路を経て、変わりたい→変われない→変わろうという気持ちの変遷がよくわかるものでした。

青木さんの幸子で印象に残るのは「苦しい、切ない」という台詞。「山吹」で老人に鞭打つ夫人と同じように、迷路の世界の門番(恋の罪の呵責に悩み、贖罪のために鞭打たれることを望んでいる)を鞭打ちながら、搾り出すように叫ぶ台詞です。…なんかもう、すごかったですね。ここまで、自分を(役を)吐き出せる役者さんはなかなか見たことがないです。ここで自分をすべてさらけ出すことによって、すべてが癒され、(過去の呪縛から?)許される幸子に変化する様子にも目を見張りました。(次回『トーマの心臓』ユーリの前哨戦でもあるようです)

ラストシーンは、門番など、迷路の世界で出会った人々(=幸子の分身?)と共に船に乗る(旅立つ?)という設定なのですが、関戸さんの幸子だと、不倫も清算し前向きに実社会を進んでいきそうに見えますが、青木さんの幸子だと、もしかして精神世界に深く沈んでいくのかも…?という解釈もありそうです。

石飛幸治さんの門番は深く暗いものを背負っている姿が印象的。吉田隆太さんの幸子の同期OLは会話のテンポがよく、おきれいでした。もう一役は迷路の世界の小人。原田洋二郎さんと共に、女性をグロテスクにデフォルメした魔女、みたいな小人が幸子と出会って次第に変わっていく様子を丁寧に見せてくれました。

「日本劇団協議会 次世代を担う演劇人育成公演」であるこの公演、育成対象の若手は、現実世界での幸子の同僚と、迷路の世界の住人の2役を演じてますが、倉本徹さんと一緒に演じていることできっといろいろ刺激になったはず。テンションとパワーを芝居に乗せて、頑張っていただきたいです。
同じく育成対象の仲原裕之さんは急病で休演されていたところの復帰公演初日を見せてもらいました。登場シーンで拍手が起こったり。前半は爽やかに、迷路の世界のコーチは一転した姿を見せて、なかなか魅力的です。

時は過ぎ去り、失われてしまったものを惜しみ、懐かしむ気持ちは誰しも持っているもので。
その気持ちにどう対峙し、どう生きていなければいけないのか……繊細に自分を見つめる、倉田さんらしい作品です。『トーマの心臓』のテーマに近いものも感じ、(『WHITE』を見たときと同様)倉田さんの原点を感じることができる『パンジー・メイズ』でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/18

困ったメン

「おバカでサエないダメなヤツらが「イキオイ重視」で繰り広げる、超現実逃避型☆青春☆爆走コメディ!」
というチラシの言葉から想像したのとはかなり違う、かなりエッジが効いた作品でした。

今よりも不況が進行している2013年近未来の切迫感が、(ギャグで表現しているけれど)しっかり出ているのが脚本・演出の村上大樹さんの力なんでしょうね。

加藤啓さん、千代田信一さん、政岡泰志さん、平田敦子さんという小劇場の芸達者な方々が脇を固めるなんてものじゃなく、ハイパワーな芝居を見せてくれてます。
加藤啓さんの、オーディションのシーンのビミョーな体の動きとか、やけにおかしいです。あの、平田敦子さんが「ヒロイン」だもの(笑)。でも、おそらく平田さんが本来持っているであろう可愛らしさが垣間見えて、ちょっと嬉しかった。

イケメンな若手出演陣も、おそらくとても刺激を受けているんじゃないかなと思います。やむにやまれぬ気持ち、なんとか突き抜けようとするエネルギーが感じられました。特にダンスシーンが圧巻。

上山竜司さんはグイグイと場を引っ張っていく力があって、素敵。青柳塁斗さんはサイゼリヤの店員。他の人の後始末を押し付けられてしまうけれど、やってしまう人の良さ(というのか)が、印象的。松本慎也さんは繊細な感じが逆に存在感を示していたように思います。(オーディション審査しているときの台詞の間が、なんだか面白かった)

2時間の芝居のあと、7人の若手出演者による「困ったマン」という10分間の一人芝居がオマケについていて、初日は上山竜司さん担当。なんと、「いつかミュージカルに出たい」ということで、やったのが「一人ライオンキング」! 上山さんがシンバ、そのほかの役はモノマネで(スカーはユアン・マクレガーとか)で10分間でライオンキング全編やりました。いやー、これにはヤラレタ! これを発想して、10分間にまとめてやり通すのは大したものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/15

加納幸和さんに聞く『ナイルの死神』

花組芝居の新シリーズKABUKI-ISM『ナイルの死神』について、花組芝居座長・加納幸和さんにお話を伺いました。
いつも快くお話をお聞かせいただいて、心より感謝しておりますm(_)m。

電話でお話を伺ったのですが(電話なので、突然話し始めるわけですが)「幕末の歌舞伎には……」とどんどんと具体例が出る加納さんの見識の広さにいつもながらびっくりしてます。

「洋装で歌舞伎」…新しい領域に足を踏み入れた花組芝居の今後に、ますます注目です!

「加納幸和さんに聞く『ナイルの死神』」下のアドレスからお入り下さい↓。
http://homepage3.nifty.com/kaoru_web/hana/interview/nileinterview.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/08

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」12月4日に見てまいりました。

大好きな「ヘドウィグ」。
三上博史さん版の初演と再演(以前のブログに書いたものはこちら
山本耕史さん版の初演と再演(以前のブログに書いたものはこちら
そして、韓国・ソウルでのオ・マンソクさん主演版(以前のブログに書いたものはこちら
ソウルでやった、ジョン・キャメロン・ミッチェルを迎えた「ヘドウィグ・コンサート」(以前のブログに書いたものはこちら
山本さん主演版のラストにジョン・キャメロン・ミッチェルを迎えた「ヘドウィグ・コンサート」

と様々見てきてます。こうやって書き出すと、どれだけヘドウィグ好きなんだよって感じですが(笑)。

作品全体的な感想は上のブログをご参照いただくとして……。
今回見てよかった!と強く思いました。
(以下、ラストシーンに触れてます)

背中合わせの一体だった二人が神様によって切り離されたから、人は失われた半身を求め、愛そうとする…というプラトンの「饗宴」をモチーフに、自分の半身を激しく求め続けるヘドウィグ。
山本さん初演版は、半身を求める哀しさ、辛さが前面に出ていたような印象を受けました。

でも、今回は、違った。もちろん半身を求める哀しさはあるんだけれど、ラストには立ち上がろうとする生命力のパワーに溢れていたと思います。
ヘドウィグは自分のかたわれと思っていた(そしてヘドウィグを手ひどく裏切った)トミーのコンサート会場の隣でライブをやっているという設定で、舞台上でヘドウィグ役者がトミーを演じるようになってます。

初演版では(ブログにも書きましたが)、幕切れ直前、「ヘドウィグがトミーがいる方向を見て終わる」と思ったのですが、今回は、「(ヘドウィグの歌っているパワーがトミーに伝わって)トミーがヘドウィグの方向を見て終わる」だと感じたのです。

山本さんの演じ方の変化は、ジョン・キャメロン・ミッチェルとの共演でインスパイアされる部分もあったのかしら?と推測しますが。
変わり者でちょっとおかしくて、キュートでとても切ない、愛を求めてやまないヘドウィグ……とても素敵でした。
今まで以上に言葉もよく響いてきて、これだけ見てるのに「あ、こんなこと言ってたんだ…」と思うような発見もかなりありました。

イツァークはソムン・タクさん。イツァークの比重も今まで観たどのバージョンよりも重くなっていると思います。ソムン・タクさんもとてもパワーのある役者さんで(歌声がすばらしい)、ヘドウィグとイツァークが、実は心の奥底では支え合い、通じ合っていたのだ、というのを感じさせられました。

孤独、心の揺れ、でも何かを求めなければ生きていけない気持ち……、共感できるから、最後のほうの歌詞「LIFT UP YOUR HANDS」で素直に手を上げたくなってしまうんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/02

PATA PATA☆MAM Produce Live Vol.5

PATA PATA☆MAM Produce Live Vol.5
『EMOTION~恋のトキメキと切なさをうたう~』
出演:山本芳樹さん(スタジオライフ )・丸川敬之さん(花組芝居 )

29日日曜日最終回に行ってまいりました。
役者さんやミュージシャンが新たな挑戦をするライブというコンセプトでやっていらっしゃるPATA PATA MAMさんプロデュースで今回で5回目ですが、役者さんが出るライブとしては2回目。

前回、渡部紘士さん、荒木健太朗さん、芽映はるかさんが出演した Live Vol.1に行ったときの感想はコチラ。

通常の音楽ライブとは違い、役者さんならではのアプローチが伺えて、なかなか楽しいライブでした。

最近女性役が続いている山本芳樹さんは女心を歌い、丸川敬之さんは男心を歌うというものです。
お二人とも、特に丸川さんは意外なほど(すみません!)歌唱力がしっかりしていらしたし、歌詞をただの歌詞でなく、意味ある言葉として伝えようとしていたのがとてもよかったですね。

山本芳樹さんは、歌の情景表現力がとても素晴らしい。歌い始めると、(スモーク炊いてないのに)霞がかかった「山本芳樹ワールド」が全開になります。
中では、妹さんの結婚式のときに歌われたという思い出の曲(嫁いでいく娘が母親を思って歌うという設定の曲)がとても情感がこもってましたね。山本さん自身の、家族愛のある優しい人柄も伝わってきてよかったです。
(個人的な感想としては、私は母親を亡くしているので、山本さんの歌を媒介として母親が庭にいる情景がまざまざと浮かんできてしまい、涙をこらえるのにとても苦労しました)

丸川さんは、見た目的にはちょっと強面?ふうだけれど、ナイーブな内面が見え隠れする個性が面白いですね。それこそ、『RENT』の内面に屈折するものを抱え逡巡するロジャーも似合いそうな個性をお持ちなんだな、というのが感じられました。テンポのある曲もなかなか迫力があってよい感じです。
花組芝居座長・加納幸和さんが歌詞を書き下ろした、丸川さん作曲のオリジナル曲も。これも終わりが近い恋を歌った歌で、もしかして加納さんが丸川さんに抱いているイメージがこういうイメージなのか…!?(邪推です)

初顔合わせの二人なので、共演はどうかなーと思ったのですが、個性がまったく違い好対照でよかったです。
小さい会場で本当に息遣いまで感じられるライブ会場だからこそ、いろんな挑戦もできると思うので、また次回どんな組み合わせで見せて、聞かせていただけるか楽しみにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »