« お知らせ、そして心に残る言葉 | トップページ | おおのの『太宰治のオンナの小説』 »

2009/06/25

ジーザス・クライスト・スーパースター

NHKBSで放送になったものを録画していたのでチェックを…と思って見始めたが、ついつい見入って全部見てしまいました。

初めてこの作品を見たのは高校生のとき。宝塚以外の一般の舞台で、初めて自分をお金を出して買った舞台だったと思います。キリスト教の学校に行っていたので題材が親しかったというのもありますが、遠い偉人の物語だったものが、初めてリアルな肉体を得てイキイキと躍動し、苦悩している姿に大変衝撃を受けました。

それ以来何度となく見ている作品で、映画版も見ているのですが、改めて見ると…すごい作品ですよね。

ミュージカルのオーバチュアーとロケ隊が現地に着いて撮影を始めるというのがクロスして、自然と物語の世界に入っていくオープングは特にすごい。

今、改めて見直すと、ジーザスの激しく研ぎ澄まされた生き様はもちろん、周りの登場人物一人ひとりの苦しみが棟に迫ります。ジーザスを愛するがゆえに裏切らねばならなかったユダ、ジーザスに「お前は三度私のことを知らないという」と言われた予言のとおりに「ジーザスなんか知らない」と3度言ってしまうペテロ、ジーザスのことを本当は処刑したくないのに周囲に押されて磔刑を命じてしまうピラト……。人間という存在のはかない弱さが実感を持って感じられて、見てるだけで胸が痛くなるのです。

余談ですが、この間善光寺のご開帳に行ってきて、門前町の賑わい、というか商業的な雰囲気に、「ジーザス~」で神殿に祈りに来たジーザスが商売人たちを追い払う「ここは私の祈りの庭だ~、出ていけ~!」という歌が頭に浮かんできて仕方がなかったのですが(苦笑)。人が集まるところには商売が生まれるのは当たり前だし、もちろん善光寺名物おやきは美味しいし(笑)、それを楽しみにすることもいいんだけど……、人間は2000年前からちっとも変わってないということかな。

|

« お知らせ、そして心に残る言葉 | トップページ | おおのの『太宰治のオンナの小説』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/45448125

この記事へのトラックバック一覧です: ジーザス・クライスト・スーパースター:

« お知らせ、そして心に残る言葉 | トップページ | おおのの『太宰治のオンナの小説』 »