« 『トーマの心臓』『訪問者』製作発表会見&取材 | トップページ | PATA PATA☆MAM Produce Live Vol.5 »

2009/11/30

『a Suite』 ドラマティック・カンパニー

ドラマティックカンパニーさんは今回初見。
声優としても有名な中尾隆聖さん、関俊彦さんが率いる劇団で、今回はホテルのスイートルームを舞台にした連作3本(ニール・サイモン作)を日替わりの組み合わせで上演するという趣向。

私が見た回は

『清算』 
出演:中尾隆聖さん、関俊彦さん

この二人芝居がとても面白かった!

実は少人数芝居を観るのはあまり得意ではないのですが、前回ニューヨークで『A Steady Rain』というヒュー・ジャックマンとダニエル・クレイグの二人芝居を見て(英語が難解でよくわからないにも係わらず)、演技の方向性が明確でとても面白く見られたのです。
そのときと同じような「二人芝居の快感」を中尾さん、関さんのお芝居からも感じられました。

横領する管財人と、使い込まれてしまった作家の話なのですが、ただの加害者、被害者という関係でもないのですね。「どちらかが優勢でどちらかが劣勢」という関係が交互に入れ替わっていくそのバランスが絶妙。その間に騙していたほうも騙されていたほうも、どちらもちょっとダメな男の人の哀しさとおかしみが浮かび上がってきます。お二人の力量がとても確かだから、安心して芝居の世界に溶け込んでいけました。

『床の男』
出演:堀本等さん、関根宏次さん、河野智之さん、斉木香さん、井上啓子さん(客演)

床の男って何だろ…?と思ったら、文字どおり床の男でした(笑)。
こちらも達者な皆さんの芝居で、ドタバタしそうなところをきちんと洒落たテイストに仕上げられてましたね(演出は水下きよしさん)。
堀本等さんと斉木香さんの夫婦の会話がコミカルな中にリアルな響きがあり、井上啓子さんの副支配人も面白いキャラでした。

大人で粋な芝居、楽しいですね。

|

« 『トーマの心臓』『訪問者』製作発表会見&取材 | トップページ | PATA PATA☆MAM Produce Live Vol.5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/46898660

この記事へのトラックバック一覧です: 『a Suite』 ドラマティック・カンパニー:

« 『トーマの心臓』『訪問者』製作発表会見&取材 | トップページ | PATA PATA☆MAM Produce Live Vol.5 »